今日8月9日(日)はアルゼンチンは選挙の日です。
10月に行われる大統領選の候補者を選出するのですが
その他にも州知事や市長などその他の候補者も選出され
10月に本選が行われます。

というわけで今まで他人事のように見てきた選挙ですが
今年からBsAs市ではなくBsAs州に2年以上住んでいる
外国人に対しても大統領選以外の選挙において
投票権が義務として与えられたため
(投票の義務のある外国人は選挙関係のサイトで
名前がしっかりと記載されて出てきます。)
私も他人事ではなく、行かなくてはいけなくなりました。

噂では場所によっては大変な混雑ということで
私もあらかじめ投票場所、そして受付の番号
投票を行う際の私の整理番号など全てを
インターネットで調べてから行きました。

ちなみにアルゼンチンは投票所として使うのは
殆ど学校となっているので私も指定された
投票所(学校)に着くと案の定中は混み合い
投票場所によっては50人位でしょうか
順番が来るのを列を作って待っていました。
(とにかく受付も投票場所も決まっているので
そこ以外では同じ投票所の中でも投票はできません。)

半分ため息をつきながら係員に確認すると
私の投票場は外国人専用の場所らしく
すぐ前の別の場所に案内され着いてみると
中はガラガラ(おまけにとても綺麗な建物!)
思わず日本の投票所を思ってしまいました。

そして前もって指定された番号の受付に行き
身分証明書を出して自分の整理番号を言い
封筒をもらったらいよいよ投票です〜!

日本の選挙と違うのは、記載する必要がなく
四畳半くらいのお部屋に幾つかの政党の
(まるでチラシのような)パンフが置いてあり
好きなものを選んで封筒に入れればOK
写真入りのものもあれば文字だけのものなど
書けなくても難しいことは何もありません。
そして封筒をもって受付に戻り
立会人のいる前で投票箱に入れてその後
選挙をしたという証明書と身分証明書を
返してもらったら終了です。

又私は知らなかったのですが、この投票用紙
いいえ、投票パンフレットとでもいいましょうか
宣伝用パンフのような用紙ですが、選挙前でも
もし自分が好きな政治家がいれば用意したり
配っておけるので先日アイスを食べたお店でも
座ったテーブルに投票用紙が置いてありました。
その時は宣伝ぐらいにしか思わなかったのですが
何だろうと思っていたら、男性二人が「君たちは
これが必要なのか?」と聞くので「いらない」
と答えると、一言二言いいながら男性たちは
その用紙を持って行きました。

後で旦那に聞いたら、どうやらそのパンフの政党に
入れて欲しくないらしく持っていったようです。
なるほどね、私はその政党の人に入れるのかと
思っていたら、反対の政党の人は敵のパンフを見たら
持ち帰るのですね〜。

いやいや、初めての選挙はドキドキものでしたが
とても綺麗な所で、親切な事務員&立会人だったので
滞りなく終わらせることができました。
あとは自分の投票した人の結果を見るくらいかな。
とは言っても政治には全く詳しくないのですが(笑)

最後に話は変わりますが投票所は再会の場所
娘のママ友達や大きくなった娘の同級生など
懐かしい顔を見ることができました。
やっぱり幼稚園〜小学校、中学校、高校と
アルゼンチンは親子ともお付き合いが濃厚なの事
改めて痛感しました〜(笑)



スポンサーサイト
 

   
ブログ村、ゆる~く参加していきます♪

にほんブログ村 海外生活ブログ アルゼンチン情報へ
にほんブログ村

★だからアルゼンチン、大好きです★
 ★ポチしてもらえたらとても嬉しいです★
コメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事へのトラックバック