さて、今日は先日追加したカテゴリーから。
BsAsの治安について書いてみたいと思います。

私自身BsAs在住28年目を迎えていますが
はっきり言って怖い思いをしたことはありません。
勿論『怖い人がいるな』とか『危なさそう』と思う
そういう意味での怖い人に当たったことはありますが
危険予知能力は時間とともにつくのでしょうか(笑)
幸い今までに外で盗まれたり強盗にあったなど
実際に経験をしたことはありません。

だからと言って、一つだけ言えることは
決して治安は良くありません。

例えば昔あったのですがガラガラのバスの中で
二人掛けの席に一人で座っていたら
横に革ジャンを着て頭ボサボサな男性が
何故か私の横に座ってきたことがありました。
どう考えても全員が二人掛けに一人で座れ
それでも席がまだ余るような状態
そんなガラガラな状態のバスの中です。

バスの中でも強盗事件が多発していた頃だったので
勿論とても緊張しました。
でもそこで、そのまま座っていてはいけないのです。
思わず「ごめんなさい」と席を立ち
運転手のところまで行って道を聞くふりをして
前方座席に座りフロントガラスを眺め無視。
もしかしたら悪い人ではないかもしれません。
でも、ガラガラのバスの中わざわざ横に座るか?
そう思った瞬間、自分の身は自分で守るのです。

また、先日友達がブログにも書いていましたが携帯泥棒。
これはとても多くiPhoneでなくとも
親戚の中にはバスの中で座っていたら
窓から手を入れて携帯を盗まれたそう、、、
(信じられない話ですがその手口は凄いようで
外から中に手を入れるなんて神業如くだそうで…
取られた親戚もびっくりしていました。)

他にも何人のお友達が携帯(特にiPhone)をやられたか!
日本では多くの人が持っているiPhoneもこの国では憧れ。
実際iPhone3,iPhone4でもiPhoneはiPhone。
バスの中でもiPhoneを使っている人を見る乗客。
最近でこそ、だいぶ増えましたが
私のアルゼンチン人の友人たちの中にも昔は
「僕のはiPhone5だから」「私のはiPhoneよ」と
自慢する人たちもまだまだいて私が何も言わず
iPhoneを使っていたら「君もiPhoneだったの?」
と驚いてそう答えた人もいます。

さて、そんな人気のあるiPhoneですが
スタバで物売りが入ってきて
注意を引くためにわざとフニャララと
何やらスペイン語でもない意味不審な言葉で
説明され断っている瞬間に
iPhoneを持って行かれた人などもいます。

また、こちらの現地のお友達はバスの中で
買ったばかりのiPhone6を使っていたら
バスを降りて歩いていたらつけられ
家のあたりで脅されて持って行かれたケースも。
ちなみに市内の高級住宅街です。

さて、そんな携帯ですが私はいつも





ジョーダンでしょ>??と言われそうですが
こうして紐をつけジーンズなどに
くくりつけています(笑)

これが意味するもの、それは
バスの中で私の携帯を盗むなら

ついでに私もついていくわ〜


というそういう意味ですが(笑)
最近ではiPhoneをバックにくくりつけ
寝ている人を見たことがあるので
同じような自衛策を取っている人も
無きにしも非ずいるのかもしれませんね。
 

   
ブログ村、ゆる~く参加していきます♪

にほんブログ村 海外生活ブログ アルゼンチン情報へ
にほんブログ村

★だからアルゼンチン、大好きです★
 ★ポチしてもらえたらとても嬉しいです★
スポンサーサイト
今月初めに車検の日記を書いたのですが
うっかり忘れていた車検。
今日旦那に確認したら
幸いのことに覚えていたようで
先週末無事に終えることができました。

