暑くなったり寒くなったりのBsAs。
ここ最近は冬が戻ったようなお天気でした。

そんな中、先日日本から1年という期間で
プチ滞在をしに友人がBsAsに来たので
国際空港まで迎えに行ったのですが
なんと、そんな日に限って
絶対に使わなくてはならない
Autopista Riccheri(Riccheri高速道路)で
デモが行われ空港到着寸前の
高速道路を含む一区間も封鎖
それゆえ多くの一般市民が
そして飛行機で到着または出発する人たちが
空港1キロ前でバスを降りて
スーツケースを押しながら
歩いて空港に行かなくてはいけないという
そんな迷惑な事件が数日ありました。

私たちもその日に限ってお友達を迎えに行くので
車で空港までたどり着けないのならば
途中どこかで車を置くなりして
歩いて行かなくてはなりません。

ただ、幸いなことに到着の2時間前に
デモが終わったとのことで通行開始
おかげで問題なく空港に行くことができました。

そして、友人とも久しふりの再会を喜び
友達の滞在する宿(アパート)まで行くため
車の置いてある駐車場に向かうと、、、
なんと今度は駐車場内に
怪しいスーツケースが見つかったとのことで
駐車場内へ入ることが禁止され
外で待機するよう言われました。

何分ぐらい待たされたか、、、
それは本当に長い時間であると感じ
もし爆発でもして駐車場が吹っ飛べば
我が家の車もおしまいどころか
私たちの安全も保証されないだろうと
いささか心の中は穏やかではありません。

その後、やっと安全が確保されたので
友人をアパートにお連れしたわけですが
ここ最近のBsAsはやはり物騒で
今日も国内線の空港では同じく爆弾騒ぎが…。

テロが行われた時代を知らない宿の若者は
到着した理由が何故遅れたかとを話すと
BsAsでテロなんてないのになぁ〜と
半分信じられない様子、、、
でもね、あなたの生まれる前には
(私がまだここについた当時は)
それはそれは危ない時期もあったんですよ。
と、ある意味テロの平和ボケしている若者に
ふとお説教をしたくなった私でした(笑)

兎にも角にも何が起こるかわからないBsAs。
それゆえ我が家は出発日と到着日は
なるべく土日、祝祭日にするようにしています。
勿論休みの日でもデモや道路封鎖が行われ
影響を受けることはないとは言えませんが
それでもデモをする方も人間ですから
休みの日はなるべく避けるようです。

スーツケースを1キロも引っ張りながら
空港に向かいチェックインして
帰国された観光客の方々の怒りは
いつまでも旅の思い出として残るのでしょうね。
昔も同じようなことが起きた時に
世界中から来た観光客の方々が
「こんな酷い国はない、二度と来ない!」
そう言いながらスーツケースを押し
空港に向かう光景がテレビに流れましたが
今回も全然学習しておらず
昔と同じことを繰り返しているばかりです。
これでもしも、先日のような大雨が降れば
もう、目も当てられません。。。

アルゼンチンで暮らすことは
運も左右したりサバイバルであること
重々承知でなければいけないと同時に
今回は友人の飛行機が夜到着だったので
無事にお迎えに行けたこと。
それだけでもホッと安心の思いです。
スポンサーサイト
 

   
ブログ村、ゆる~く参加していきます♪

にほんブログ村 海外生活ブログ アルゼンチン情報へ
にほんブログ村

★だからアルゼンチン、大好きです★
 ★ポチしてもらえたらとても嬉しいです★
コメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事へのトラックバック