上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 

   
ブログ村、ゆる~く参加していきます♪

にほんブログ村 海外生活ブログ アルゼンチン情報へ
にほんブログ村

★だからアルゼンチン、大好きです★
 ★ポチしてもらえたらとても嬉しいです★
今月久しぶりに海上自衛隊の練習艦隊が寄港します。
懐かしい練習艦隊の思い出。

それは私がまだネットも使えず確か日系新聞で情報を得て
レティーロの先の港まで見に行った記憶があります。

そして道を間違えたために歩いたこと、歩いたこと。
どこまで歩けば船はあるの?と思いながら歩いて行くと
目の前に現れた大きくて迫力のある艦艇。
こんなすごい艦艇がはるばる海を航海をして
日本の裏側までたどり着いたんだと思うと同時に
BsAsに住むことに決めたのに後悔をし始めていた私。
日の丸が風でなびく光景を見て胸がいっぱいになり
できるなら一緒に乗せて連れて帰ってほしいと
大きな艦艇を目の前に一人涙した記憶もあります。

そしてそんな辛さも思い出に変わる頃
ブログを通して一通のメールが届きました。

あれから何年くらい経ったでしょうか?
また練習艦隊がやってくるらしく
それは海上自衛隊の男性の方からでした。

『自分の後輩が二人航海に出ているのですが
BsAsで休暇が少しあります。
その時に何かびっくりするような思い出を
作らせてあげたい。』ということでした。

もちろん私にとっては見ず知らずのブログを通して
メールをいただいただけの男性です。
そして(協力してもらえたらという事で)
お金をもらうなどのお仕事ではありません。
でも手紙を拝見しているととても後輩思いの方らしく
(かつユニークさもあった方なのだと思いました。)

たまたま当時は今ほど経済事情も悪くなかったので
私はお手伝いをさせていただくことにしました。
それからメールのやり取りをしているうちに
BsAsに入港する日がやってきました。

早速私は言われた通り後輩の方が乗っているという
練習艦に行き先輩の名前そして私が来た理由を話した所
最初は意味がわから無いようで『??』
信じられ無いという感じでした。
でも少しづつ納得されたようでとても驚くと同時に
先輩の粋な計らいに大喜びされていました。

それはそうでしょう。
自分の知ら無い土地で知ら無いおばさんから
先輩から頼まれて何処かにお連れしますと言われたら
びっくり仰天ジョークだと思うことでしょう。
それもその時まで何も言われてい無いのですから。

でも時間は少ししかありません。
私からしたら弟くらいの男の子たち。
もう昔の思い出なのでどちらにお連れしたか
場所がどうしても思い出せ無いのですが
唯一はっきり記憶に残っているのは
チョリパンがすごく美味しかったので
もう一度食べたいと言われた思い出があります。

それからレテーロ周辺のお店で
チョリパンを三人で頬張り
練習艦艇まで無事に送り届けました。

素敵な先輩だと思いませんか?
自分の後輩が船に乗って一生懸命練習航海をしている。
その海の上の毎日はとても厳しいものだろう。
だからこそ、何かびっくりすることをしてあげたい。
思い出も作ってあげたい。

その思いがメールにひしひしと伝わってきたので
私もお手伝いをさせて頂いたわけですが
大喜びして艦艇に戻られた二人を見て
本当にお手伝いをしてよかったと思うと同時に
日本に戻られてからもメールで
『後輩の二人がとても喜んでくれた。
素晴らしい思い出を作ってくれてありがとう』と言われ
その瞬間の光景を想像してしまったのは
言うまでもありません。

あれから何年経ったか?その日のことが
遠い昔になってしまいましたが当時は二人は幹部候補生。
もしかしたら今度は彼らの後輩が艦艇に乗って
BsAsに来るのかもしれません。

あの日の練習艦隊の思い出。
遠い昔の話ですが、彼らの胸に
いつまでも残っていてくれたら嬉しいばかりの私です。

スポンサーサイト
 

   
ブログ村、ゆる~く参加していきます♪

にほんブログ村 海外生活ブログ アルゼンチン情報へ
にほんブログ村

★だからアルゼンチン、大好きです★
 ★ポチしてもらえたらとても嬉しいです★
コメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。