なんて言ったって(日本では持っていますが)
この国では運転免許を持っていない私。
それなのに車の所有者ですから
たまったものではありません、、、

幸い先日もみんなでお茶をした時に
車の話題が出たのですが
そえゆえご報告がてらブログに書いています(笑)
前回の時のようにおまわりさんの知識のなさで
整備不良で切符を切られたならもう最悪。
何故なら違反は違反をした人につくのではなく
車自体につくものなので車を売りたい場合
車についている違反を綺麗にしないと売れなくなり
正規ディーラーの場合罰金その他借金があると
中古車として下取りをしてくれないのです、、、

我が家は前の車は乗りつぶす予定だったこと
そしてこの国では恩赦令というものが
政権が変わったり何かあると出されることもあり
(違反(罰金)はすぐに支払わないという人も多く)
我が家も買い替えなど思ってもいなかったので
まぁその時が来たら払おうと思っていたので
数年前何を間違えたのか突然買い替えを決めた時
大急ぎで(違反は少ないのですが)その罰金を
支払いに行ったのを覚えています(笑)
そして既に消えているのもありました。

それゆえ、今回は車検で苦い思い出を
また繰り返したくない!
そう思っていた矢先だったので
やっと車検が終わりほっと一息。
これでまた来年までのんびりできそうです。



 

   
ブログ村、ゆる~く参加していきます♪

にほんブログ村 海外生活ブログ アルゼンチン情報へ
にほんブログ村

★だからアルゼンチン、大好きです★
 ★ポチしてもらえたらとても嬉しいです★
今日は大っ嫌いな週末。
最近1週間があっという間に経ち
すぐに週末がくる気がします。
お仕事をしている方からしたら
週末ぐらい休ませてくれよ、、、と
そう言われそうな気もしますが
とにかく私は週末が大嫌い。
ため息ばかり出る一日です(笑)

さて、そんな愚痴はこの位にして。
今日も治安のテーマは後にして私ごとを少し。

時々今日のように時間があるとき
ふと思うのですが外国生活が長いせいか
自分の性格がYesかNoで
物事を判断してしまう癖があります。

特に感じるのは人から相談されたとき。
ありがたい事に未だにまれーに
アルゼンチン人との結婚相談や
移住相談を受ける事があります。

そして(今日もなのですが)そんな時
相談に乗りながら思ったのは私の答え
はっきり言い過ぎていないかな、という心配。
勿論、それは他人が決める事なので
私自身は聞かれたことに答えるだけなのですが
ついそう思えてしまいます。

それゆえメールでやりとりしている方に
大変申し訳ないと思うことが
しばしあるのですが、ただ私自身
どなたかの相談を受ける時
(勿論相談だけで終わるケースもありますが)
仲良くなることもとても多いのでそんな時は

【一生付き合っていきたいから…】

と、その思いだけで接しています。

どうしてもBsAs在住丸27年が終わり
28年目に入ると色々な経験からか
アルゼンチン人との結婚や
移住についての相談を受けると
メールを数回やりとりするだけで
その人がどんな結果が待っているか?
また、国際結婚の相談の場合は
お相手の方とスペイン語で話をすれば
その方がどんな方なのかまで
一目瞭然でわかってしまいます。

それゆえ相手が幸せになることを考え
心を込めて回答するようにしています。
それは必ずしも相手が満足せず
お気に召さない答えであり
そのせいでご縁が切れたりすることも。
だって国際結婚も移住も夢をみて
期待しすぎてはいけないと思うからです。
中にはどうにもならなくなってから
再度頼って来られる方も無きにしも非ず…。
本当に色々な相談を頂きました。

先ほども書きましたが国際結婚や移住は
どんなにそれぞれが努力しても
良い方向へ行かないことも
数え切れないくらいあるのです、、、
勿論それは日本の暮らしでも同じですが…。

ただそれとは反対に相談されたのがご縁で
私のアルヘンライフの長い長い月日を
今でも一緒に共有してくれる友達も沢山いますし
また反対に日本に戻ったり他の国へ行っても
今でもお付き合いが続いている
なが~いアルゼンチン関係の友達も沢山いて
先日も他の国に引っ越されたのに
何年も経った今FB経由で私を見つけてくれ
新たな友情が繋がった方もいました。

