なんとも、BsAsに戻って
あっという間に3週間弱、、、
1日が24時間というけれど
私にとっては10時間位にしか感じられない。

そして、そんなBsAsの日々を過ごす中
最近良く感じるのは、人というのは
本当に何かを変えたくて
そこにいるのが嫌だとか
何処かへ飛び出したいと思うのなら
『1日もあれば人生を変える事が出来る』
と言う事である。

私の場合はBsAsから飛行機に乗って
待ち時間も含めて40時間かかったけれど
到着したその場所は言語も生活習慣も
何もかも全く違う東京という街。
そして、そこで8ヶ月暮らし
今度は東京から飛行機に乗り
たどり着いたその街は、今までのように
安全も物価も国情も何も保証されない
南米アルゼンチンという、その国。

日本でのんびり暮らしていて
あまりにも平和ボケしていた私には
又、この生活に慣れるには
かなりの苦痛を強いられている。

良く『見ざる聞かざる言わざる』
という言葉があるけれど、私の場合
テレビを見れば驚くニュースばかり
そしてラジオを聞いていれば
その光景を想像する事から
恐怖で今すぐここから逃げたくなり
日本から戻ってきた事が知れると
(実際にあった話なのだけど
私の周りで日本から戻って数日間の間に
家に強盗が入り怪我をした)という
そんな事実もあるので数日間は
神経質になるため話もせず、、、

これが24年間暮らして
もう慣れきっているはずの
BsAsなのに不安におののく。

でも人間とは適応能力があるのか?
そんな不安も数日で、今ではすっかり
自分の身は自分で守る術が蘇り
不安感が薄らいできて昔のように
楽しい日々に戻りつつある。

ただ、物価だけにはビックリ仰天で
先日ポテトチップとアルファーフォーレスを
買っただけなのに350円近くとられ
ランチに行っても今は1500円前後
それなのにお給料は上がらないのである。

話は変わるが、先日娘の20歳の友達が
アルバイトを始め、喜んでいたので
参考のために聞かせてもらったら
なんと月曜日から土曜日まで働き
日本円換算にすると7500円
日給じゃないんですよ、この金額!
一週間でもらえる金額ということで
細かく計算すると一日7時間働いて
1250円程度、おまけに交通費込み
つまり時給は150〜160円+交通費。
それでも娘の友達はお金を稼げたと
大喜びしている光景を見て驚いてしまった。

まぁ、どちらが良いとか、そんな事は
私には解らないけれども、でもそれでも
同じ1時間働いて、同じように生きても
それしか無い労働の価値だと思うと
なんだか情けなくなってきてしまうと同時に
日本と同じ程度、又一部はもっと高いという
物価の現実には呆れ返ってしまう。

でもそんな毎日の中で、昨日のニュースで
ローマ教皇(法王)がアルゼンチンの
ベルゴリオ枢機卿が選出されたとの事で
町中大喜びしているけれど、ある意味
暗い話題が多いアルゼンチンにとっては
アレグリア(喜び)の一時であろう。

というわけで私の人生は又しても
40時間の飛行の末、新しい物になって
全てが変化し始めた。
でもこうしてここBsAsにいて
日本と違った色々を見れる事は
幸せな事なのかもしれない。





スポンサーサイト
 

   
ブログ村、ゆる~く参加していきます♪

にほんブログ村 海外生活ブログ アルゼンチン情報へ
にほんブログ村

★だからアルゼンチン、大好きです★
 ★ポチしてもらえたらとても嬉しいです★
コメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可