ここ数回、センター街から我が家までの往復に
チャーターと呼ばれるミニバンのバスを利用している。

我が家からセンター街までは混んでいなければ45分位
混んでいると路線バスだと1時間15分位かかる。

昔はそれでも路線バス又は電車という
どちらかの交通手段しか乗り物はなくて
云々行っていられなかったんだけど

(ここ数日ブログにも書いているけれど)

私が住むラヌース方面への人口増加ゆえ
バスだけでは捌き切れなくなったのか?
絶対に座っていけるチャーターという
個人経営のミニバン式のバスが登場した。

こちらは運賃は通常の7倍ほどするので
お高いといえば(超かな?)お高いんだけれど
路線バス並みにセンター街まで沢山走っている。

また予約する必要もないのでどこでも手をあげれば
(空席があれば)止まってくれて乗ることができる。

そして一気にセンター街へ向かうので
車が空いていれば30分とかからない。

というわけで先日始めて利用してそれからというもの
数回利用させてもらった感想は
さすが地獄の沙汰も金次第なBsAs。
これならどんなに疲れていても座れるし
目的地までスムーズに行ってくれるからありがたい。

というわけで階級社会のアルゼンチンでは
お金を出せば快適さが買えるのだと
(快適さを買って見て)初めて実感した私
これならセンターからお友達がきても
30~40分程度で我が家まで到着するし
お友達も呼びやすくなりそう~!
でも私が頻繁に使うには、、、

うーん、宝くじ当たらないかなぁと
一攫千金を狙う私です
 

   
ブログ村、ゆる~く参加していきます♪

にほんブログ村 海外生活ブログ アルゼンチン情報へ
にほんブログ村

★だからアルゼンチン、大好きです★
 ★ポチしてもらえたらとても嬉しいです★
毎年、毎年しつこく書いている
友人が断言する『5月20日に冬がくる節』

寒いのが苦手な私には、本当はこれだけは
当たって欲しくはなかったのだけど
やはり先日から涼しくなり始め、最近寒い日が続いている。


20年くらい前までは、夏は3月までOK
だから夏休みは3月がベターと言われる程度の
残暑が続いていたのだけど、ここ数年は
4月ならまだまだ残暑という日が多く
やっと4月末になると秋らしい日もくる
そんなブエノスアイレスが普通となっていた。

そして秋が深まり冬らしくなるのは
ここ数年5月中旬、それも毎年必ず20日前後にくる。


ただ昔と完全に違うのは、異常気象ゆえ
この寒さも時々弱まり春が戻ることや
真冬の7月に25度なんて日が続くこともあり
四季のあるブエノスアイレスだけれど
その四季もだいぶ狂っているようである。

でも、今年も友人の断言は当たったようで
冬は20日前後にやって来た!

これからは風邪も本格的に流行る季節
寒さだけではなくて体調にも注意が必要な時期である。
 

   
ブログ村、ゆる~く参加していきます♪

にほんブログ村 海外生活ブログ アルゼンチン情報へ
にほんブログ村

★だからアルゼンチン、大好きです★
 ★ポチしてもらえたらとても嬉しいです★
さて、超久しぶりのブログ更新。
時々書く気がなくなっちゃうのが三日坊主の悪い癖(笑)
そういえば先日は最近又変わりつつある
アルゼンチンへの思いの薀蓄を書いたけど
今日はその意地悪な私の個人的な話~(笑)


長く住んでいるとよく、色々な人から質問を受けるんだけど
そんな中で一番多いのはどうしてそんなに長く
この国に住んでいられるのですか?とか
アルゼンチンへの移住についての質問や相談。
確かに24年といえば四半世紀だものね~長い訳だ(笑)
自分自身では十年一昔くらいにしか感じないけど
娘だって二十歳を超えるのだから驚きである。


この国に長くすみ続けること、、、それは
(勿論日本もそうだけど)健康や経済的な事もだけど
やっぱり何に於いても言えるのは『自分に負けないこと』
その一言なんじゃないかなと思う。


勿論移住を目指して失敗に終わった人が
『自分に負けた人』とは私は思わないけれども
あくまでも【私の場合だけ】を考えていうのなら
いつも何かが起こったり、つまずきそうになった時にも
『自分に負けちゃいけないんだ!』と必ず
念を押すようにして歯を食いしばる用にしている。


それは、お店屋さんで嫌な思いをした時
自分の思い通りにしたいことができない時
相手に自分とは違った思いが伝わった時
異国での育児でうまくいかなかった時
旦那と言葉がうまく通じず分かってもらえなかった時
いや、それだけではなく過去の私で言うならば
友達が日本に帰ってしまい大切な友を失った時など
私の人生はまるで楽しいことばかりのようだけど
24年だもの、、、楽しいことも山ほどあったけど
嫌だと思うことだって楽しい事のその何倍も存在する。



