今日も相変わらずバスのことや私の薀蓄話。


何時もの37番、私はこれまたいつものように
一番後ろの席に(指定席のように)座るんだけど
行も帰りもほぼ始発、おまけに通勤時ではないので
毎回乗るたびに『この時間だし、混んでこないだろう』
と思うんだけど、それは帰りも同様で
昨日など早めの帰宅ゆえ
バスが混んでいる『ハズがない』時間帯
なのに、昨日も期待は裏切られ
行も帰りもバスは超満員御礼であった。



特にひどかったのは帰りのバスで
始発から僅か10分足らずで超満員。
まだまだ終点には程遠いのに乗車口まで埋まっていて
バスが止まろうものなら、これ良しと一斉に皆が乗り始め
ドアを手で抑えて絶対に閉めさせない。
それが(先日も降車口から乗る女性の話を書いたど)
どうしても自宅に帰るための、一つの手段なのである。



その度に運転手は「次を待ってください」と言うけど
次も、次も、その次も今日もまた全てのバスは満員で
バス停にいるお客さんは皆そのことを承知しているので
乗車口のドアが開いたものなら絶対に乗ろうとする。



だが、そうは言っても、ヤッパリ無理は無理。
いつものごとく積み残しの乗客の列は
ドンドン長くなり
走行20分時点サンタフェ通りに到着した際には
列が10m以上になり乗せられないバスに文句を言っていた。



そんな光景を見ていたら、なんだか運転手が
一緒に目的地を目指す同志に思えてきた。
私は超満員のバスにノンビリ座っているだけだけど
それでも渋滞と彼らの怒る顔を見て過ごす。
運転手はひたすら目的地にたどり着くために走る…。
会社員でも、子連れでも、学校帰りの学生でも
そう、ある時はどんな状況の乗客を無視してでも…。



そして車内で120%以上の混みを耐え抜きながら乗る乗客。
日本のように、帰宅ラッシュではなくて
四六時中ラッシュ時のように混み続けるバス。
いや、今日乗った地下鉄も同様で驚いてしまった。
彼らこそが、本当に怒りたい人なんだろうなと思う。



いつも思うけれど、市内ではなくて郊外に住むと
一生見なくてもいいものや、知らないで済むことを
沢山、見たり聞いたり勉強させてもらっている。
それは今日のように大変な思いをして帰る人がいたり
市内から30分も行けば、目を覆いたくなるような
嗚咽の世界が沢山そこには存在することを…。
そして、それが殆どのアルゼンチン人の現実であることを
だからこそ、アルゼンチンを『素晴らしい!良い国だ』みたいに
簡単にその一言で終わらせてはいけないのだと認識する。
確かに私は大好きだし、楽しいし、私には良い国だけど
今はそれだけの言葉を簡単に吐いてはいけないのだと思う。



先日も私の仲良しのアルゼンチン人の
(何一つ不自由していない幸せな彼女が)
『何を与えられるの?彼に、彼女に。
私の子供、いえ私たちの子供の事を考えていたら
泣きたくなってきてしまった…。』とつぶやいていたけど
そのコメントの中に『私たちの子供達の未来への夢や希望を
幸せをどうして切り裂いてしまうの』と答える人も多く
頭脳の流出ではないけれども、また昔みたいに
経済的理由ではなくて別のことで優秀な人たちが
外に出てしまうのではないだろうか?と不安にもなった。



というわけで、今日はバスの中で運ちゃんが
そして車内では大変な思いをする人が、、、
いや、つぶやく友人を見ていたら友人が
その思いや行動は別としても皆が皆同志に見えてきた日。



良い事もあるけど大変な事もある…
でもね、みんな笑顔になりたい。
幸せに向かって頑張っている同志なのかもしれない。
 

   
ブログ村、ゆる~く参加していきます♪

にほんブログ村 海外生活ブログ アルゼンチン情報へ
にほんブログ村

★だからアルゼンチン、大好きです★
 ★ポチしてもらえたらとても嬉しいです★
今日は本当にくだらない内容なのだけど
私が大好きなアルゼンチンのパーソナリティーに
ミルタ・レグランという女性がいる。
彼女は日本で言う黒柳徹子のような感じで
お年もかなりの高年齢なのだけど
毎回5~6人のゲストを呼んで昼食を共にする。
そしてその度に美しいファッションや
装飾品(はたまた靴まで)で登場するので
幅広い年齢層に支持されていて私も大好きである。

今日は偶然テレビを見ていたら
徹子の部屋の特集をしていたので
何となく見ていたのだけど
二人の性格は似てはいないけれど
日本にもアルゼンチンにも
似たような人がいるのだなぁと実感。

