今日は治安は治安でも事件に遭うという意味の
治安ではなくてセキュリティーという意味での
治安を書きたいと思います。

私はいつも思うのですが自分が短期滞在や
観光であればどれだけアルゼンチン人との関わり
そしてその世界が広がるのだろうと
思うことが良くあります。

つまり、FBやツイッターなどSNSが活発になると
それだけ知り合う機会に恵まれ世界が広がりますが
ここでは時々そういったSNSなどから
事件などが起こることもよくあります。

話は変わりますが私の日本から来た友人は
ここブエノスアイレスで現地の友達ができれば
友達申請しあったり遊びに行ったり…
でもいつも思うのですがそれは短期滞在であり
旅であり、その場限りだからだということ。
そしてそういう世界に身を置ける友達を
とても羨ましく思うことがあります。

なぜこんなことを書いたかというと
先日友人宅のホームパーティーで
日本に住んでいるアルゼンチン人の男の子が
一時帰国で戻っていて参加していたのですが
その子に「日本在住のアルゼンチン人も多いよね。」
と話したのですが、その時に彼が答えたのは

「僕は日本にいるアルゼンチン人と
知り合いたくありません。
他の国の人なら付き合うけれども
アルゼンチン人は、、、」とはっきりと。

普通なら異国でそれも一番遠い日本で
アルゼンチン人の同胞と呼ばれる
同じ国の仲間がいればお友達になったり
知り合ったりしたいと思うだろうに
その彼ははっきりとそういったのです。

その言葉に驚いたのは言うまでもありません。
でも驚いたというのは実は別の意味での驚きです。

なぜなら私の知っている(日系人は別として)
在日アルゼンチン人の多くが同じことを
私に向かって言っていたからです。

それは裏切られたり、騙されたり、利用されたり…。
日本にいる場合、日本人の中にいる彼らは
日本人らしく暮らすそうですが
アルゼンチン人同士の付き合いにあると
それはそれで違うのだと。。。
そして必ず「ここで昔から知っている仲間なら
日本に行っても付き合うけれど…」と
最後に必ず言葉を付け加えます。

自分の国の同胞なのに残念な気持ちもありますが
我が家の旦那ですら夫婦でも信用してはいけない国と
(冗談交じりに)言うのでそれ以上は言えません。

さて、今日も少し話は逸れましたが
実は先日お友達とセンター街を歩いていたら

「日本人ですかー⁈」

と一人の好青年に声をかけられました。
話を聞くと彼は1年半東京に住んでいたとのことで
日本語がすこぶる上手~!
思わず嬉しくなりしばし立ち話をしました。

勿論肝心なことは何も話さず体裁的な会話だけ。
お互いそれ以上は踏み込まず別れました。

何故こんなことを書いているかというと
お互いのセキュリティーのため。
本当はもっと知り合いたいな
FBで繋がりたいなと思うこともあるでしょう。

よく、アルゼンチンでは言うのですが
人と知り合う時お友達になる時など
「その人は良くとも、そのバック(後ろ)は
どんな人と付き合っているかわからない。」
と、そういう人が意外といます。

つまりお友達がとても良い人であったとしても
その人の知り合いはどんな人であるかはわからない。
だからこそ、注意が必要なのですと。

例えば、海外旅行に行くとして
その情報をお友達に話したとします。
するとその話をお友達→お友達。
そしてそこから知らないお友達へと流れていき
結果夜中に強盗に入られた、、、。
そんな事件も起きています。

それゆえ疑心暗鬼をする人もとても多く
先日書いた、通りすがりの人懐っこさはあっても
友人として付き合い始めると
心を開くまで時間がかかる人も沢山います。

話は変わりますが最近インスタグラムを始めて
思ったことがあるのですが
私のPic(写真)のハッシュタグは
検索は日本語オンリーにしてあります。
何故ならフォローは日本向けにして
海外をターゲットにしていないからです。

でも最近はそんな日本語だけでも
翻訳サイトなどがあるので容易に検索や
ハッシュタグを調べられるようで
現地のどこの誰か知らない人から
メッセが届いていますと
お知らせが届くことがあります。

それゆえ思うのですが書いているブログも同様で
日本語で書いているとしても誰が見ているか
翻訳をして読んでいるかはわかりません。
ですからいつもこの門の外にある読者を考え
ブログやSNS関係は利用するようにしています。
そしてそれゆえ先ほども書きましたが
ハッシュタグや検索にはスペイン語を入れず
日本語だけで見つかるようにしているのですが
その厳しい検索の中からでも日本人以外の方が
見つけてくれる人がいるので嬉しい反面
SNS犯罪が以外と多いこともあるだけに
自分の身を守るのは自分自身
別の意味での心配が無いといえば嘘になります。

ただ、やはり同じ日本の方と
ここBsAsで知り合えるのは超嬉しいので
日本人の場合はセキュリティーもありません。
と言うよりは国民性を熟知していることもあり
日本人の方からフォローされると
嬉しいという思いで一杯です(笑)

何せ犬でさえ誘拐され身代金を要求される
そんな事件がある国、そしてここでは
私たちは外人であり特定しやすいこともあり
(すぐに誰かが特定されてしまうので)
いつも危険はどこに隣り合わせにあるか
どんなところでその危険が待っているか
SNSを利用する上でも注意をすることと同時に
それぐらい大切なセキュリティーもあることを
時には認識しなくてはいけないと
(まぁいつ何が起きても覚悟して暮らしているので
ブログもインスタもなんでも楽しんでやっていますが)
自分だけは大丈夫だろうな、という事は
ないのかもしれないと今回は知らない現地の方から
頂いたメッセでふと再認識し、そう思った私です。




写真はバスの車窓から。
スポンサーサイト
 

   
ブログ村、ゆる~く参加していきます♪

にほんブログ村 海外生活ブログ アルゼンチン情報へ
にほんブログ村

★だからアルゼンチン、大好きです★
 ★ポチしてもらえたらとても嬉しいです★
コメント
Re: ありがとうございます。
鍵コメさん〜コメントありがとうございます。
確かに日本はまだまだ安全と言えるので平和ボケしますよね。
こちらでは平和ボケしていた人たちが自分はやられない大丈夫と
そう思っていたのに思わぬところで被害に遭ってしまったという
そんなケースが多々有ります。
それゆえ私も長年住んでいてブログも長年書いているわけですが
何時何処でも知らない人が知っているかも位に思います。
(実際知らない現地の人が私を街で見かけ友人に私を見たと
話していたことがあったりし驚いています。)
自意識過剰と言われそうですが自意識を過剰位にしておかないと
この国ではまさかの自分がやられることも多いです。
またスペイン語の文法については私は話はできても
文法はまったくというほどダメなので自分の言葉が
ちゃんと通じているか私も悩む毎日、頑張らなきゃです…。
2016/06/16(Thu) 22:21 | URL | W de BsAs | 【編集
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2016/06/16(Thu) 21:26 |  |  | 【編集
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事へのトラックバック