だからこそ、今答えられるのは
絶対に自分に負けないで自分を信じて行くこと。
人の意見は聞くことはすごく大切だけど
惑わされることなく自分の意思、自我を押し通すこと。
それは何かをする時だけではなくて
誰かと愛し合い、結婚する時だって同じ。
ちなみに私など結婚を決意した時は
祖母をのぞいて家族は皆大反対だったし
周りの友人知人にも呆れかえられたり驚かれたり、、、
でも、相手を信じて突き進まなくちゃいけない。
きっと幸せにしてくれるだろうって。


あなたが信じたその人ならいや、その道なら
たとえ誰が(スペイン語ではクリティカと言うけど)
避難されようがあなたのすることを中傷されようが
必ず自分を信じて負けないこと。
そうすればその辛さや大変さは肥やしになって
必ず戻ってくると確信する。



さて、本題に戻るけど私は最近移住相談を受けると
とてもとてもキツイことをいう。
それゆえ、中には私のことを怖い人という人もいて
一時は相談に乗る事自体、向かないのでは?と思った時期もある。


勿論移住して、ダメだったらどんなに長くても
40時間飛行機に乗れば又人生やり直しが聞くわけだけど
移住で最初からそんな事を考える人はいない訳で
異国に1ヶ月とか半年とか住むのとはわけが違い
(その国に骨を埋めるという言葉が昔からあるけれども)
ズバリその通り、そして色々起きるであろうことにも
言葉も違う、習慣も違う国で生きていくという事
その人が何十年もの間に経験するであろう事を
前持ってお話しするようにしている。
何故なら異国暮らしって最初は楽しいけれど
そればっかりじゃないし、実際私も24年住んでみても
まだ自問自答を繰り返す事があるからである。
だから私はお茶やランチの時は思い切り笑って
(大声張り上げて~笑)楽しむけれど
相談を受ける時はキツすぎるので大抵の人は
甘い流れに向かって行き私の答え方に疑問符を投げる。


でも相談された時は誰かが厳しい事だって
言わなくては行けないと思うし、そうすれば
その時が来ても乗り越える力を蓄えられるであろうし
その人にこの国での生活に負けない要素が出来る
(生まれてくる)ことを願っているからである。
良い事ばかり、綺麗事ばかりいう人もいるけれど
綺麗事ではアルゼンチンでのその後の40年、50年
山あり谷ありを生きていけないと思う。


そして『そんなはずない、私だってできるはず!』と
相手がある意味カチンとムカついてきてくれて
頑張る覚悟が生まれてくれば
それが私にとって嬉しいことである。
外国生活の楽しい時なんて長くて10年前後。
最初は珍しい移住者として扱われても
時が経てば現実だけが現れ
別の世界がやってくるとわかっているから。
その時こそが自分に負けない時であり
楽しくさせる事が出来るようになるか?
嫌なまま終らせてしまうかが決まるのだと思う。
だから私はいつも、相談されると現実をそのまま
そして意地悪な私が見え隠れし始める(笑)。
だから、相手に嫌われてしまうこともあるけれど(笑)
でも私の意地悪さに付き合ってくれた人は
(これだけは何故か断言できるけど)皆幸せで
不思議なことに私の仲良しの友人知人に
不幸でつまらないアルゼンチンライフをしている人は
一人もいないし、たとえ日本に戻ったとしても
ホント、みんな大変な中でも幸せに暮らしていて
会うたびに笑顔、悲しい顔の存在は誰一人おらず
知り合ってから15年なんて言う人も沢山いる。


だから自分に負けないで頑張ることは
言葉に言えば簡単で難しいけどやっぱり大切。
ランチの時は大笑いしながら楽しくでも
相談されると意地悪な顔が見え隠れする私です~(笑)
 

   
ブログ村、ゆる~く参加していきます♪

にほんブログ村 海外生活ブログ アルゼンチン情報へ
にほんブログ村

★だからアルゼンチン、大好きです★
 ★ポチしてもらえたらとても嬉しいです★
今日も相変わらずバスのことや私の薀蓄話。


何時もの37番、私はこれまたいつものように
一番後ろの席に(指定席のように)座るんだけど
行も帰りもほぼ始発、おまけに通勤時ではないので
毎回乗るたびに『この時間だし、混んでこないだろう』
と思うんだけど、それは帰りも同様で
昨日など早めの帰宅ゆえ
バスが混んでいる『ハズがない』時間帯
なのに、昨日も期待は裏切られ
行も帰りもバスは超満員御礼であった。



