今日は市のカーニバルが
行われると言うので
出かけて見たのだけど
時間が早かったのか?
カーニバルではなくて
ショーが行われていた。

私自身は楽しみにしていたので
半分ガッカリしていたのだけど
やっぱりアルゼンチン人は
踊るのが好きだね!
若い人だけではなくて年寄りも
音楽が始まると体を揺らし始め
中には良い年した老夫婦が
音楽に合わせて踊っていた。

もしこれが日本なら?と
考えるなら60~70歳前後の
おばさんがSMAPの曲に
体を揺らしながら
踊り始める様なもので
絶対に顰蹙を浴びるのは
間違えないと思ってしまった。

そう、日本では『いい年して』
と言う言葉が存在するからだ。

踊りについて考える時
日本とアルゼンチンの違いを
言うならば、断言できるのは
『子供の頃からの習慣の違い』
である。

娘を育てたからわかったけど
この国は小さい頃から
何かといえば 『踊る』

それは幼稚園時代からの
お誕生日会であったり
何かのパーティであったり
人が集まってお祝いをする時
『踊る事』は必ずといえる程
行われる。

そんな環境、習慣が幼稚園
いや生まれた時から
育まれて行くのだから
『踊り』が日常に存在して
当たり前なのである。

それゆえ件の老夫婦も
日本なら『はぁ??』
となってしまいそうだけど
ここなら『楽しそうだから
私たちも…』と
連鎖反応になるのである。

世代も何もかも関係なく
『楽しいから自然と体が
リズムに乗って踊れる』

そんな自由が素敵だね。
私も旦那が社交的ならば
一緒に踊ってしまうのに
ここ生まれの旦那なのに
お硬い旦那にちょっとだけ
イラっとした私であった…
スポンサーサイト
 

   
ブログ村、ゆる~く参加していきます♪

にほんブログ村 海外生活ブログ アルゼンチン情報へ
にほんブログ村

★だからアルゼンチン、大好きです★
 ★ポチしてもらえたらとても嬉しいです★
コメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可