上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 

   
ブログ村、ゆる~く参加していきます♪

にほんブログ村 海外生活ブログ アルゼンチン情報へ
にほんブログ村

★だからアルゼンチン、大好きです★
 ★ポチしてもらえたらとても嬉しいです★
今日までアメリカ合衆国大統領のオバマ氏が
アルゼンチンを訪問し連日テレビではその様子と
その中でも特にどのくらい町が厳戒態勢であるか
いかに力を入れているかがテレビで流れていました。

私も滞在在中、いつもの生活なので
おでかけに出たわけですが、そんな中感じるのは
ありとあらゆる所に警察官がいると
(普段から警察官は異常に多いのですが)
なんだか、意心地悪い異常に安心感(笑)
多分どれだけ緊張しながら毎日外にいるのか。
警察官が溢れていると妙に安心なのは
どれだけ治安の悪いBsAsにいるかを
体が覚えているからかもしれません。

勿論、親米の人もいるかもしれませんが
反米の人も多いアルゼンチンです。
実際私のお友達たちを見ても米国を
ジャンキー言う呼び方をする人が多く
(マイアミやロスにはバカンスに行くくせに)
反米寄りの人も少なくありません。
とは言っても前大統領も反米でしたが
娘さんは米国留学をしているわけだし
「嫌い嫌いは好きのうち」とよく言いますが
私の友達を見ている分にはそのような気がします。

さて、そんな大統領の訪亜でしたが
晩餐会でタンゴを踊ったり、プチ休養も兼ね
バリローチェを訪問したり、短い滞在を
パワフルに過ごされたようで昨日の新聞には
最後に亜国大統領が米国大統領に別れの挨拶に
バリローチェを訪問し二組の夫婦が
楽しそうに会話をしている光景が
一斉に新聞テレビに掲載・報道されました。
オバマ氏から肩に手をかけられ
フリアナ大統領夫人も抱きついている光景。
肩書きがなければ二組の夫婦が
楽しそうに過ごしているそんな一枚の写真で
見ている私も朗らかな気分になりました。
そしてこの写真を見ていると大統領を含め
アルゼンチン人の国民性がよく出ていると思います。

いつも思うのですがアルゼンチン人は人懐っこい。
仲良くなるまでは警戒心がかなりありますが
仲良くなると氷河が崩れるように心が溶ける国民性。
プロトコルやマナーはあるのですがそれ以上に
感動が先に行動する国民性のような気がします。

実際、晩餐会の映像を見ていても晩餐会開始直後
娘がオバマ大統領の後ろを走り抜けて
父親であるPapa(亜国大統領)にキスしに行ったり
かと思えばフリアナ夫人は娘を大統領に紹介し
短い時間でも三人で会話にふけったり。
テレビの映像を見ていて私はビックリしました。

日本で政府要人の晩餐会の時に首相の子どもが
来客の後ろを通り過ぎ父親に抱きつきに行く
そんな光景は考えられないと思います。
やはりお国柄の違いと言うのでしょうね。

というわけで厳戒態勢だったアルゼンチン。
イースターホリデーも重なり観光地バリローチェは
いつもなら多くの観光客で賑わう予定でしたが
一時的に道路が通行止になるなどもあり
バカンス予定を変更された肩もいるかもしれません。
でも今回の米国大統領の訪亜が始まり
両国の国交が昨年以上に活発化、そして
今までは米国を訪問する際にはビザが必須でしたが
観光におけるビザが必要なくなるとのことで
両国が調整を始めたとのことで我が家も旦那が
アルゼンチン国籍のため今までビザ取得が大変で
アメリカに行く機会がありませんでしたが
いつかは行けるようになるかもしれません。
いや、絶対に行かないだろう(笑)

実際ブログにも以前書いたかもしれませんが
私の仲良しのお友達家族で仕事も家もあり
真面目が取り柄なご家族さん4人が
ディズニーへ行こうとビザを申請したら
お母さんのビザだけが許可されず、、、
アメリカ旅行からメキシコ旅行へと変更し
悲しいバカンスの思い出となった人がいます。
真面目に仕事をしてお金を貯めて
いざ、アメリカへ家族で休暇。
それなのにビザが取れなかったので
とてもショックを受けたようですが
その後2回目のアタックで取れたようで
昨年無事に旅行できましたが
もうそういう人もいなくなるわけです。

どちらにしても賑やかだったここ数日。
反米も親米もどちらにとっても
歴史に残る1日であったことでしょう。
そして私もアルゼンチンにいたおかげで
米国の大統領訪亜の一瞬にいることができ
思い出の一つになりました。


fc2blog_20160326220307136.jpg



最後にちょうどこの時期に亜国では
軍政犠牲者追悼式典も行われました。
写真はオベリスコ(オベリスク)を通った時の一枚。
曇り空でしたがイースターホリデー中ということもあり
道がガラガラだったので車窓から撮りましたが
これもアルゼンチンの歴史の一つ。
オバマ大統領訪問も大事ですが
アルゼンチンの歴史を忘れてはいけないと
オベリスコが語っているようでした。

