今日もまたバスに乗ったのだけど
最近我が家方面のバスは混みすぎー!
先日も書いたけれども異常な程である。


そして今日も案の定途中からバスは超満員御礼。
停留場に止まることもせず走っていたのだが
降車するお客さんがいるので、やはり時々は止まる。


すると、1人のお洒落をした上品な50代の女性が
そのバスの方にスタスタ歩いてくるので
何をするのかな?と思いや、突然降車口から
ごく当たり前のように乗ってきた。

勿論乗客は唖然、だがこの光景はある意味当たり前

しかし、しかし、、、

その女性は本当にお洒落で素敵だったので
私的には何だかビックリすると同時に
例えどんなに上品でも手段を選んでいては
(バスが止まらないのだから)
簡単には家路につけない大変さを感じ
手段は選んでいられないのだと思った。


そう、例えば先日の地下鉄もそうだけど
私たちは、日一日、日常の生活で段々と
どんな環境にも慣れてきて、汚いものも
こうして(それも無賃乗車で)バスに乗る光景を見ても
それが悪い事と思うよりしょうがないと感じてしまう自分
そんな慣れが、そんな風に当たり前に皆が
何も考えなくなる日常…恐ろしくも悲しいが
でも私も知らず知らずにずれてきているのかもしれない。
スポンサーサイト
 

   
ブログ村、ゆる~く参加していきます♪

にほんブログ村 海外生活ブログ アルゼンチン情報へ
にほんブログ村

★だからアルゼンチン、大好きです★
 ★ポチしてもらえたらとても嬉しいです★
コメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可