今日もふと友達の相談に乗りながら
彼女が沢山沢山幸せになってほしいなと思う私。
一生付き合いたい友達です。

 

   
ブログ村、ゆる~く参加していきます♪

にほんブログ村 海外生活ブログ アルゼンチン情報へ
にほんブログ村

★だからアルゼンチン、大好きです★
 ★ポチしてもらえたらとても嬉しいです★
先日治安についてのカテゴリーを増やしたのですが
ゆっくり文章を書きあげようと思いなかなか進まず…。
今日もウンチクになってしまうこと
超長文になりましたがお許しください(笑)

と言うことで今日は恒例のモーニング。

ブログを読んでいる皆さんは
モーニングなんて書くと
おしゃれで素敵な1日の始まりの
コーヒータイムと思うでしょうが
意外と私たちはお茶をしながら
真面目にアルゼンチンのことを話します。

そして今日の話題はこれからのこと。
というよりも滞在年数がある程度ある友人たちなので
アルゼンチンのウンチクを思い切り話しました。

そんな会話の中出たのは
『これから厳しい時代がまだまだ続く』と言う事と
『厳しい時代を乗り越えるために』

最初は楽観視していたここ数ヶ月ですが
やはり公共料金を始めガソリン代の値上げ
そしてガソリン代が上がれば全て値上がりという
値上がり(インフレ)の連鎖。
そして人員整理による失業者の増大による
治安の悪化なども注意しなければいけません。

今日会ったお友達たちは皆日本人が多く住む
治安の良い綺麗な地域に住んでいるのですが
彼女たちが話していたのは
そんな地区のホームレスも増えた事。
今までは市内の場合見かける事はあっても
高級住宅街はいても左程多くなかったのですが
最近ではかなり見かけると話していました。
確かに私も今日バスの中で市内に入ってから
ホームレスの方を見かける光景が
異様に増えたような気がしていたので
どうやらそう感じるのは私だけでは無いようです。

勿論私の住む郊外にも存在しますが
新市長になってからというもの
失業手当を欲しければ町の掃除をするなど
何か仕事と引き換えに手当を支給するらしく
朝から掃除している人が増え
以前より町はきれいになり
仕事=手当という事もあるのでしょう
ホームレスの数はさほど増えた気がしないので
こればかりはその場所の
行政にもよるかもしれません。

そして次に話題に出たのは
エクスプレス誘拐が増えた事。
多分日本人の方にはエクスプレス誘拐が
どんなものであるかも想像できないし
短時間だけ誘拐するという事件が
信じられ無いと思いますが
実際の数はかなりあると思います。
ちなみにアルゼンチンでは
(我が家の場合もそうですし、先日起きた
知人の娘さんの時もそうでしたが)
エクスプレス誘拐事件に遭っても
警察に知らせる事はあまりしません。
と言うよりも警察に行ったとしても
あまりにも事件が多いと言う現実
解決は難しいだろうし、無事に
元気で帰ってきてくれればそれでいい。
その思いもある事からだろうと思います。

また今日更に面白い話題が出たのですが
移住をするのに何が必要かということ。

みんなで話していて出たのは

ここでの仕事、さもなければ
仕事ができるようになるまでの貯金。
または外貨を得られる手段など
経済基盤をある程度固めてくる事。
その次は神経質で無い事。
(特に公害や汚染はかなりあるため)
また国語であるスペイン語ができる事でした。
勿論ある程度楽天的、楽観的である事も
いうまでもありません。


そんな話題で話し始めたわけですが
みんなの面白い結果の話が出ました。
まず経済基盤についてですが
これはアルゼンチンだけではなくて
どこの国でも一番大切な事でしょうが
この国ほど想像がつかない国はありません。

