上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 

   
ブログ村、ゆる~く参加していきます♪

にほんブログ村 海外生活ブログ アルゼンチン情報へ
にほんブログ村

★だからアルゼンチン、大好きです★
 ★ポチしてもらえたらとても嬉しいです★
前回ブログで書いた通り
旦那の兄は一年間の植物人間状態のまま
目を覚ますことなく逝ってしまったわけですが
その間家族は本当に大変だったと思います。

私も何回か病院にお見舞いに行ったわけですが
今回感じたのはアルゼンチンの公立病院が
昔と比べてとても良くなったと感じたこと。
(ただし私が足を運んだのは
アルへリッチ病院だけですが)
はっきり言ってびっくりしました。

アルゼンチンの医療水準は高いと言われていますが
義兄の最初入った集中治療室はまさに日本のようで
(公立は汚い古い)と言われている巷の噂を
覆すほど綺麗で驚かされました。

そしてその後特別病棟に移され
経過観察され続けたわけですが
その病棟は集中治療室ほど綺麗ではなく
古いことは確かですが、清潔に保たれ
私が23年前に別の公立病院に
入院したことがあったのですが
そこはゴミでも使わない程汚れたマットレス
そして電球のつかないトイレ、、、
(同じ病院ではないので比べ物になりませんが)
あの当時の病院の酷さを思い出しました。

まぁ、市内はアルゼンチンとは言っても
特別区のようなもの。
それゆえBsAs市内だけの話ですが
市内の病院にも過去通ったことがあったので
昔を思い出すと同時に、今では長い列を作らず
インターネットで予約ができるなど
驚かされることもいっぱい!
そして何よりも病院の壁に『この病院は
無料ですのでなにかあった際には
すぐにこちらまでご連絡ください。』と
もし治療費を要求された時には
どこに連絡するかまで貼ってあったこと。
意識改革ではありませんが
(メトロバスや公園の整備、道路事情など)
市内は確実に良くなっていると確信しました。

また、治療に当たる医師も
とても親切にしてくださりました。
日本と医療面で違うのは
勿論日本でも気さくなお医者様もいますが
こちらの医師は自分が納得するまで聞けること。
私が過去に数回入院した時もそうですが
医師という職業と同時に一人の人とし
患者や家族に接してくださるような気もします。
(感謝の気持ちを申し上げます。)

義兄は亡くなってしまったけれども
彼はこんなことも私に教えてくれのでした。
また後日ブログに続きを書きたいと思いますが
人間の一生というものの儚さも感じた私です。
スポンサーサイト
 

   
ブログ村、ゆる~く参加していきます♪

にほんブログ村 海外生活ブログ アルゼンチン情報へ
にほんブログ村

★だからアルゼンチン、大好きです★
 ★ポチしてもらえたらとても嬉しいです★
コメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。