上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 

   
ブログ村、ゆる~く参加していきます♪

にほんブログ村 海外生活ブログ アルゼンチン情報へ
にほんブログ村

★だからアルゼンチン、大好きです★
 ★ポチしてもらえたらとても嬉しいです★
実を言うと先月からまた日本に来ています。
今回は急に入った幾つかの用事や
自分の体調コントロールもあり来ました。

さて、そんな久しぶり
↑いや、本当は
久しぶりではない日本ですが
実は今回の帰国は
スタートから変化をつけてみました。

まず航空便の選択。

私は昔からルフトハンザが大好きで
常日頃から旅行会社さんには
ルフト優先でのお席を探してもらいました。
なぜルフトハンザがいいか?
それはコネクション、乗り換え、飛行時間など
全てにおいて快適だからです。
ですが今回も急に決めた帰国のため
お値段を探すような状態ではなく
そしていつもお世話になっていた旅行会社さんが
閉店ということもあり、今回初めて
お友達のご主人さんが働いている
文野旅行社さんに頼んでみました。

担当のお友達のご主人さん
探してくれました、探してくれました❣️
私のわがままを嫌な顔せず一生懸命。
(ありがとうの一言しか言えません🙇‍♀️)

ただ、どうしても大好きなルフトは
お値段の関係で高いの高い!
(それもそのはず、夏休み間近だもの、、、)
ということで彼がオーファーしてくれたのは
カナダ経由でした。

え??カナダ経由?

そりゃ~長い道のりです。
何せブエノスからチリのサンティアゴに行き
そこから今度はトロントへ向けて
そしてトロントからやっと日本への道のりです。

はっきり言ってお値段はルフトよりかなり格安
いいえ、超格安でも想定外のルートでした。

でも、そのあと、ふと思いついたのです。
今のエコノミークラスには

種類があること ‼

ここ数年、ロングフライトの際
差額を払ってどこか一ヶ所で
プレミアムエコノミーを取ったり
プレミアムエコノミーでなくとも
足元を広くするお席を取ったり
快適に旅をする方方法を
できる時には使ってきました。

そこで思いついたのは
カナダ経由のロングフライトでも
差額を払ってお席を広くすれば良いということ。

もともと、フライト予算はルフトだったので
その予算内で済むものならと
お友達のご主人さんに聞いてみたところ
ビンゴ~!
往復4回足元のゆったりしたお席を用意しても
いつも使っているルフトハンザの
エコノミー料金より安いことがわかりました。

ただ、何回も往復する私には
全部差額を払うのは贅沢かな?ということ
そしてカナディアンは事前にお席も予約できるので
お友達のご主人さんが空席状況も知らせてくれて
自分が大好きな(なぜか好きなんです、、、)
後方のお席をキープし、疲れが出始める
乗り換え以降の2本目からのお席だけ
足元の広いお席を予約することにしました。






いや~BsAsからトロントまでは
行く気満々なので疲れませんでしたが
トロントから日本へはなんとも言えず快適!
こんなに楽な気持ちでのフライトは
久しぶりだったような気がします。

残念だったのは途中のトランジットである
トロントが超長かったのに
シャワールームがなかったこと。
ちなみにフランクフルトでもオーストラリアでも
ニュージーランドでもどこの国でも空港内には
無料または有料のシャワールームがあるのですが
トロントの私が利用するゲートにはなかった、、、
(ビジネス以上ならあるけどね、、、)
その点だけはエコノミーの辛さです💦

でも、目からウロコ、青天の霹靂。
なんで今までルフトにこだわっていたのか?
そう思うと、お友達のご主人さんの
カナダのオーファーに感謝せずに入られません。
(ありがとうございました!)






ちなみにトロント空港の出発ゲート内の
フードコートには1席につき
一台アイパットは置いてあるし
そういう意味では長いトランジットも
ネット大好き人間な楽にならず(笑)

ただし冬場は雪の関係で遅延があるので
若干危ないかもしれませんが
それ以外ならカナダ経由の旅は
トランジットも超簡単だし!

その時その時のお安い会社を見つけ
その中での快適なお席を予約する。
なんで今まで気がつかなかったのかなー?
やはり固定観念はダメですね👎
頭も柔軟にしなくちゃ💦
そうすればロングフライトの疲れも
軽くなるのだと、日本に到着した時に
つくづく感じた私でした。

お友達のご主人さんに感謝です♪








 

   
ブログ村、ゆる~く参加していきます♪

にほんブログ村 海外生活ブログ アルゼンチン情報へ
にほんブログ村

★だからアルゼンチン、大好きです★
 ★ポチしてもらえたらとても嬉しいです★
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。