南米だから安いだろうと思うこと。
その気持ちよくわかります、わかります。
でも実際は違うんですよね。
すごく高いです、、、
昨日も日本より短いタイプの長ネギ3本で350円。
ちなみに私が値段を見ずに買おうとしたら
旦那から「高過ぎる〜」とストップ。
彼が言うには八百屋の方が若干安いようです。
女見たい、、、
そして同じ長ネギでもこちらのおネギは
使える部分が少ない、、、
ピーマンも同様で日本のそれより若干安い程度。
決して安くはありません。

以前BsAsで1ケ月日本円で
20万円程度の生活費がかかると
お話ししたことがあるかしれませんが
冗談ではなく、日本でいう普通の生活を
この国でしていきたいと思うのなら
その程度を想定した方がベターです。
(勿論人の暮らし方は人それぞれ
もっと上の人もいますし
もっと低い人もいると思いますが
あくまでも私の目で見た範囲でです。)

だからと言ってそれが凄いとか
お金持ちとかでは無いのです。
以前も書きましたがアルゼンチンでは
誰もが1ヶ月30万円位かかる時代があり
お給料も多くの人がその位取っていた時代があり
その時代が再び来ているだけなのです。
(解りやすくするために日本円表示にしました。)
ただ、前回のその時は多くの人に職があり
不況とはいえ今のようではなかったのですが
今現在は失業者なども含め収入がなく
生活保護などに頼る人も多いのに
物価はその当時のようにとてつもなく高いので
日々の生活にも困る人が多く
皆どうして生活しているのだろうというのが
会う人、会う人が口にする言葉です。

そこで今日の友人たちと「それでは
節約暮らしをすればどこまで安くなれるか?」
そんな話題について話してみたところ

一番に学費。

私立に通わすところ→公立にすれば無料です。
ただ日本の公立とは全く違います。
地方に行けば最低授業日数に達しない州もあるし。
実際(日本人が住む方は殆どいませんが)
ウシュアイアなどは3月が新学期なのに
新学期が始まったのはここ最近という所もあります。
勿論、教育は計算や読み書きができれば良い。
と、そう思われる方はそれで十分だと思いますし
同じくらいの生活レベルの友達を持たせたいと
そう思えばそれなりの学校を選べば良いわけです。
ですから教育についてはおおらかに居られることも
家計への影響もかなり変わってきます。

また医療費は公立の病院に通うことで無料です。
ただし、現実を知っておくことは必要で
急を要するものについてはある程度迅速で
また長い時間を要し急では無いけれど
予約を入れながら診てもらえるものを
診てもらうのであれば左程問題はありません。

実際、義兄が強盗にやられ道で倒れていた時
公立病院へ運び込まれたのですが
その後入院、そして植物人間のまま亡くなるまで
一年の間集中治療室で診てもらえました。
でもその反面知り合いの中には持病があり
いつも会うたびに「手術しなくちゃいけないけど
死ぬまでに順番が来ないよ。」と言われ
本当にその通り亡くなった方がいます。
まぁ人の運命といえばそれまでですが
それゆえ多くの人は自腹で私立病院の会員になり
自分の健康も治安同様自分で守るのです。
と言う私も40代前半まで若い頃は公立で大・大結構!
私立病院の会員になることなど必要無い派でした(笑)
が、、、病気になり、病になりわかるんですよね。
病院の大切さ、、、それゆえ自費は辛いのですが
その日以降私立病院の会員になり入院も経験しています。

健康は病気になら無いとわから無いものだと
つくづく痛感した時代でした。

勿論下見をする事も必要だと思います。
ただそれは移住をするという意味での下見。
もしこの国に数ヶ月のプチ滞在をして
だから気に入ったと言うのであれば
ここに住み始めてこの国の基準で
自分のライフスタイルを維持していけるか?
また、自分は日本並みの生活をしたいし
日本にも時々帰りたいと言うのであれば
日本のお給料よりずっと少ない国で
どうやってライフプランを立てていくか?
最低限の事を考える事も必要です。
外貨を持って観光に来る事
外貨を持って短期滞在するのと
この国で0から始める事は全く別であり
想定外が山ほど起こるのが異国生活です。

