先日ラジオで人気DJ、パーソナリティーの家に強盗が入り
その結果銃撃戦となり犯人の一人は死亡
そして息子さんは重体、本人も大怪我という事件が起こった。
正当防衛ということでTVでは取り上げられているけれど
私は打ってしまった本人の気持ちを考えると
正当防衛という言葉より、人を殺してしまった思いを
引きずりながら生きていかなくてはいけないのだから
言葉にできない思いと胸の痛みだと思う。

今まで一生懸命働き、そろそろのんびりしたいと
メディアを通して仕事量を減らすと話していた矢先
どうして真面目に働いている人に神はこんなに惨い仕打ちを
彼に与えたのだろう、、、そう考えると涙が出る。


以前私の昔のブログにも書いたことがあったけど
私の娘のママ友達の義兄もそうだった。

その日が来るまで、月曜日以外は早朝から
お店を閉める夜までパン屋を切り盛りしていた。

近所では有名な働き者、そして真面目な家族。

しかし私も何回か遊びに行ったことがあるその店は
度重なる売上金強盗により心底悩んでいた…。

そしてある日、強盗はいつものように売上金を狙いにきた。

人間には堪忍袋というものがあるけれど
彼はもう限界にきていたのだろう。
とても穏やかで優しくて、遊びにいくと
レモンパイをお土産に渡してくれるママ友の義兄
そんな彼だったけど、自己防衛用に用意していた
ピストルを取り出し犯人をめがけて打ってしまったのである。

しかし、ピストルなんてものは普段から訓練が必要で
(勿論、持っていること自体、危ないけど)
許可をとっていても訓練が足りなければ使えない。


強盗は走って逃げ、不幸なことにその流れ弾は
近所に住むパン屋の顧客である母子にあたってしまい
子供は無事だったものの母親は死んでしまったのである。

私たちママ友一同も、そしてご近所の人たちも
彼の運命を信じられなかった…。

そして今も彼は刑務所にいらしいと風の噂で聞いている。

運命とはどんなに真面目に、曲がることなく生きてきても
今回のDJの事件もそうだし、ママ友の義兄の事件もそう
避けることができない、そんな宿命があるのか。

本当なら今頃は和気あいあいと食卓を囲むのに
人生を変えてしまった出来事は悔やまれてしょうがない。

連日のTVのニュースを見て思い出した遠い昔
もうこんな悲しい犠牲者が出ないことを願うばかりである。
スポンサーサイト
 

   
ブログ村、ゆる~く参加していきます♪

にほんブログ村 海外生活ブログ アルゼンチン情報へ
にほんブログ村

★だからアルゼンチン、大好きです★
 ★ポチしてもらえたらとても嬉しいです★
コメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可