私は良くいろいろな人から移住肯定派か
それとも否定派かと聞かれることがよくある。
多分これは長い間ブエノスアイレスに住んだから
いいや、住めたから聞きたいという人が多いのかもしれない。

ちなみに私はこのブログには楽しいことも書くけど
どちらかというと薀蓄話の方が多い。
なぜなら移住希望をする人が見ていることも多く
旅としてのBsAsは他の旅行記を見てもらえば良い訳で
違った一面も知って欲しいからと言う思いだから…。
それゆえ私のことをアルゼンチン否定派と
思ってしまう人もとても多いようである。

だが私はBsAsという街、そしてアルゼンチンは
色々あるけどやっぱり大好きなんだと
最近になって特に感じてきた気がする。
つまり、これから老後はわからないけれど
今までの人生を振り返って見た時
ここに住んだ経験は本当に良かったと思っているから
若いうちにここに住むことに関しては肯定している。

最初はなんて国だろうと思ったり、手こずらされたり
いつも裏切られるんだけど、その後に
何か手応えをくれる国
できなくて打ちのめされ、苦しいと思いながらも
時の経過と共にできるようになり満足感を与えてくれる国
アルゼンチンはそんな国のような気がする。

だからいつも「最初からできなくていいんだよ」
「いつかはできるようになるんだから」
その言葉を長い年月をかけて体で覚えさせてくれる
それがアルゼンチンなんだと思う。

今の世の中『できて当たり前、できなきゃおかしい』
そんな完璧主義ではなくて時をかけて覚えて行く
だからこそこの国に移住目的できた若い人たちは
最初はビザの申請に始まり諸手続きなどに戸惑い
何度も打ちのめされるけれど最後にそれを
手にした時の達成感が言葉では表すことのできない物になり
色々あるけどここに住んで良かったと言う人が
沢山いるのだと私は思う。
そして私のように文句タラタラ言っても
この国から離れられなくなるのである。


毎日の生活はデモやらストやら強盗であっても
プラスマイナスするとプラスになる国。
そんな風に私は思うし実際何度もマイナスに落とされ
打ちのめされても『立ち上がりなよ』

手を差し伸べてくれた国だからこそ
こんな私でも今があるのだと感じる。

ただ60とか70とか年を取ってから
この国で打ちのめされながら生きて行くのは大変だよ、、、
だからアルゼンチンを目指す人は
(いや、外国での生活を目指す人は)
若いうちにこの『打ちのめされたり』
『立ち直されたり』いろいろ経験しながら
手応えを感じて行って欲しいと思う私です。
スポンサーサイト
 

   
ブログ村、ゆる~く参加していきます♪

にほんブログ村 海外生活ブログ アルゼンチン情報へ
にほんブログ村

★だからアルゼンチン、大好きです★
 ★ポチしてもらえたらとても嬉しいです★
コメント
コメントありがとうございました。
v-83コメさん
心のこもったコメントありがとうございました。

私もv-83コメさんの気持ちすごくわかります。

私の場合は最初数年はすごく楽しくて
こんな天国みたいな国は無いとおもいました。
(特に観光客=ドル族でしたから~笑)

でも結婚して貯金も底をついてきて
そしてだんだんと、言葉の不自由さ、習慣の違い
また、インターネットのない時代ですから
日本との距離など全てが嫌悪になってきた時もありました。

でも子供が出来、ママ友達が増えると同時に
不思議と笑顔も増えてきてアルゼンチン人の親友もでき
段々と全てが我慢できるようになり今に至っています。
そして今では日本もアルゼンチンも両方大好きです。

とにかく今までの人生を振り返るとアルゼンチンでの生活は
すべてが大変で打ちのめされてコテンパンにやられてから
最後には何かが実る…そんな感じでしょうか。
v-83コメさんも手応えを感じられるまでには
かなりの時間がかかるかもしれませんが
焦らずに自分の信じた道を進んで行ってくださいね!






2012/04/20(Fri) 12:56 | URL | W de BsAs | 【編集
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2012/04/20(Fri) 10:54 |  |  | 【編集
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可