今日は12月31日、大晦日です。
いつもなら1日の多くを海に入って過ごすのですが
今日はお天気が今ひとつ、気温も肌寒いので
お家にこもってパソコンを開いています。

前置きはこのくらいにして
つまらないアルゼンチンブログも2015年度
最後の更新となりました。

波乱万丈なアルゼンチンライフですが
この年末から大統領も変わり
私的にはまた新たな時代が始まると同時に
これからの4年は、成長の時期と思っています。
今までは関税、関税の時代でしたが
そちらも減額になったり撤廃になったり
また細かい手続きが必要だったドル購入についても
万人が買いたい時に公定レートで買えるようになり
夢が近づいた人も多いとおもいます。
(今現在は月に現金は500ドルまでですが
これから段階的に改定されると私は思います。)

勿論経済的な面だけではなく治安面や
その他いろいろ今までにない変化を始めている?
(いや、しているかもしれない)
そんなアルゼンチンを見ていると
どのように成長していくのか?
楽しみであると同時に益々目が話せないと思います。

今年も毒舌で好き勝手言わせていただきましたが
拙いブログにお付き合いしてくださり
ありがとうございました。
訪問してくださった皆様に心より感謝いたします。
2016年も当分はBsAsに滞在するので
こちらにいる間は日本からではわかりにくい
でも日本の方が読んでもわかりづらい(笑)
だけど現地からでなければ届かないような
そんなBsAsから見たアルゼンチン情報の更新を
していきたいと思います。
(日本にいた時にアルゼンチンの情報が
かなり読み違われていることもあったので
なるべく現地の情報に沿った更新を
現地の目から見てお届けしたいと思います。)
また先日わかったことなのですが
今まで26年と思い込んでいたら何と27年だったんですよね(笑)
同じ年に到着した友達の話を聞いてハッとしました、、、
すでに越してしまいましたがアルヘンライフも四半世紀を過ぎ
半世紀(在亜50年)を目指して頑張りますので
これからも何卒よろしくお願い申し上げます。

皆様の益々の幸せを祈って。

2015年12月31日 マルデルプラタにて。
 

   
ブログ村、ゆる~く参加していきます♪

にほんブログ村 海外生活ブログ アルゼンチン情報へ
にほんブログ村

★だからアルゼンチン、大好きです★
 ★ポチしてもらえたらとても嬉しいです★




ご無沙汰しています。
今マルデルプラタという海の避暑地にて
クリスマス~年末年始と過ごしています。

昔バカンスというとハワイの7日間とか
その程度の日々を思っていた私でしたが
最近では10日間でも短いと思う私です。

特にBsAsに住むようになってから変わったのは
時間、人生との向き合い方です。

勿論訪日の際日本からの海外ツアーなどに行くと
見所いっぱいの観光地は見なければ損とばかり
一生懸命に動いてしまいますが
今回のように旦那と愛犬と過ごす
予定を何も決めていない11日間は
時計もブログ更新時に見る程度で
ほとんど見ることもなく過ごしています。

こちらでバカンスを過ごしていて思うのは
熟年夫婦の時の過ごし方です。
日本では信じられないと思いますが
70歳や80歳の方でも水着を着て
孫と一緒に波と戯れたり
時には心臓麻痺しないか?こちらの方が
心配してしまうような勢いで突然海に入り
泳ぎだす方も沢山います。
また、日本なら若い人しか着ないビキニも
こちらではお腹が出ているからこそ
お腹の出具合を目立たなくする?
そんな雰囲気で沢山の年配の女性たちが着ています。

時には熟年(それもシルバーグレーの)夫婦が
二人で手をつなぎながら海に入っていき
海水浴を楽しむ…それはそれは素敵な光景です。

多分日本は習慣にないからかもしれませんが
日焼けをいくつになっても思う存分楽しみ
パラソルの下、ゆっくりとお気に入りの本を読んだり
マテ茶を飲んだりサンドイッチを食べて過ごしたり
映画の光景ではなく、これが海辺のごく普通の光景です。

そして好きな時に海に入り、好きな時に出て
バカンスだからこそ好きな時に起きて食事をし
お出かけをする。
夜中の12時を過ぎても小さな子供連れの親子が
レストランでお食事をする光景はこちらでは普通。
今でこそ慣れましたが、私が子育てをしている時は
夜の外出はよほどのことがない限り
遅くとも夜の10時ぐらいまでには家に帰りました。
(それでも遅い方ですよね、、、)

