上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 

   
ブログ村、ゆる~く参加していきます♪

にほんブログ村 海外生活ブログ アルゼンチン情報へ
にほんブログ村

★だからアルゼンチン、大好きです★
 ★ポチしてもらえたらとても嬉しいです★
今日は朝から出かけたので
(絶対にバスは超混むだろうと)
我が家から近いバスの発着所まで
運動がてら歩いて行きました。

そして久しぶりにチャージをしたら
昔駅前の発券所にいたおじさんが
「うわ〜〜〜すごい久しぶりだね!
元気だった??
今日はここから乗るの??」と
まるで旧知の友達のようです。

ブエノスアイレスに住み始め
私が好きなところの一つ
それは人懐っこい国民性というところ。

今朝のおじさん同様、毎回バス停に行くと
必ず駅前という事もありバス乗り場には
それぞれのバスのタイムスケジュールを
コントロールしている係員のおじさんがいます。

そして必ず私が通ると

「元気〜?」
「今日はこれから仕事に行くの?」
「え??仕事じゃないの?ランチなの??」

と、時には呆れかえられることもありますが(笑)
毎回なにかしら声をかけてくれるので
バス待ちの間も寂しくありません。

おまけに別のある日には

「君の好きな席が空いているよ〜!」と
乗客が乗る前にお席の確認までしてくれたり。
そんな人懐っこさが本当に大好きです。

さて、そんな路線バスですが
私のように始発から乗る場合は別として
途中の停留場から乗る人はまさに地獄。
毎回、満員を超えたバスは停留所を止まらず
人々がなんと言おうと容赦無く置いていきます。
そしてそんな置いてきぼりの人たちを見ていると
かわいそうと思うと同時に申し訳なく思います。

今日も同様で案の定途中から100%越え。
バスはもうバス停で並んでいる乗客を
拾っていくこともしません。

そんな中、今日は胸が痛い光景がありました。

そう、バスが止まらずにゆっくり通り過ぎたら
小さな子どもを片手で抱っこして連れている女性が
バスに向かって「どうして止まってくれないの」
「いい加減にして!何台見送ったらいいの!!」
と半狂乱したようにゼスチャーと一緒に激怒。
まるで映画の怒り出すシーンを見ているようです。

寒い冬空の下、仕事に行く前に小さな子どもを
保育園に預けるのでしょう。
まだ寝ている子を抱きながら(それも片手で!)
一生懸命バスを待っていたのに
満員バスは何台も通り過ぎていくだけ。。。
子を持つ親として泣きたい気持ちわかります。

それはそのバス停だけではありません。
途中から全てのバス停に止まらず
長蛇の列を残し通り過ぎるだけ、、、
赤ちゃん連れであろうがお年寄りであろうが
もうそんなことは関係なく容赦無く置いていきます。

多分この光景は毎日のことだから
そこにいる人たちのストレスは相当のものでしょう。
でも運転手は子連れの人を乗せるために停車し
ドアを開けたら一気にみんながなだれ込んでくると
そう思っているのでしょう。
実際その通りでドアを開ければ日本のラッシュ以上
乗る人が無理やり押して乗りこんで来る。
勿論ケガ人が出たりしないとはいえないので
運転手さんも苦渋の決断だと思います。

毎回通勤・帰宅ラッシュに当たるたびに見る光景。
特にBsAsは越境入学も多いし、また
自分の職場近くの保育園を選ぶ人も多いので
彼らは仕事に向かうために、自宅に帰るために
一人ではなく幼児や乳飲み子を連れる人も沢山。
戦場のような手段も選ばなければならないのだと
今日もその光景を見てなんとも言えない思いです。

多分、今日私が書いていることも
そこにいなければわからない光景だと思います。
それは先日も友人たちと話していたのですが
BsAsの一番治安がいい場所に居れば
そしてそこから動かなければ
「BsAsは治安は言われるほど悪くない。
とてもいい場所、天国ですよ。」と。。。

でもね、そこに住める人間は一握りであり
その世界は殆どの人が住むことができない世界。
だからその言葉を履き違えると大変なことになり
以前もこのブログに書いたかもしれませんが
殆どの人がBsAsのその美しい光景とは
全く違う世界に頑張って生きているのです。
そしてそれがアルゼンチンの人々の本当の姿なんです。

今までは遠くに住むことに嫌な面もあったけれど
今朝の光景も含み、その他70%のBsAsを
日々目で見て風で実感して耳で聞いて
この経験は本当のアルゼンチンを知り
語ることができる唯一の勉強なんだと思うと
ありがたいのかもしれないと思う今日この頃です。







スポンサーサイト
 

   
ブログ村、ゆる~く参加していきます♪

にほんブログ村 海外生活ブログ アルゼンチン情報へ
にほんブログ村

★だからアルゼンチン、大好きです★
 ★ポチしてもらえたらとても嬉しいです★
コメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。