おっと話が移住生活にそれてしまいましたが
今日みんなで話した結果はどんなに削りたくても
やはり日本的感覚の生活だとなかなか削れず、、、
つまりどんなに節約しても
日本にいた時のような環境を望む場合には
やはり節約は難しくある程度経済基盤が
必要なのかもしれ無いという結論になりました。

ただ最後に言えるのは友人たちは
あと1〜2年BsAsが落ち着くまで
これから厳しい時代が来るとしても
この国の生活に大満足なので
乗り切っていく気満々♪
気の持ちようが大切なんですよね!
我が家の場合も同様で
娘が小さい時には身なりを気にせず
頭振り乱してやってきましたが
今思うと大変だったけれども
(ブログには書いた事ないけれども)
貧乏のどん底近くまで行った事もあるけれど(笑)
やっぱりこの国の生活は大満足だし
住ませてもらえて良かったと感謝しています。

というわけで今日のモーニングも
真面目な話題で盛り上がった時間。
いつも貴重な時間を割いてくれて
友人たちよありがとう〜!
そしてすごーい長文なのに
最後まで読んでくださってありがとう!





 

   
ブログ村、ゆる~く参加していきます♪

にほんブログ村 海外生活ブログ アルゼンチン情報へ
にほんブログ村

★だからアルゼンチン、大好きです★
 ★ポチしてもらえたらとても嬉しいです★
いつも訪問してくださる皆様ありがとうございます。
今日は治安のブログカテゴリーを追加しましたので
読者の皆様に報告したいと思います。

なぜ今頃カテゴリーを追加したのか?
不思議に思われる方もいると思います。

それはまだ日本がゴールデンウイーク中のこと…。

レコレータ墓地横のショッピングセンター前で
一人の若者がガイドブックを広げ読んでいました。

たまたま私たちは4人でいたので
みんなで声をかけたのですが
その時に彼が発した言葉が『情報が古い』。

いえ、多分情報自体は古くないと思います。
でも、あまりにもすごいインフレや
経済状態などにより本に載っているお店が
行ってみたら閉まってしまったり
価格が記載されていてもまったく違う。
そうここでは半年前の価格どころか
1ヶ月前の価格でも想像を絶するほど違ったり
オープンしてすぐに閉めるお店も
日本のそれとはまったく違うのです。

そしてその時にいろいろ話をしたのですが
やはり一番の心配は治安のようでした。
(とても感じが良い青年だったので
彼が無事にバックパッカーの旅を終え
日本に戻られていることを祈っています。)

さて治安が悪いとか気をつけてと言われても
一体どこでどうやって気をつけるのか?
平和な国からいらした方に理解しろというのは
無理に決まっているわけです。

というわけで、そんなガイドブックですが
レストランや観光情報などは
色々な方が新し目線で書かれているので
私もそちらを参考にさせてもらうとして
(閉まっていたら諦めます、、、)
治安については南米のパリという美しさで
騙されてしまう部分がとても多いこと
そして危険な目にあった人がいることもあり
今日から時間のある時にのんびりと
在亜28年目の目を通して今までの経験や
知識をできるだけブログで書いていこうと
そう思いました。

アルゼンチンは危ないと言いますが
やはり知っていればその危険は
少しでも回避できると思います。

お役に立てれば嬉しく思います。
そしてアルゼンチンの旅が
また一段と思い出深い旅になるよう
心からお祈り申し上げます。


 

   
ブログ村、ゆる~く参加していきます♪

にほんブログ村 海外生活ブログ アルゼンチン情報へ
にほんブログ村

★だからアルゼンチン、大好きです★
 ★ポチしてもらえたらとても嬉しいです★