上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 

   
ブログ村、ゆる~く参加していきます♪

にほんブログ村 海外生活ブログ アルゼンチン情報へ
にほんブログ村

★だからアルゼンチン、大好きです★
 ★ポチしてもらえたらとても嬉しいです★
ここ最近お家にいる時間があるので
ブログ更新もマメにということで(笑)

さて、先日犬のお散歩をしていたら
旅行会社の前を通ったので
昔旅したカンクンが
今一体幾らくらいしているのか?
ツアーの旅費を見ていたら
『え?え?え?』
なんと旅費が3倍になっている〜💦
(まぁ15年くらい前だからね、、、
でもやっぱり3倍はすごいか〜)

その昔私たちが行った時には
900ドルを切っていたカンクン
え??もうびっくり
ありえない金額になっていました。

話は変わって
ここ最近日本からいらした方と
お会いする機会が多いのですが
絶対に話題になるのは
「アルゼンチンって物価が高いですね」

そうなんです、先日も書きましたが
今では欧米より高くなっているようです。
でも、お給料は上がるわけではなく
多くの方は未だに日本円で5万~10万程度。
でもテレビでは四人家族の生活費は
家賃やら学費その他諸々経費で
42000ペソ必要(日本円では30万円位)
と放送されていたのだから
一体どうやって生活していくの?
というのが正直なところで
実際私も28年この国に住んでいても
この疑問の答えだけはまだでません。

ただ、ひとこと言えるのは
BsAs市内は経済の中心地であり
それなりの人が多いということ。
困っている、苦しいとは言っても
郊外やら他の州に住む人たちとは
その苦しさは比べ物になりません。

もし本当の姿を見たいのなら
そして現実を知りたいなら
BsAsから郊外へ出るための橋を渡り
半年暮らしてみればその現実を
目の前に見ることができると
いつも私は思います。

私の場合、その地域に住んでいるので
BsAs市内に住んでいる方とは
若干違う見方をしてしまうのですが
(勿論日本からいらしている
お仕事や語学留学の方とも
物価感覚は全然違いますが、、、笑)
その階級社会というものは
相当なものだと日常茶飯痛感します。

またこの国には
暮らしていくのがやっと
そういう人たちもいれば
話している会話の内容が
その世界の人たちとは全く違う
別世界が存在する両極端な国です。

先日も娘の同級生のママ友と
お茶をした時に驚いたのは
なんと娘の仲良し友達は殆どが皆
高給取りになっていたということ。
25歳くらいの女の子(男の子)が
BsAsで家族4人とは言わなくとも
夫婦二人いや、家族三人くらいなら
楽に暮らせるほどの
お給料を取り働いている。
こんな現実もあるのです。

勿論びっくり仰天しましたよ。
だって彼女たち(彼ら)は
まるでこの不況に関係ないように
海外旅行に行ったり
美味しいものを食べに行ったりして
日々を暮らしているのですから。

かと思えば連日の
ストやらデモのように
日々暮らすことさえ大変な人たち。

おっと物価の話から
一気にそれてしまいましたが
最近シャッター街も益々増え
そしてスーパーに行くたびに
お値段が変わり疲れ果てています。

それゆえ、いつもブログを書いても
値段だけは参考にならないのが現実
そう、一ヶ月前の値段が全く違う
嘘の値段になるのが現実なのです。

(だから私のブログに出てくる
金額、料金も全て今日の価格は
明日は嘘になる、、、
それが事実で
だから私のブログは
私自身でさえ信じてはいけないのです。)

昔々来た当時
スーパーでお買い物をしていたら
館内放送が流れて
「今から価格が10%値上がりします。」
「はい、今から価格がまた上がります。」
こんな時代も経験しているわけで
インフレは今に始まった事ではないけれど
やっぱりインフレは辛い、、、

これも現実
あれも現実
みーんな現実

でもそこで生きていくには
サバイバルな挑戦者でなければ
いけないということは事実のようです。







スポンサーサイト
 

   
ブログ村、ゆる~く参加していきます♪

にほんブログ村 海外生活ブログ アルゼンチン情報へ
にほんブログ村

★だからアルゼンチン、大好きです★
 ★ポチしてもらえたらとても嬉しいです★
コメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。