昨日今日とまたしても電車を使って移動しました。
金曜日はミトレ線。
パレルモからレティーロまでの旅です。

車窓は勿論汚い光景もあるものの
それでもほとんどが普通の光景。
そして高級住宅街のマンションも楽しめて
車内がとても綺麗なこともあり快適な電車です。

でも今日乗ったロカ線は全くの別物。
そう、コンスティトゥシオン駅から出ている
今のBsAsでは1〜2番を争う
汚いといわれる電車です。
(ですが間もなく新型車両も導入されます)

今現在はそのせいかもしれませんが
車内全体が危ない感たっぷり。
土曜日だったからかもしれませんが
お出かけをする家族連れは多かったですが
異様な雰囲気は隠せません。
というわけで今日は私の住む町から
ローマスデラサモーラまで乗ったのですが
電車に揺られながらふと思ったのですが
この電車には異常に物を売りに来る人が多い!
ミトレ線と比べたら比べものになら無いような…
その多さに本当に驚かされました。
ガムや飴類は勿論ヒット曲CDをはじめ
有名メーカーのイヤホーンやUSBメモリ。
それに文房具まで売りに来るのだから
混んだ車内は熱気で溢れかえります。

特にCDを売りに来た時には
CDプレイヤーごと抱えて
音楽を流しながら売りに来るので
車内はもうクラブ状態というのが正解。
頭がガンガンするほどのボリュームです。

でも毎回書いていますが、この電車は
なんて生活感があるんだろうと思います。
今日も乗っていたら知り合い同士が挨拶。
二言三言話した後「お前が先に売っていいよ!」
と相手に向かって言っているので
どうやら彼も車内の売り子のようです。
でも、相手の反応は。

「いや、今日は仕事じゃ無いんだ。」

土曜日なので彼はきっと休みなのでしょう。
何度そう言っても相手はお構いなし。
物を売り始め無い友人に対し

「それじゃぁ先に売らせてもらうよ!」と
すると相手はちょっと残念そうな顔をして

「だから今日は仕事じゃ無いんだ!
「今日はただの乗客なんだ・・・
乗っているだけなんだ・・・」と。

その今日は(お休みの売り子の)乗客の
「乗っているだけなんだ・・・」と
最後に語ったそのスペイン語の語尾が
ちょっとだけ寂しそうで、そして
その光景があまりにも人間臭くて
でもその会話を聞いたかとおもえば
隣の席ではごく普通のこ綺麗な格好をして
家族でボックス席でお出かけをしている
そんな幸せそうな光景を見ていると
この電車には色々な人間模様が
絡み合って生きている人が沢山いるんだと
ふと感じてしまいました。

ロカ線は、落書きも芸術家と思うほど
それはそれは個性のある落書きがされていて
乗る時には汚いし、車内は売り子も多く
乗っている人はミトレ線などと比べると
かなり違うということを感じます。
それゆえ、怖さも増してくるわけですが
でも先日も書いたように普通の人も沢山いる
BsAsを走る一つの電車であるだけ。

そして私もそういう方面に住んでいる以上
その全ても受け入れなくてはいけない
綺麗な町も、汚い町も、普通の町も…
BsAsの生活全てを感じている私です。

ブログ村登録しました〜
これからもよろしくお願い致します。
スポンサーサイト
 

   
ブログ村、ゆる~く参加していきます♪

にほんブログ村 海外生活ブログ アルゼンチン情報へ
にほんブログ村

★だからアルゼンチン、大好きです★
 ★ポチしてもらえたらとても嬉しいです★
コメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事へのトラックバック