先日の暴風雨被害は日を追う毎に増し続け
市内での被害者は増加しなかったものの
郊外ラプラタ市近郊は時間が経つに連れて
被害者は(テレビ局によって違うのだけど)60人前後とされ
暴風雨の凄さがニュースになって流れている。

家も車も浸水し電気もガスもない生活
それだけではなく、そこに住む人々は
日没後の治安の悪化=強盗に入られないか等
不安はさらに募りイライラは極地に達している。

また私も時々訪問するその地域のことを考えると
下水道の状態だけではなく、衛生上の問題も不安で
ハンタビールスと呼ばれるネズミを媒体としたビールスや
その他の悪性感染症の病原菌が出てこないか等
住んでいる人々のことを考えると心配である。

最近異常気象が言われているけれども
市内一ヶ所のみならず一度に二ヶ所
それも距離的に離れている地域で同時に
暴風雨による自然災害が起きたことは
私の経験上でも記憶になく驚くばかり。
ラプラタの友人知人が無事である事を祈るばかりである。
スポンサーサイト
 

   
ブログ村、ゆる~く参加していきます♪

にほんブログ村 海外生活ブログ アルゼンチン情報へ
にほんブログ村

★だからアルゼンチン、大好きです★
 ★ポチしてもらえたらとても嬉しいです★
コメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可