上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 

   
ブログ村、ゆる~く参加していきます♪

にほんブログ村 海外生活ブログ アルゼンチン情報へ
にほんブログ村

★だからアルゼンチン、大好きです★
 ★ポチしてもらえたらとても嬉しいです★
今日は娘の幼稚園から~高校時代までの
ママ友達のお誕生会へお呼ばれしました。
知り合ってから18年ものお付き合いになります。

これはBsAsでは珍しいことではなく
お子さんを持っている人には共通の社交です。

よくアルゼンチンでは子供の幼稚園選びは大切と
そういう話を色々な人から言われますが
なぜなら、幼稚園選びによって始まるお付き合いが
小学校、中学校、高校と続き、そして私のように
娘が23歳になっても親同士の交流が続くからです。
(つまり幼稚園選びは人脈作りの基盤と
そういっても良いかもしれず、我が家もそうですが
ママ友だけではなくご主人さんともお付き合いがあります。)

さて、そんなママ友達ですが今日は
いつものメンバーだけではなくて
数年ぶりに顔を合わせたママ友達もいました。
それゆえ話題は山ほど色々あったのですが
一つ感じたのは今まではお茶をすれば子どものこと
そして日々の趣味のことなど楽しい話題でしたが
今日みんなで集まってふと感じたのは
最近はやはり日本と同じく親の介護についてでした。

今回は10人ほどママ友達が集まったのですが
その中の親御さん数人がアルツハイマーに。
娘たちが幼稚園の頃はお迎えにも時々いらしていて
沢山の思い出が詰まっているお祖母さん達だったので
当時のことが思い出され信じられないような
アルツハイマーの現実を聞いていると
いつかは人間年をとるとわかっていても
悲しくて胸が熱くなりました。

症状を聞いていると日本で話されている通り…。
そう、言葉は違っても同じ人間である以上
アルツハイマーの症状は全く同じで
娘や孫、そして家族の顔もわからない
食事をしたこともお風呂に入ったことも
コンロのガスをつけたままにしてしまうとか
自分が何をしているのかもわからない。

ただ、日本と違うなと感じたのは
友人たちの大変だという話を聞いていても
大切な両親ゆえ家族でいかに面倒をみるか
家族の問題として受け入れているようです。

でも、勿論、面倒は見たくないゆえ
子供達同士で喧嘩が始まるなどもあるようで
それゆえ私のママ友たちは弟や姉妹たちと大げんかをし
Familyの絆が崩壊していくとも話していました。
このFamilyの絆が日本よりずっと強い
アルゼンチンでもそういうことが起こるので
介護問題は日本だけではなくて世界共通のようです。
ただ、まだこの国には子どもが親の面倒をみる
その感覚は残っているようで喧嘩をしつつも
代わり番こに自分の家に連れ面倒を見たり
できない場合には日本同様施設に入れたり
人を頼んだりしているようです。

とにかく日本と違い介護保険などはないし
ヘルパーなどの知識や質も全然違いますから
他人に親をみさせるということに抵抗もありますが
できるところまで家族で頑張っているようです。

ちなみに今日聞いたところアルツハイマーや
痴呆の老人を面倒見てくれる施設に入れる場合
1ヶ月10~15万円は見なければいけないと。
でもその内容は日本の中流の施設にも及ばないようで
きちんとした介護施設に入れたければ30万前後を
毎月支払わなくてはならないようで
私の件のママ友の一人は家族の絆の崩壊
介護の限界などで施設も視野に入れ始めたのですが
それでも気に入ったところがなく今現在は
24時間3人の付き添いを雇い毎月母親のために
日本円で25万ほど出費をしていると嘆いていました。

このブログを読んでいる方は24時間のお手伝いさんで
25万円程度なら日本より安いそう思うかもしれません。
でもここの収入は日本&年金のそれには程遠いので
今日のママ友もそうですが皆高齢の親御さんを持つと
施設代や介護をしてくれるお手伝いさんの費用を
子どもたちが折半して捻出するなり
順番に面倒をみるなりして親の面倒をみるようで
昔私がここの日系の方から私が子どもは一人というと
子どもは2~3人いやもっと沢山産まなきゃダメだよと
多くの方によく言われ(モラハラか余計なお世話と)
そう思ったのですが今思うとなぜそう言ったのか
日本とアルゼンチンの現状の違い今日のママ友の話等で
その理由がなんとなくわかったような気がします。

はっきり言って老後の現実は日本同様大変だと
ママ友たちの話を聞いて実感した私でした。
そしてその中の一人がそこに一緒にいた娘さんに
「あなたは一人っ子で大変ね。」と、、、
そう、どんな風になっても子どもが親の面倒を見る
それが一般的な考え方になっていて聞いていた娘さんも
「うわ~そんな日が来たら嫌だなぁ。」と
大変だけど受け継がれる試練のように答える光景。
その受け答えがあまりにも日本と違うので
一瞬驚いてしまいました。

・・・いつかはやってくる老後。
それはどんな形で迎えるかはわかりませんが
この国で迎える以上は、いいえどこの国にいても
今から準備が必要とみんなの話を聞きながら
考えさせられた私です。







スポンサーサイト
 

   
ブログ村、ゆる~く参加していきます♪

にほんブログ村 海外生活ブログ アルゼンチン情報へ
にほんブログ村

★だからアルゼンチン、大好きです★
 ★ポチしてもらえたらとても嬉しいです★
コメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。