ミルタは季節によっては
TVに出ていない時もあるけど
今度BsAsに戻って、もし放映されていたら
番組を見て見たいと思った私


というわけでくだらない話でした~
 

   
ブログ村、ゆる~く参加していきます♪

にほんブログ村 海外生活ブログ アルゼンチン情報へ
にほんブログ村

★だからアルゼンチン、大好きです★
 ★ポチしてもらえたらとても嬉しいです★
私は日本もアルゼンチンも、そして中国も
政治については、全く知識というものは無いのだけれど
私の周りに幅広い階級の友達がいるので
ふとアルゼンチンの事を思い出してしまった。

私の住むBsAs州は市内から40分の郊外であり
国民性は日本の人が呼んでいるBsAsと言う人の言葉とは実は違う。
そして更にはBsAsの中でも5本の指に入る
危険地帯に住む私には、中国の暴動を起こしている人達と
BsAsでデモを行うピケテーロと呼ばれる人達がダブってしまう。
ちなみにBsAsで大きな集会が行われる時、参加するピケテーロ達は
送迎、食事、日当付きとも言われるのだけど
参加するうち発散させたい何かへの思いで爆発する。
中国で暴動に参加している人の中には何処にその島があるか?
また中にはなんだかよくわからないけれどと
よく意味もわからず参加する人もいるらしいけどBsAsでも
そういう集会が起こる時、同じようにただ参加し
ストレスという名前の鬱憤を暴動で晴らす人も沢山いるのである。

ただBsAsを見た場合、知らなければいけないのは
(イヤ中国も似たようなものかもしれないが)
ここは南米のパリBsAsだけではなくて
南米アルゼンチンのBsAsでもあるということ。
皆綺麗に着飾りおしゃれはしているけれど
でもそのほとんどは高級住宅街だけではなく
郊外からも沢山の人が流れ込んでいるのであって
実際、朝の通勤に2時間もかかるいくつもの中距離バス
その出発地点の光景や夕方のコンスティトィシオン駅の
長蛇の列に並ぶ帰宅の人達のその果てしない列をみれば
BsAsにはどんな人たちがどこからきて
この街を作り
市内がいかに南米のパリという蜃気楼で
市内を離れれば大多数における国民性がどんな暮らしか
きっと垣間見ることができるのであろうと思う。
それはリアチュエロの水がどのような水か知らないように…。
見たくないと感じても見なければわからない現実のように…。
また先日のBsAsの抗議集会の目的が何であろうとも
全てに抗議するために参加している多くの
私の地域に住むそれでも中流の人達のように…。


さて、そんな話は別として私は在中国の日本人や日系人には
危険が迫らないことを願ってやまない。
異国に住んだり移住をするということは
そこに住むということであり、日本という名前が
(たとえ娘のように国籍はアルゼンチンでも)
残念だがいつも背中に見え隠れする。
今回在中国の日本の人たちが危険を避けるため
日本語を話さないとか日本人らしさを見せないと言う話は
痛いほど彼女たちの気持ちが私にはわかる。
何故ならこんな陽気な国アルゼンチンでも
(ここ最近は無いけれど)日本が行ったことで
国民がナーバスになったこともいくつかあった。
そして今の在中国の日本の人たちのような
嫌な思いをこのBsAsで経験をしているからである。

理由を書くととても長くなってしまうので
聞きたい人には又あった時にでもゆっくり話すけど
日本がその国にそぐわない何かを起こした時に
『最悪!日本人』と大きく書かれた車を見たり
知人はタクシーで「何人か?」と聞かれ
日本人と言った瞬間乗車拒否されたり
また私の思い出の中でも一番辛い思いをしたのは
何時もなら楽しく明るく親切な近所の人から
「日本人は悪い国民なんだな」と真剣に言われ
移住というのは(幸い最近はそのような事変がないが)
そう言うことも全て含めて他の国に住む事なんだと悟り
これは在中国の日本人や日系人がどんなに中国を愛しても
勿論私がどんなにアルゼンチンを愛していようとも
起こり得ることなんだと思った。

中国の暴動が云々、アルゼンチンが云々ではなく
一人の目から見たアルゼンチンのこと。
ふと考えたり思い出してしまった私であった。
 

   
ブログ村、ゆる~く参加していきます♪

にほんブログ村 海外生活ブログ アルゼンチン情報へ
にほんブログ村

★だからアルゼンチン、大好きです★
 ★ポチしてもらえたらとても嬉しいです★
連日の猛暑も一休みの今日この頃
日本の夏もBsAsに負けないほど暑い。

さて、そんな日本での生活だけど
日を追うごとに感じるのは、なんで日本は

『こんなに痒い所に手が届くのか?』

先日、Macを購入した際ノートンの
セキュリティソフトを購入して
自分でダウンロードを試みたんだけど
何せPC音痴ゆえ、上手く出来ない、、、

さて、どうしてよいものか悩みに悩み
カスタマーセンターに電話をしてみた。
するとどうであろう~遠隔操作やらで
ダウンロードからインストールまで
詳しく説明をしながら担当の人が
あっという間にしてくれて
おまけに後日、そのカスタマーセンターから
担当の社員の対応や製品、そして会社について
アンケートがネットを通して送られてきた。