オベリスコ、、、貴方はアルゼンチンの歴史を
ずっと見守っているのね。
私の歴史も見守っていてね(笑)
ふとそんなことを思ってしまった私です。
 

   
ブログ村、ゆる~く参加していきます♪

にほんブログ村 海外生活ブログ アルゼンチン情報へ
にほんブログ村

★だからアルゼンチン、大好きです★
 ★ポチしてもらえたらとても嬉しいです★
スポンサーサイト
先日TVでアルゼンチンの沿岸警備隊により
中国の違法漁船が撃沈されたと放送されました。
ニュースの内容を見てみると停船するように
何回か警告されたにもかかわらず
漁船は無視して逃走するどころか
沿岸警備隊の船舶に体当たりしようとしたようです。
その結果が撃沈ということになったようなのですが
このニュース連日こちらでは大きく取り扱っていました。

さて、そんな中国との国交にも影響する事件ですが
私たちアルゼンチンに住んでいるものにとっては
心配がないといえば嘘になります。
なぜならこの国の人にとっては東洋人はひとまとめにし
Chinaという呼び方をする人が未だにとても多く
私も何回もChina(中国人)と間違えられたことがあります。
ただ、間違えられる分には『それはしょうがない、、、
みんな似ていてわからないのだから…」で済むのですが
今回のようなことが起きると反オリエンタルと呼ぶ人は
徹底して怪訝な顔をする人が出てきます。

以前(といってもかなり遥か昔なのですが)
マラドーナが日本に入国できなかった時には
日本人はタクシーに乗せない、日本人が嫌いと
はっきりと車に張り紙をする人がいました。
以前も書きましたが人種差別がいけないとされる国でも
堂々と自分の意思を表示する人がたくさんいるのです。

ですから今回も少なくとも同じようなことが
起きなければいいのだがと心配していますが
本当にアルゼンチンの人にとっては(昔は日系も多かったですが)
今は中国人が多く住む以上、オリエンタル=中国人
そう考える人も少なからず存在し
すべてChinoと思っている人が多いのです。

ですからこのブログにも書きましたが以前タクシーに乗り
私たちが日本人とわかるまで、どこかの嫌なオリエンタルと
そんな風な雰囲気で私たちを乗せていて
日本人とわかると目に見える人柄の変化をした運転手がいました。
勿論、これは日本がすごいのではなく、
アルゼンチンが親日国なのは、ここアルゼンチンに
移民されてきた大先輩たちが築いてくれた信用なのです。

話は変わりますが私の仲良しのお友達にも
オリエンタルが大嫌いという人がいます。
仲良しグループの中にそういう人がいるのですから
オリエンタル(東洋人)である私は
みんなで集まる度にどんな嫌な思いをしたか!
でも時が経つにつれて判り合えば仲良くはしてくれますが
『オリエンタルでもあんたは別だからさ』が口癖です。

今回、このような事件が起こってしまったこと
ここにいらっしゃる中国人の方たちは
親切で良い方もとても多いので残念であると同時に
多分心配されている人も多いとおもいます。

移住するということは自国ではないので
故郷の良し悪しも背負わなくてはいけないこともあります。

話は変わりますが、昔、私が来た当時はまだ
兵役義務があったようで廃止になったのは
ここ20年くらい、歴史が浅いようです。
先日、その兵役義務復活の話がニュースに出てましたが
ここで生まれ育つ男の子は国籍を取得すれば
そのような義務が出れば勿論従わなければなりません。
今までは経済的には不安定でも
人々の暮らしは平和なアルゼンチンでしたが
先日話題が出た兵役義務の復活熱も
再度出てこないとは言えないかもしれません。
それが移住ということなのだと
日本人である前にこの国にいるということ
今回の撃沈事件のニュースを見ながら
ふとそんなことまで考えてしまった私です。




 

   
ブログ村、ゆる~く参加していきます♪

にほんブログ村 海外生活ブログ アルゼンチン情報へ
にほんブログ村

★だからアルゼンチン、大好きです★
 ★ポチしてもらえたらとても嬉しいです★
BsAsに暮らしていると
「BsAsなんて良いですね。」
「南米のパリじゃありませんか。」と
よく言われることがあります。
そして短期で滞在した人に言わせると
「危ない危ないと言われていますが
私は怖い思いをしたことがありませんよ。」
「言われているほど危なくないじゃないですか…。」
この二つの言葉もよく聞かれます。


特に市内だけを見れば確かに南米のパリ。
美しい街並み、おしゃれな人々。
一瞬錯覚してしまうほどで
実は私も今朝までその南米のパリの
美しい錯覚をまた起こしていました。

