昨年21日に更新したと思ったら
あれよあれよと言う間に新年、お正月。
月日が経つのが早過ぎると同時に
いよいよアルゼンチン生活も
29年目に突入してしまいました💦
(↑きゃ~後1年で30年だ~😱)
ということで今年もよろしくお願いします。

さて、新年の抱負を
なんて思っていたのですが
実は下書きはしたものをpostし忘れ
今になっている私です。

昨年はブロガー友達と沢山会い
彼らがどんどん成功していく姿を見て
今年からブログ経由の相談は
受け付けないで隠居しようと思い
暇がある時は薀蓄でも綴り
のんびり更新の生活を考えています(笑)

なぜなら私が相談を受け
答えるのはいつも大体厳し過ぎるから。

でもね、四半世紀を超え
何十人、いや、星の数ほど相談を受けると
『この人には絶対に成功して欲しい!』
その思いが強くなり過ぎて
真剣に答え過ぎちゃうからなんです。

先日も友達たちと話していたのは
結構、誤った情報が多いということ。
そしてアルゼンチンという国は
日本の様に安定しておらず
実際私が到着した時は
月40ドルで天国の生活ができるという
破格の安さの国だったし
だけどその後、月2千、3千ドル時代が来て
今またその物価高がやって来ようとしている。
そして唯一言えるのは
インフレが収まったのは
わずか数年だけという現実。 
日本人から想像したらこんなこと有り得ない。

(月40ドル時代は二度と来なかったけど)
そんな状態が29年間繰り返されるのだから
身体ごとこの国になれてしまったのが事実で
だからこそ、移住相談を受けると
ついつい厳しくなってしまう。

実際、私に相談されて、憤慨されて
二度と会いたくないと思われ
縁を切った(切られた)人も沢山。
また中には厳しいなと思いながらも
アルゼンチンに暮らし始め成功した人も沢山。
(仲良しの中に経済的理由で失敗した人は
ほとんどと言っていいほどいない。)

多分こんなことを書いていると
私を知らない人の中には
くそ生意気なアルゼンチンババアだと思うけど
でも5~6年お遊びで住んでいるんじゃない。
赤ちゃんが29歳になるほどの年月を
海千山千で生きて来たから書いていて
だからこそ若い人たちがブログで書いている
(私にとっては既に知っている様な情報でも)
彼らにとっては新しい情報発信。
そんなアルゼンチンの情報を見るたびに
なんとなく朗らか笑顔になり
自分も今は消してしまったけれど
昔は別のブログで毎日毎日
一生懸命書いていた時代を懐かしみ
そして友達たちが益々成功してくれることを
昨年のブロガーの集まりを書いた
日記でもそうだけど成功を祈ってしまう。
(みんな大好きよん😘)

今のアルゼンチンは
落ち着くまではまだまだだけど
でも確実に良くなってくれると信じ
とは言いながらも
当分は日本とアルゼンチンを
往復での2カ国間生活だけど
アラカンライフスタイルを充実させるべく
のんびりと生きていこうと思っている
いつも締めくくりはおんなじの私です。
毎回同じで、文才な~い(笑)







 

   
ブログ村、ゆる~く参加していきます♪

にほんブログ村 海外生活ブログ アルゼンチン情報へ
にほんブログ村

★だからアルゼンチン、大好きです★
 ★ポチしてもらえたらとても嬉しいです★
昨年21日に更新したと思ったら
あれよあれよと言う間に新年、お正月。
月日が経つのが早過ぎると同時に
いよいよアルゼンチン生活も
29年目に突入してしまいました💦
(↑きゃ~後1年で30年だ~😱)
ということで今年もよろしくお願いします。

さて、新年の抱負を
なんて思っていたのですが
実は下書きはしたものをpostし忘れ
今になっている私です。

昨年はブロガー友達と沢山会い
彼らがどんどん成功していく姿を見て
今年からブログ経由の相談は
受け付けないで隠居しようと思い
暇がある時は薀蓄でも綴り
のんびり更新の生活を考えています(笑)

なぜなら私が相談を受け
答えるのはいつも大体厳し過ぎるから。

でもね、四半世紀を超え
何十人、いや、星の数ほど相談を受けると
『この人には絶対に成功して欲しい!』
その思いが強くなり過ぎて
真剣に答え過ぎちゃうからなんです。

先日も友達たちと話していたのは
余りにも誤情報が多過ぎること。
そしてアルゼンチンという国は
日本の様に安定しておらず
実際私が到着した時は
月40ドルで天国の生活ができるという
破格の安さの国だったし
だけどその後、月2千、3千ドル時代が来て
今またその物価高がやって来ようとしている。
そして唯一言えるのは
インフレが収まったのは
わずか数年だけという現実。 
日本人から想像したらこんなこと有り得ない。

(月40ドル時代は二度と来なかったけど)
そんな状態が29年間繰り返されるのだから
身体ごとこの国になれてしまったのが事実で
だからこそ、移住相談を受けると
ついつい厳しくなってしまう。

実際、私に相談されて、憤慨されて
二度と会いたくないと思われ
縁を切った(切られた)人も沢山。
また中には厳しいなと思いながらも
アルゼンチンに暮らし始め成功した人も沢山。
(仲良しの中に経済的理由で失敗した人は
ほとんどと言っていいほどいない。)

多分こんなことを書いていると
くそ生意気なアルゼンチンババアだけど
でも5~6年お遊びで住んでいるんじゃない。
赤ちゃんが29歳になるほどの年月を
海千山千で生きて来たから書いていて
だからこそ若い人たちがブログで書いている
(私にとっては既に知っている様な情報でも)
彼らにとっては新しい情報発信。
そんなアルゼンチンの情報を見るたびに
なんとなく朗らか笑顔になり
自分も今は消してしまったけれど
昔は別のブログで毎日毎日
一生懸命書いていた時代を懐かしみ
そして友達たちが益々成功してくれることを
昨年のブロガーの集まりを書いた
日記でもそうだけど成功を祈ってしまう。

今のアルゼンチンは
落ち着くまではまだまだだけど
でも確実に良くなってくれると信じ
とは言いながらも
当分は日本とアルゼンチンを
往復での2カ国間生活だけど
アラカンライフスタイルを充実させるべく
のんびりと生きていこうと思っている
いつも締めくくりは同じの私です。
文才ない~~~(笑)



スポンサーサイト
コメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事へのトラックバック