特にひどかったのは帰りのバスで
始発から僅か10分足らずで超満員。
まだまだ終点には程遠いのに乗車口まで埋まっていて
バスが止まろうものなら、これ良しと一斉に皆が乗り始め
ドアを手で抑えて絶対に閉めさせない。
それが(先日も降車口から乗る女性の話を書いたど)
どうしても自宅に帰るための、一つの手段なのである。



その度に運転手は「次を待ってください」と言うけど
次も、次も、その次も今日もまた全てのバスは満員で
バス停にいるお客さんは皆そのことを承知しているので
乗車口のドアが開いたものなら絶対に乗ろうとする。



だが、そうは言っても、ヤッパリ無理は無理。
いつものごとく積み残しの乗客の列は
ドンドン長くなり
走行20分時点サンタフェ通りに到着した際には
列が10m以上になり乗せられないバスに文句を言っていた。



そんな光景を見ていたら、なんだか運転手が
一緒に目的地を目指す同志に思えてきた。
私は超満員のバスにノンビリ座っているだけだけど
それでも渋滞と彼らの怒る顔を見て過ごす。
運転手はひたすら目的地にたどり着くために走る…。
会社員でも、子連れでも、学校帰りの学生でも
そう、ある時はどんな状況の乗客を無視してでも…。



そして車内で120%以上の混みを耐え抜きながら乗る乗客。
日本のように、帰宅ラッシュではなくて
四六時中ラッシュ時のように混み続けるバス。
いや、今日乗った地下鉄も同様で驚いてしまった。
彼らこそが、本当に怒りたい人なんだろうなと思う。



いつも思うけれど、市内ではなくて郊外に住むと
一生見なくてもいいものや、知らないで済むことを
沢山、見たり聞いたり勉強させてもらっている。
それは今日のように大変な思いをして帰る人がいたり
市内から30分も行けば、目を覆いたくなるような
嗚咽の世界が沢山そこには存在することを…。
そして、それが殆どのアルゼンチン人の現実であることを
だからこそ、アルゼンチンを『素晴らしい!良い国だ』みたいに
簡単にその一言で終わらせてはいけないのだと認識する。
確かに私は大好きだし、楽しいし、私には良い国だけど
今はそれだけの言葉を簡単に吐いてはいけないのだと思う。



先日も私の仲良しのアルゼンチン人の
(何一つ不自由していない幸せな彼女が)
『何を与えられるの?彼に、彼女に。
私の子供、いえ私たちの子供の事を考えていたら
泣きたくなってきてしまった…。』とつぶやいていたけど
そのコメントの中に『私たちの子供達の未来への夢や希望を
幸せをどうして切り裂いてしまうの』と答える人も多く
頭脳の流出ではないけれども、また昔みたいに
経済的理由ではなくて別のことで優秀な人たちが
外に出てしまうのではないだろうか?と不安にもなった。



というわけで、今日はバスの中で運ちゃんが
そして車内では大変な思いをする人が、、、
いや、つぶやく友人を見ていたら友人が
その思いや行動は別としても皆が皆同志に見えてきた日。



良い事もあるけど大変な事もある…
でもね、みんな笑顔になりたい。
幸せに向かって頑張っている同志なのかもしれない。
 

   
ブログ村、ゆる~く参加していきます♪

にほんブログ村 海外生活ブログ アルゼンチン情報へ
にほんブログ村

★だからアルゼンチン、大好きです★
 ★ポチしてもらえたらとても嬉しいです★
今日は本当にくだらない内容なのだけど
私が大好きなアルゼンチンのパーソナリティーに
ミルタ・レグランという女性がいる。
彼女は日本で言う黒柳徹子のような感じで
お年もかなりの高年齢なのだけど
毎回5~6人のゲストを呼んで昼食を共にする。
そしてその度に美しいファッションや
装飾品(はたまた靴まで)で登場するので
幅広い年齢層に支持されていて私も大好きである。

今日は偶然テレビを見ていたら
徹子の部屋の特集をしていたので
何となく見ていたのだけど
二人の性格は似てはいないけれど
日本にもアルゼンチンにも
似たような人がいるのだなぁと実感。

ミルタは季節によっては
TVに出ていない時もあるけど
今度BsAsに戻って、もし放映されていたら
番組を見て見たいと思った私


というわけでくだらない話でした~
 

   
ブログ村、ゆる~く参加していきます♪

にほんブログ村 海外生活ブログ アルゼンチン情報へ
にほんブログ村

★だからアルゼンチン、大好きです★
 ★ポチしてもらえたらとても嬉しいです★