朝のバス、それは満員でした。

私はいつものように一番後ろの席に座り
滅多に乗らない通勤ラッシュ時の光景を
観客のようなつもりで見ていました。

するとそこに現れたのが一人の若い女性。
穴のあいたTシャツとジャージ姿のその女性の後姿は
半分お尻が出ているような状態で
お尻の割れ目が見えました。

勿論そこまでは若い人が時々する
オシャレな??ズボンの履き方かなと
その程度に感じていたのですが
髪の毛はほとんど梳かしておらずそして
顔には怪我をしたのでしょうかガーゼで覆われ
まるで薬で朦朧としているているようにフラフラ
何かを独り言を話していて私の隣の女性などは
明らかに嫌な顔をしこちらを向いて反対を見ません。

ちなみに私の乗るバスはスラム街は通らないのですが
公立病院のある場所近くは通るので
多分その病院へバスを乗り継ぎ行くのでしょう。
その時驚いたことが起こりました。

そう、独り言を言うにしても
バスに普通に乗っているのかと思えば
突然彼女の前の席の男性に向かい
「座らせてちょうだい。」と
凄い大声で怒鳴り始めました。
勿論乗客の視線は皆彼女です。

そして座ったかと思ったらわずか5分ほどで
目的地に到着したのか降りて行きました。
ちなみに席を譲ったのは男性でしたが
隣の人も危ないと思ったのでしょうか。
一緒に席を立ちました。
一度に二人立つ必要もないのですが
隣に座ることを怖いと思うほどだったのでしょう。
(はっきり言って私は怖くはありませんでしたが
その大声の凄さに驚きました。)
それからその女性が降りるまでその隣の席は
満員バスであったにもかかわらず誰も座りません。

ここまで書くと、多分ブログを読んでいる人には
そんな人滅多にいないそう思うかもしれません。
そしてそれは偏見だというかもしれません。

でも、この光景は私が乗ったバスだけではなく
すべてのBsAsで見られるごく普通の光景なんです。
何度道を歩いていて危ないと思う人とすれ違ったか。
何度バス停で強盗に合わなければいいなと思ったか。
そして、何度高級住宅街のパレルモや
レコレータの素敵なレストランに入っていて
ここに強盗が入ってこなければいいなとそう思ったか。
『自分の身は自分で守る』いつも危険と隣り合わせで
そんな人が街の中に馴染んで歩いているのです。
そして小綺麗な格好でも
薬でラリってバスに乗っている人がいること。
そういう存在がいるということも
南米のパリは街の美しさですり替えてしまうのです。

私はアルゼンチン、BsAsが大好きです。
でも私も今朝の光景を見るまでちょっとだけ
気が緩んでいた気がしました。
そう、BsAsは美しい…
でも油断をしてはいけないのだと。
ふと思い出し改めて気を引き締めた私です。



 

   
ブログ村、ゆる~く参加していきます♪

にほんブログ村 海外生活ブログ アルゼンチン情報へ
にほんブログ村

★だからアルゼンチン、大好きです★
 ★ポチしてもらえたらとても嬉しいです★
先日からこのブログでも何回も書いているインフレ。
そしてそれだけではなく電気やガスなどの
政府の補助金が減額され300%とか600%とか
冗談のような値上げの話題が出る日々。
でも最近その冗談ぽい話題が現実になるのを感じています。

先週は色々な方に会う機会があったのですが
その中でも一番驚いたのは電気ではなくガスの値上げ。
彼女の話を聞いていたら、最初は220ペソだったのが
次のガスの料金の振込用紙はなんと350ペソ
そして先々月が一気に1800ペソになり
なんと今月来た支払用紙は2200ペソ!
二ヶ月に一回の支払なので半年でなんと丁度10倍
1000パーセントの値上がりで、驚いた彼女は
ガス会社に文句を言いに行ったそうです。
案の定、ガス会社は同じクレームの人で長蛇の列。
でもそこで並んで待ち事情を話すと
「値上がりしたからしょうがない。」と
そう係員から説明を受けたそうです。

「値上がりしたからしょうがない。」

どこかで聞いた言葉だと思ったら
以前お友達とランチをした時メニューを見て
料金もはっきり言って注文したのに関わらず
お会計時に料金が違っていて、文句を言ったら
「値上がったのよ。」と言われ
結局値上がりしたからしょうがないと
その料金を支払ったことがありました。

値上がったのよ、で済んでしまうことが
あまりにも恐ろしいのですが実際これから
ガスに始まり電気など値上がりは覚悟です。
まぁもちろん、我が家のように一ヶ月のガス代が
マクドナルドのビックマックより安いなんて
そんなこと有り得ないわけなので
しょうがない部分もあるのですが
一気に値上がるのはやっぱり恐ろしい、、、
先月ぐらいまでは序章でしたが
これからいよいよビックリさせられること
今から覚悟が必要な我が家です(笑)

 

   
ブログ村、ゆる~く参加していきます♪

にほんブログ村 海外生活ブログ アルゼンチン情報へ
にほんブログ村

★だからアルゼンチン、大好きです★
 ★ポチしてもらえたらとても嬉しいです★
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。