上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 

   
ブログ村、ゆる~く参加していきます♪

にほんブログ村 海外生活ブログ アルゼンチン情報へ
にほんブログ村

★だからアルゼンチン、大好きです★
 ★ポチしてもらえたらとても嬉しいです★
昨日はお出かけでレコレータまで行ったのだけど
お天気も良くポカポカ陽気のせいもあり人出が沢山。
冬になると暗い気持ちになるけど、こんな陽気な冬なら
明るい気分になる、そんなお出かけ陽気であった。

そして遅いお茶をして夜7時半ごろ家に戻るため
レティーロ近くまで出てからバスに乗ったのだけど
何時もの45番の車窓は賑やかなオフィース街ではなくて
カルトネーロと呼ばれるダンボールや書類を集める人や
ゴミをあさっている人など昼間とは全く違う
ちょっと怖いような夜の街の光景が広がった。

私の町でもカルトネーロは来るのだけど
センター街の場合はオフィースが閉まれば
ゴミも出してあるし、車やひと気も少ないゆえ
まず手始めにオフィース街からなのかもしれない。
そして中にはマデロのレストラン街に行って
閉店後に出されるゴミの残飯を食べるものもいる。

でも見る限りでは皆みんな一生懸命働いている。
雰囲気は怖くて危ないけれど、でも盗んでいるのではなく
汗をかきながら一生懸命生活のため働いているのである。


ちなみに先日新聞で最低所得者が10%以下
(確か6~7%位だったかな)になったようなことが載っていた。
(本当に何も無い最低の最低という人たち)

ずいぶん少ない数字なのでは?と思ったんだけど
考えてみれば今この国の低所得層というのは
いろいろな補助金ができたことで失業手当を始め
子ども手当など下手すりゃ働かなくたって
毎日働く人の平均所得より高い人が結構いる。
そして中にはそのお金を持ってギャンブルに行くので
補助を受けている人が非常に多い地域のギャンブル場では
止むを得ず営業をやめたという場所もあったっけ…。

それゆえ知らない人が新聞見たら、この国は
低所得層がいない国なのねぇなんて思うけど
多くの国民がまだまだこの補助に頼っているのである。

だから教育も同様で公立にいけば朝のお茶に始まり
お昼、そしてノートパソコンまで無料で支給されるのだから
低所得層での中には教育云々と言うよりも
食べて帰ってくるだけでも親としてはありがたく
件の理由で学校に行かせる親は多いから
文盲率や識字率にもその数字が反映される。

実際私も昔々一人暮らしをして夜学に行った時に
毎日牛乳1リットル、ゆで卵1個、
ミラネッサのサンドイッチにりんごと
アルファーフォーレスのお弁当をもらい
どれほど助かったかを今だに覚えている。

ただ問題は全てをタダ、無料にしてしまうから
働く意欲がなくなるわけで、同じアルゼンチンでも
補助を受ける場合には、かならず何か仕事をする
つまり補助金=ゴミ拾いでも道路掃除でも
何か仕事をもらって働き、その結果補助を受ける。
そんな独自の方法で補助金を支払っている
モデルケースの州もあり、州全体が無料WIFI
また山あり湖あり空気も綺麗で、おまけに
治安も安定しているとのことで、最近はBsAsから
移住する人も多いと言うところもあるらしい。

まぁどちらにしても、昨晩のように人が少ない
オフィース街で働く人もいれば、通りで
大道芸人じゃないけれど何かをしながら小銭を稼ぎ
毎日を一生懸命生きて行く人もいる。

かと思えば私が昨日行ったアフタヌーンティでは
普通にそのホテルでお茶をしている人もいれば
60~70代位のおばさんたちが誕生日会をしていて
花火が噴き出すケーキでみんなから祝ってもらい
幸せな構図を見せてくれる光景もあっる。

二つの光景を見ていると、BsAsも階級社会何だなと痛感する。
世界中どこに行っても、この階級社会は存在するだけに
ここだけがと言う訳ではないんだけれど
日本でも格差社会なんて言われているけど
まだまだ諸外国から比べれば、今なら
手を打つことができる状況じゃないかな。

と言うわけで久しぶりのアフタヌーンティ
昨日悲しいことがあったから気分転換してきました。




写真はその一枚で、やっぱり甘いものは元気をくれます。
スポンサーサイト
 

   
ブログ村、ゆる~く参加していきます♪

にほんブログ村 海外生活ブログ アルゼンチン情報へ
にほんブログ村

★だからアルゼンチン、大好きです★
 ★ポチしてもらえたらとても嬉しいです★
コメント
Re: タイトルなし
noriちゃん、久しぶり~そしてコメントありがとう!

そう、読み返したら急いで書いたから
アフタヌーンティしか書いていなかったね。
うん、あのアルベアールのアフタヌーンティです。

確かに3年前はそんなものだったよね。
ちなみに今は1セット185ペソでした。
考えたら物価は2倍以上上がっているんだね。
でもお給料は2倍どころか少ししか上がっていないー。
トホホの国ですよ(笑)
そして超階級社会。

いつも思うんだけど私は両方の世界で対応できる
生きていける人間になりたいなと思います。
だってこの国は『明日は我が身の国』だから~

noriちゃんがまた来たらぜひ一緒に
アフタヌーンティしようね!
その日を待っているからね!
2012/05/05(Sat) 21:59 | URL | W de BsAs | 【編集
ご無沙汰しています。
そして、いつも愛読させていただいてますー。
このアフタヌーンティてア○ベ○ールホテルのですか?とっても美味しそう~!
そういえば3年くらい前に行った時、80ペソ?くらいだった(それでも当時の生活価格で高い!と思った)のですが、いったい今はいくらまで上がっててしまったのでしょうか~。
なんだか大通りによって、お金持ちの住む地域と貧民街が分けられている場所があるのも、日本では見られない考えさせられる光景ですよね。。
2012/05/05(Sat) 15:55 | URL | nori | 【編集
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。