また、驚くのはこちらで海に入っている場合
日本だったら遊泳禁止になりそうな波でも
子連れでみんな楽しんでいます。
自己責任という言葉が外国ではよく聞かれますが
ここ数日海に入っていて感じたのは
本当に驚いてしまうような小さな子供を連れ
大きな波と戯れる親子。
え~?子供が万が一手から離れたらどうするの?
とそう思ってしまいそうな光景ですが
親御さんたちは平気な方がとても多いのに
驚かされました。

というわけで、海辺のバカンスは
日本のバカンスとは違う光景を
あちらこちらで見れるひとときです。







 

   
ブログ村、ゆる~く参加していきます♪

にほんブログ村 海外生活ブログ アルゼンチン情報へ
にほんブログ村

★だからアルゼンチン、大好きです★
 ★ポチしてもらえたらとても嬉しいです★
あと少しでクリスマス~!
プレゼントを用意したり
パーティの準備で忙しい季節ですが
この時期気をつけたいのは火傷。
そう、火傷の季節なのです。


というのも、ここアルゼンチンは真夏のクリスマス。
それゆえ午前零時の時報とともに
人々は一斉に乾杯し盛り上がります。

そしてその盛り上がりと同時に
爆竹の凄い音、そして
打ち上げられるのが花火!
特に今年は政権が代わり
多くの国民にとって新しいスタートとなる
希望の年が始まったこともあるので
今まで年々減少していた花火ですが
今年はきっと数多く打ち上げられることでしょう。
本当に最近は打ち上げ花火が少なく
アルゼンチンじゃないみたいと思うほど…
それほど昔はすごかったので
今年は期待できそうです(笑)


そんな中、新年を迎えて
一番ニュースで多く報道されるのは

花火での火傷

日本のように可愛らしい線香花火より
打ち上げ花火(ロケット花火)に人気があるので
多くの家庭が外に出て打ち上げるのですが
不良品も多いアルゼンチン。
上に向かって飛ぶはずが思いもしないところに…。
日本じゃ考えられませんが
そういうことがよく起こるのです。
火傷外来より火傷専門の病院もある程なので
新年一番のニュースは火傷で始まります、、、

(これが恋の火傷なら幸せなんですがね~!)


それゆえ私も花火そ見るときは
必ず離れて見ています。
勿論花火の飛ぶ方向と逆も考えて(笑)

と言うわけで、日焼けもそうですが
いよいよ火傷の季節の始まり。
皆さんも気をつけてくださいね!



 

   
ブログ村、ゆる~く参加していきます♪

にほんブログ村 海外生活ブログ アルゼンチン情報へ
にほんブログ村

★だからアルゼンチン、大好きです★
 ★ポチしてもらえたらとても嬉しいです★
早いところでは既に始まっていますが
来週月曜日から殆どの学校が夏休みに入ります。
私も娘が学生だった頃は
この最後の1〜2週間が忍耐との戦いで
暑さの中の送迎で大変でした。
それゆえ今小さなお子さんのいる方は
(もう、夏休みになっているかもしれませんが)
あと数日と思って過ごされたと思います。

さて、そんな夏休みですが、この時期は
追試の季節ともなります(笑)
娘が学生だった頃は全てのテストの点が
通信簿に反映され、BsAs州の場合は
1〜10までの、成績に7が3つあれば落第
市内の場合は6が3つだったので
不平等だとよく娘が怒ったものです。
(つまりブエノスアイレス州の場合は
殆どが8、9、10であるという事です。)

さて、この6とか7の数値ですが
全てこれは試験の点数に反映します。
つまり、出席率が悪くともテストの成績が
10点満点ならば通信簿も10となり
出席率がよく真面目でもテストの点が5であれば
通信簿は必然的に5となります。
ただし、そんな中でもそれぞれの学校は
落第生を出さないためにも学校によりますが
12月中に1度2月に1〜2度、夏休み中ですが
2〜3回ほど追試を実地してくれます。

先日私の後ろを中学生ぐらいのお子さんが
おじいさんから「今回は何個追試があるんだい?」
と、そう聞かれていましたが、その男の子は何と

ほぼ全科目

と、そう答えていました。
は〜〜〜??
そうです、それでは夏休みは大変。
地獄の夏休みとなる事でしょうが
おじいさんは「そうなのかい」と
のんびりモード。
落第が悪い事と考える親御さんもいますが
中には『子どもにはわかってから進級してほしい』
そう思って何回も落第をしても
全く気にしない平気な親御さんもいます。