コントロールされていると言えばそうだけど
凄いね、徹底した顧客サービス、驚いた。

そして木曜日、今度は玄関の前で
足をくじいて骨にひびが入ってしまった。
自分の不注意と言えばそこまでなんだけど
後悔先たたず~いまさらどうこう言って
悲しんでみてもしょうがない。

痛みは痛みとして受け止め
足を引きずりながら整形外科に行ったんだけど
待ち時間は別としても、何から何まで
まるでベルトコンベアーみたいな日本の医療。
手続きをして診察をしてもらい、薬を受け取り
サポーターもしっかりしてもらい
すべてが一つの流れ作業のように終わった。

勿論BsAsにも素晴らしい病院は沢山あり
中には日本以上のレベルを誇る診療技術もある。

しかしその技術が万人に受けられるかと言えば
それは別問題である。
まぁ、勿論日本の医療保険だって同じだけど
でもこうして私が日本に戻って病院にかかり
治療をしてもらっている時点で感じるのは
なんだかんだ言っても、まだまだ日本は
病気になっても救われる国である。

以前もしつこく書いたかもしれないけど
はっきり言って、私は50代に入るまでは
痒い所に手が届く快適さの事や
健康の大切さの事など殆ど考えてみなかった。
いや、考える必要がなく無謀なまでに
元気という一言、楽しい毎日で
日々を過ごしていたからである。

しかし、こうして年を取り昨年もそうだけど
入院をしたり、骨に支障を起こしたり
健康にも不安の陰が見え始める年齢になると
40代までは全く考えもしなかった色々が
目の前に現れ始めてきた。

しかし、今私のブログを読む世代には
絶対に100%いや、1000%
私が書いている事は理解できないだろうけど
誰もが年を取り一人になる時が近づくとき
必ず感じる時がくるのだと私は思った。

それゆえここ数年前から日本に戻る度に
老後の日本も良いかもと思えてきた私
BsAsの生活も楽しくて捨てがたいんだけど
でも最近は(娘はいてくれるけれど)
やっぱりこれからが心配な私。
臆病になったものであるが
50代からは笑ってられないんだよねと思う私。
誰しもこの時は絶対にやって来るのであり
人生は一度しかないから後悔しないように
これから先の事も考えたいと思う私です。






 

   
ブログ村、ゆる~く参加していきます♪

にほんブログ村 海外生活ブログ アルゼンチン情報へ
にほんブログ村

★だからアルゼンチン、大好きです★
 ★ポチしてもらえたらとても嬉しいです★
日本に戻って1ヶ月が経過し2ヶ月目に入った。
日本に滞在中はブエノスアイレスのことを忘れ
毎日多忙に過ごしている私なのだけど今日は久しぶりに
間もなくブエノスアイレスに移住するという
若い夫婦の方とお茶をして午後のひと時を楽しんだ。
先ほども書いたけれど、日本ボケの私ゆえ
最近のブエノスアイレスの事情にはだいぶ疎い。
ただ、時々現地紙を読んだり、友達が教えてくれるので
地下鉄が一週間近くストで運休するらしいとか
市の財政困難とかカルティエなどの有名ブランドが
ブエノスアイレスの街から撤退し始めているとか
輸入品が入らないので品薄なものも出始めているとか
そんなニュースは色々知る機会はあるのだけど
日本にいると、その生活がどんなものか
段々想像できなくなる自分がいた。

でも私がそこにいた頃にはそんな暮らしでも
それが日常だと思って暮らしていたのだから
所変わればと言うけれど、それが普通だったんだろうな。
そして私は今日本にいるけど、ブエノスアイレスにいる
私の家族たちは、今そこで暮らしているのだから
複雑と言えば複雑な思いである。

というわけで今日は久しぶりにアルゼンチンの話をし
しばし思い出すブエノスアイレス…
毎日は大変そうだけど、懐かしい街である。
 

   
ブログ村、ゆる~く参加していきます♪

にほんブログ村 海外生活ブログ アルゼンチン情報へ
にほんブログ村

★だからアルゼンチン、大好きです★
 ★ポチしてもらえたらとても嬉しいです★