上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 

   
ブログ村、ゆる~く参加していきます♪

にほんブログ村 海外生活ブログ アルゼンチン情報へ
にほんブログ村

★だからアルゼンチン、大好きです★
 ★ポチしてもらえたらとても嬉しいです★
前回からブエノスアイレス州は外国人でも
永住ビザを取得し一定期間が経った者は
大統領以外の選挙において投票が義務付けられました。

勿論、該当するかどうかは事前に調べられるので
私も調べてみたところ、前回同様
今回も同じ場所に指定されていました。
(でも外国人ということで旦那とは違う場所です。)

ということで、早速お昼前に選挙に行ってきました。
まずはその指定された場所に身分証明書を持ち
手続きをし、投票所に入り自分が投票したい候補者の
パンフレットを封筒に入れます。
不思議なことなのですが、事前にすでに絶対に
この人を入れたい!、という人がいれば
投票用パンフレットは自分で持参することができます。
(勿論私は投票所で暇つぶしに色々見ながら投票しました。)

さて、アルゼンチンの選挙法については
色々な方がブログで書かれているので
細かいことは省略したいと思います。

ただ、大統領には投票しないにしても
州知事、市長選などには投票させていただいたので
今回ほど選挙に関心を持ったことは
はっきり言ってありませんでした。

今回最終的には6名の大統領候補から
(規定の条件を満たせば一回で)
選ばれるわけですが、そのうち3名の
其々のキャラがとても強い方だったからです。

州知事であるシオリ氏。
彼は若かりし頃モーターボートの選手として
とても有名でしたが不慮の事故で右手をなくし
その後政界で頑張ってきた人です。
性格的には穏やかそうで
それゆえ長年色々問題はあろうとも
今現在も州知事として政治の経験は
豊富であると思えますが

一国の大統領となったらどうなるか
その辺りの手腕が問われそうですが
現状維持となれば、
今と変わらない状況とも言われています。

また有力候補2名のうちの一人
マクリ氏は、資産家の息子として生まれ
マクリ家グループ企業の長として
そしてその他、ボカジュニアズの会長など
広範囲においてその手腕を振るい
後、ブエノスアイレス市長となり現在に至ります。

私は政治に対しては言及しませんが
マクリ氏の功績を讃えるのであれば
確かにブエノスアイレス市は変わった。。。

今最近ブエノスアイレスに来た方には
このブエノスアイレスが昔からの
とても美しいブエノスアイレスだと
きっとそう思うことでしょう。

でも違います。

ブエノスアイレスも本当にひどかった。
高級住宅街などは今も昔も美しいですが
市内でも離れた地域にある公園には
今の美しさはありませんでした。
というよりも、そこにまで環境整備は
手が届かず行われませんでした。
また、雨が降れば高級住宅街でも大洪水。
床上浸水1メートルはざらでしたが
大掛かりな下水道、排水工事も終わり
今では当時の洪水が語り草となっています。

また、私たちにとっても同様で
今まで夕方市内から家に戻るのに
高速バスでも2時間弱という長い時間
バスに乗らなくてはいけない日々もありました。
そんな辛さはメトロブスと呼ばれる
7月9日大通りに作られたバス専用レーンで
大幅に改善され、今では早ければ
1時間かからず、長くとも1時間半で
自宅まで到着する事ができるようになりました。

多分マクリ氏は、資産家という環境から
若いうちから世界中を見て歩き
その良い部分と新しい発想を
どんどん取り入れた事で
ブエノスアイレスが進化できたのだと思います。
(実際市内を循環する定期観光バスなども
彼が市長になってから作られたものですし 娘いわくメトロブスの横断歩道にはイギリスのように 右見て左見てのような文句があると できた当時感激していました。)
ただ、比べてはいけないのは
勿論ブエノスアイレスは
財政的には余裕があったのも事実
また市を司るのと国では規模も違う事も考えなくてはいけません。。

また、第3位に有力候補とされるマサ氏は
私が記憶するところでは、かなり昔
年金局の仕事に就き、よくテレビに出ては
年金について詳しく説明をしていた
とても好青年だった時代を思い出します。

ただ、年金を取り扱うにしてはテレビ出演の際
とてもお洒落で、背広ではなくて
まるで日本の歌手の方が着るような
そんな派手なデザインの洋服を好んでいたので
とてもお洒落な方だと印象に残っています。
でも、その後は政界に進出し、そして
ティグレ氏の市長となり、その手腕は買われ
人々からとても愛された政治家でもあります。

今回本当に長い長い今日までの日でした。
なぜなら四六時中選挙の宣伝電話がなり
ひどい時には夜中の11時半過ぎにかかってきた事も。
そんな時間に電話?と思いますが
どうやらここではよくあるようです。

ただ、今日まで中たるみしたのも事実です。
もういい加減に早く決まってほしい。
そう思えてしまうほど
毎日が選挙の話題で一杯で
アルゼンチン人の友人知人たちも
政治の話に花を咲かせていました。

ただ、一つ言えるのは政治の話は
やはりこの国の方だから語れるのであり
私はたとえ四半世紀ここにいようが
選挙権があろうが外国人でしかありません。

よその国の人間がその国の政治に
興味を持つ事はあっても
熱く語る事は時には相手に
失礼を感じさせる事があるので
私はあまり語る事はありませんが
それでも長い年月、ここに住み
そして今年は投票の義務まで頂いたので
昔よりは興味を持ったのは言うまでもありません。

また、ここに書いたことも
私が感じたブエノスアイレスの事であり
他人が感じるブエノスアイレスとは
違う考えかもしれません。

でも誰が当選しようとも
候補者たちはアルゼンチンのために
この国のために国民のために
頑張ってくれるだろうと
そう願っている私です。
スポンサーサイト
 

   
ブログ村、ゆる~く参加していきます♪

にほんブログ村 海外生活ブログ アルゼンチン情報へ
にほんブログ村

★だからアルゼンチン、大好きです★
 ★ポチしてもらえたらとても嬉しいです★
コメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。