どちらにしてもバカンスの予定もあるし
この季節になると追試の有無が
夏休みの楽しさのバロメーターともなるので
小学生以上のお子さんがいるご家庭では
気を揉めている方も多い事と思います。
あ〜なつかしい追試の季節。
我が家にとっては遠い思い出です。
 

   
ブログ村、ゆる~く参加していきます♪

にほんブログ村 海外生活ブログ アルゼンチン情報へ
にほんブログ村

★だからアルゼンチン、大好きです★
 ★ポチしてもらえたらとても嬉しいです★
日曜日にリーバー(リーベル)とバルセロナの
決勝戦が行われるようで楽しみですが
その一方でアルゼンチン人によるコンビニでの万引き
そしてその後店員にむけ暴行をするという事件が発生。
また他のお店ではお洋服を盗む万引き事件も。
アルゼンチンからは1万5千人が、世界中からだと
2万人?のファンが訪日とも言われていますが
一部のファンによっての事件、本当に残念です。

ちなみに、アルゼンチンでサッカーの
大事な試合が行われるとその前後
暴動事件が起こる事があります。
それゆえ、試合終了後は今回の道頓堀のように
沢山の人数が集まると予測される場所は
お店やさんなども早めの店じまいをし休業。
それこそマクドナルドでさえシャッターを閉めることも。
またたくさんの警察官、騎馬隊なども配置して
事前に暴動が抑えられるように備えます。

ただ、今回は日本であったのでフーリガンが
それほど危険であるとは誰も想像しなかったと思います。
もし私が警察の警備に当たるなら
これだけの試合となれば地域一帯は
警察官を配置するだけではなく
商店などにも通達を出すと思いますが
先ほども書きましたがサッカー大国の
フーリガンだけは想像できなかったと思います。

ちなみにフーリガンはチームに命をかけていて
日本ではサッカーは娯楽鑑賞的スポーツで
お互い威嚇してもさほど問題は起きませんが
アルゼンチンでは殺人事件が発生する事もあり
以前私も横浜で経験した事があるのですが
(相手チームを忘れてしまったのですが)
日本人のヨーロッパチームのサポーターが
南米チームのフーリガンに向かって
自分たちの応援するチームの旗を振り
俺たちが勝つんだよ~と笑いながらですが
ジェスチャーで示した事があります。
するとその時南米のフーリガンたちは
「殺してやる」とハッキリと殺意を持って言い
その言葉が事実になることがあると
私は知っているのでこれ以上挑発しないように
試合が終わるまで何も起こりませんようにと
ドキドキしながらゲームを見ていた気がします。

どちらにしてもサッカーの応援に行って万引き
暴行傷害事件を起こすなんて。
高い旅費に長い旅路、、、愛するチームの応援。
それなのに、それなのに。。。
ハッキリ言ってアルゼンチンの場合は
今回のようなことは日常茶飯であるため
警察に捕まったとしても処罰は重くないので
それゆえ、習慣化してしまっていることもあるので
今回日本で捕まって日本の法律に従い
他国では自国のようなわけにはいかないことも
サポーターとして自覚する事と思います。
そして私たちもそうですが異国にいるということは
その背中に自分の国の国旗を掲げているのと同じこと。
今回リーベルのファンで訪日した多くの人は
チームに情熱を持っているけれども、それでも
一般常識を兼ね備えているまじめな人たちも沢山。
決して自国に恥じることをしてはいけないと
そして訪問している相手の国に対しては
旅行で訪問しているということを忘れずに
行動をしてほしいと思います。

今回は一部のサポーターのために
アルゼンチンはかなり評判を落としました。
あちらこちらのコメントを見ると
目を覆いたくなるような酷いものも。
でも、遠い日本の方なのに事実を書かれていたり
アルゼンチンという国は日本からは
こういう目で見られているんだという事も
はっきりと読み取れるものもありました。
願わくは犯人だけは見つけてほしいです。
 

   
ブログ村、ゆる~く参加していきます♪

にほんブログ村 海外生活ブログ アルゼンチン情報へ
にほんブログ村

★だからアルゼンチン、大好きです★
 ★ポチしてもらえたらとても嬉しいです★