先日TVでアルゼンチンの沿岸警備隊により
中国の違法漁船が撃沈されたと放送されました。
ニュースの内容を見てみると停船するように
何回か警告されたにもかかわらず
漁船は無視して逃走するどころか
沿岸警備隊の船舶に体当たりしようとしたようです。
その結果が撃沈ということになったようなのですが
このニュース連日こちらでは大きく取り扱っていました。

さて、そんな中国との国交にも影響する事件ですが
私たちアルゼンチンに住んでいるものにとっては
心配がないといえば嘘になります。
なぜならこの国の人にとっては東洋人はひとまとめにし
Chinaという呼び方をする人が未だにとても多く
私も何回もChina(中国人)と間違えられたことがあります。
ただ、間違えられる分には『それはしょうがない、、、
みんな似ていてわからないのだから…」で済むのですが
今回のようなことが起きると反オリエンタルと呼ぶ人は
徹底して怪訝な顔をする人が出てきます。

以前(といってもかなり遥か昔なのですが)
マラドーナが日本に入国できなかった時には
日本人はタクシーに乗せない、日本人が嫌いと
はっきりと車に張り紙をする人がいました。
以前も書きましたが人種差別がいけないとされる国でも
堂々と自分の意思を表示する人がたくさんいるのです。

ですから今回も少なくとも同じようなことが
起きなければいいのだがと心配していますが
本当にアルゼンチンの人にとっては(昔は日系も多かったですが)
今は中国人が多く住む以上、オリエンタル=中国人
そう考える人も少なからず存在し
すべてChinoと思っている人が多いのです。

ですからこのブログにも書きましたが以前タクシーに乗り
私たちが日本人とわかるまで、どこかの嫌なオリエンタルと
そんな風な雰囲気で私たちを乗せていて
日本人とわかると目に見える人柄の変化をした運転手がいました。
勿論、これは日本がすごいのではなく、
アルゼンチンが親日国なのは、ここアルゼンチンに
移民されてきた大先輩たちが築いてくれた信用なのです。

話は変わりますが私の仲良しのお友達にも
オリエンタルが大嫌いという人がいます。
仲良しグループの中にそういう人がいるのですから
オリエンタル(東洋人)である私は
みんなで集まる度にどんな嫌な思いをしたか!
でも時が経つにつれて判り合えば仲良くはしてくれますが
『オリエンタルでもあんたは別だからさ』が口癖です。

今回、このような事件が起こってしまったこと
ここにいらっしゃる中国人の方たちは
親切で良い方もとても多いので残念であると同時に
多分心配されている人も多いとおもいます。

移住するということは自国ではないので
故郷の良し悪しも背負わなくてはいけないこともあります。

話は変わりますが、昔、私が来た当時はまだ
兵役義務があったようで廃止になったのは
ここ20年くらい、歴史が浅いようです。
先日、その兵役義務復活の話がニュースに出てましたが
ここで生まれ育つ男の子は国籍を取得すれば
そのような義務が出れば勿論従わなければなりません。
今までは経済的には不安定でも
人々の暮らしは平和なアルゼンチンでしたが
先日話題が出た兵役義務の復活熱も
再度出てこないとは言えないかもしれません。
それが移住ということなのだと
日本人である前にこの国にいるということ
今回の撃沈事件のニュースを見ながら
ふとそんなことまで考えてしまった私です。




スポンサーサイト
 

   
ブログ村、ゆる~く参加していきます♪

にほんブログ村 海外生活ブログ アルゼンチン情報へ
にほんブログ村

★だからアルゼンチン、大好きです★
 ★ポチしてもらえたらとても嬉しいです★
コメント
Re:
ようはっぱさん、訪問していただけるだけでとても嬉しいのに
忙しい中コメントまで下さりありがとうございます。

そうなんですよね、自分より弱い存在を作る
人種で差別する…どこの国でもあるようですよね。
アルゼンチンも移民国ですが自国主義はあるようです。

これから旅されるコスタリカとドミニカは
どんなところなのでしょう。
色々な国に旅をされるようはっぱさんに感想お聞きしたいです。
またラクビー情報もありがとうございます。
スポーツに弱い私なのでアルゼンチンで試合が行われているなんて
全く知りませんでした、、、
ジャガーズ日本にも行くのですね、でも日本と対戦なんて
どちらも応援しそうな私です。
2016/03/27(Sun) 05:46 | URL | W de BsAs | 【編集
ご無沙汰しております。
毎回来させてもらってるのですが、年度末で気持ちがわさわさしててコメント書けませんでした。
人種による偏見はきっとどこの地域でもあるでしょうね。人間はどうしても自分より弱い存在を作らないと自分を維持できないものなのでしょうか。
植民地支配の歴史や経済や国民性などが関係してるのかもしれないです。
自国主義というのかよそものを排他する風潮は再び世界中に広がっているようで悲しいですね。
その為に、軍隊、、、。力でないと解決できないのでしょうか。
この夏はコスタリカとドミニカ共和国に行きます。現地の方がどう接して下さるか、楽しみです。
今年はスーパーラグビーでアルゼンチンのチームジャガーズ、日本のサンウルブズが参加してますね。
今、ジャガーズとチーフスの試合、アルゼンチンでやっているのを生中継で見てます。スタジアムがすごい歓声です。さすがアルゼンチン。
4月は秩父宮でジャガーズとサンウルブズの試合を見にいきます。
どっちを応援しようか、困ってます。(*^_^*)
2016/03/20(Sun) 07:15 | URL | ようはっぱ | 【編集
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事へのトラックバック