今日も良いお天気~。

昨日同様初めましてのお友達と会う予定があり
るんるん気分で外出しバス停に到着すると
山火事かと思うほどの凄い黒煙が
片側3車線合計6車線の大通りを覆っていました。

どうやらテレビで今日はあちらこちらで
デモが行われると言っていた様に
わが町でもタイヤや車を燃やして行われていました。


ちなみに私が住む町は日本の外務省の治安情報では
BsAsの5本の指に入る危険地域に入っていますが
それは繁華街からかなり奥に入るとスラムがあるからで
マラドーナもそんなわが町のスラムから生まれました。

幸い私の家は駅すぐそばの繁華街にあるのですが
治安強化のため警察官が異常に多いため
今まで怖い経験をしたことは殆どありません。
ただ今日の様に抗議集会はよく行われるため
突然道は封鎖されタイヤが焼かれる光景は日常茶飯事ですが
さすがに車まで焼かれる事態は初めてな気がします。


おまけにバスが駅に向かってくる道なので
大通りが封鎖されれば無事にバスが来てくれるか?
それすらもわからず不安は増すばかり、、、
初めましてさんと会うのに
遅刻をしたらどうしようと気が気ではありません。

幸い事情に詳しい女性がいたことで
バス間もなく到着する事を教えてくれたので待つ事に、、、
そして私たちは黒煙の中無事にバスに乗れました。


でも私は傍観者ですが人々の怒ること、怒ること。
両手を広げて「怒りたい気持ちはわかるけど
それはないでしょうー!!良い加減にして!」と
私たちに向かって叫ぶ女性がいれば
堪忍袋が切れて誰とでも喧嘩しそうな人、、、
スペイン語でむかつく気持ちをブロンカと言いますが
どうにもならない怒りを大声で発散する人達が
本当に沢山いました。


ちなみにここ最近のインフレによる痛みには
はっきりと2つに意見が分かれていて
今この苦しみはとても辛いけどアルゼンチンのために
抗議集会に参加せず我慢するというママ友もいれば
やっぱりもう我慢の限界という人もいて
その意見は友達同士でも徹底的に別れます。

よく政治で友情を失ってはいけないと言いますが
実際考え方が違うために喧嘩になり
お付き合いを止めてしまうケースもあり
状況は日を追うごとに変化しています。

そういう意味では私は日々ランチをしたり
お茶をしたりして傍観者として暮らせていけるのだから
幸せなことなのかもしれません。
それがたとえ今日のように黒煙に巻かれても…。

人々のブロンカを思うたび心が痛くなりますが
インフレは辛いけれど希望を持ちながら
アルゼンチンの未来が良くなることを心より祈る私です。
スポンサーサイト
 

   
ブログ村、ゆる~く参加していきます♪

にほんブログ村 海外生活ブログ アルゼンチン情報へ
にほんブログ村

★だからアルゼンチン、大好きです★
 ★ポチしてもらえたらとても嬉しいです★
コメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事へのトラックバック