今朝アルゼンチンタイムの早朝に
大阪でスルガ銀行チャンピオンシップが
アルゼンチン代表リーベルプレートと
ガンバ大阪との間で開催され
アルゼンチン代表のリーベルプレートが
3点を獲得し優勝しました。

昨年はわが町Lanusのチームが参戦し
昨年の開催地柏まで電車に乗り
応援に行ったのに残念ながら敗戦。
試合終了後は最悪な雰囲気で
今にも暴動が起こりそうな様子。
そして帰りのバスの中でも
悔しさの余りガラスを叩いてしまうなど
(割れなくてよかった、、、)
アルゼンチン式の感情の表し方で
すぐ後ろに同乗していた私も
その荒れ方にちょっと怖く感じましたが
今年はアルゼンチンが勝ったので
今ごろサポーターの人たちは勝利の酒に
酔いしれていることでしょう。

リーベルプレートおめでとうございます!
そしてガンバ大阪、よくガンバった!

だけど1年って早いよね。
Lanusのサポーターの中に入り
応援していたのが昨日のことのようです。
本当は今年12月日本に行って
リーベルプレート応援しようかなと
密かに考えたのですが、どうしても来年は
免許の更新やら父の3回忌やらで
この時期位から100%日本にいるので
来年のアルゼンチンチームの活躍に期待して
今年は諦めようかと少し思っています。
アルゼンチンのチームよ来年もまた
応援しに行きたいので大変だけど頑張って~。





 

   
ブログ村、ゆる~く参加していきます♪

にほんブログ村 海外生活ブログ アルゼンチン情報へ
にほんブログ村

★だからアルゼンチン、大好きです★
 ★ポチしてもらえたらとても嬉しいです★
今日8月9日(日)はアルゼンチンは選挙の日です。
10月に行われる大統領選の候補者を選出するのですが
その他にも州知事や市長などその他の候補者も選出され
10月に本選が行われます。

というわけで今まで他人事のように見てきた選挙ですが
今年からBsAs市ではなくBsAs州に2年以上住んでいる
外国人に対しても大統領選以外の選挙において
投票権が義務として与えられたため
(投票の義務のある外国人は選挙関係のサイトで
名前がしっかりと記載されて出てきます。)
私も他人事ではなく、行かなくてはいけなくなりました。

噂では場所によっては大変な混雑ということで
私もあらかじめ投票場所、そして受付の番号
投票を行う際の私の整理番号など全てを
インターネットで調べてから行きました。

ちなみにアルゼンチンは投票所として使うのは
殆ど学校となっているので私も指定された
投票所(学校)に着くと案の定中は混み合い
投票場所によっては50人位でしょうか
順番が来るのを列を作って待っていました。
(とにかく受付も投票場所も決まっているので
そこ以外では同じ投票所の中でも投票はできません。)

半分ため息をつきながら係員に確認すると
私の投票場は外国人専用の場所らしく
すぐ前の別の場所に案内され着いてみると
中はガラガラ(おまけにとても綺麗な建物!)
思わず日本の投票所を思ってしまいました。

そして前もって指定された番号の受付に行き
身分証明書を出して自分の整理番号を言い
封筒をもらったらいよいよ投票です〜!

日本の選挙と違うのは、記載する必要がなく
四畳半くらいのお部屋に幾つかの政党の
(まるでチラシのような)パンフが置いてあり
好きなものを選んで封筒に入れればOK
写真入りのものもあれば文字だけのものなど
書けなくても難しいことは何もありません。
そして封筒をもって受付に戻り
立会人のいる前で投票箱に入れてその後
選挙をしたという証明書と身分証明書を
返してもらったら終了です。

又私は知らなかったのですが、この投票用紙
いいえ、投票パンフレットとでもいいましょうか
宣伝用パンフのような用紙ですが、選挙前でも
もし自分が好きな政治家がいれば用意したり
配っておけるので先日アイスを食べたお店でも
座ったテーブルに投票用紙が置いてありました。
その時は宣伝ぐらいにしか思わなかったのですが
何だろうと思っていたら、男性二人が「君たちは
これが必要なのか?」と聞くので「いらない」
と答えると、一言二言いいながら男性たちは
その用紙を持って行きました。

後で旦那に聞いたら、どうやらそのパンフの政党に
入れて欲しくないらしく持っていったようです。
なるほどね、私はその政党の人に入れるのかと
思っていたら、反対の政党の人は敵のパンフを見たら
持ち帰るのですね〜。

いやいや、初めての選挙はドキドキものでしたが
とても綺麗な所で、親切な事務員&立会人だったので
滞りなく終わらせることができました。
あとは自分の投票した人の結果を見るくらいかな。
とは言っても政治には全く詳しくないのですが(笑)

最後に話は変わりますが投票所は再会の場所
娘のママ友達や大きくなった娘の同級生など
懐かしい顔を見ることができました。
やっぱり幼稚園〜小学校、中学校、高校と
アルゼンチンは親子ともお付き合いが濃厚なの事
改めて痛感しました〜(笑)



 

   
ブログ村、ゆる~く参加していきます♪

にほんブログ村 海外生活ブログ アルゼンチン情報へ
にほんブログ村

★だからアルゼンチン、大好きです★
 ★ポチしてもらえたらとても嬉しいです★
ここ数日荒れ模様のお天気。
そしてすごい雷雨もあり
久しぶりにアルゼンチンパワーの
雷の音を聞きました。

そんな雷雨の音で思い出すのは
昔、日本からきたお知り合いを
ホテルまで送り届けたときの事。
(ちなみに私はガイドとしての仕事ではなく
メールで知り合って親交を深めた方など
時々ボランティアでBsAs旅行の
お手伝いをさせてもらう事があるのですが)

その時に先日のように雷雨が来そうな
そんなお天気模様になっていたので
到着された知り合いの方に

「今晩は飛び起きてしまうほど
すごい音の雷があるかもしれませんが
決して驚かないでくださいね。
BsAsではその雷は普通ですから。」

と前以てお伝えしました。

翌日ホテルにお迎えに行くと
その年配のご夫婦は

「いやー聞いておいてよかった‼︎
凄いですねぇ、BsAsの雷は。
日本のそれとはわけが違う!。」と
おっしゃられていました。

確かに凄いんです、アルゼンチンの雷

私も雷の音を聞くたびに
今でも驚いてしまいます。。。

と言う事で先日の雷も凄かった!
多分どこかで日本から来た人は
驚いているんだろうなと思う私です。
 

   
ブログ村、ゆる~く参加していきます♪

にほんブログ村 海外生活ブログ アルゼンチン情報へ
にほんブログ村

★だからアルゼンチン、大好きです★
 ★ポチしてもらえたらとても嬉しいです★
今月久しぶりに海上自衛隊の練習艦隊が寄港します。
懐かしい練習艦隊の思い出。

それは私がまだネットも使えず確か日系新聞で情報を得て
レティーロの先の港まで見に行った記憶があります。

そして道を間違えたために歩いたこと、歩いたこと。
どこまで歩けば船はあるの?と思いながら歩いて行くと
目の前に現れた大きくて迫力のある艦艇。
こんなすごい艦艇がはるばる海を航海をして
日本の裏側までたどり着いたんだと思うと同時に
BsAsに住むことに決めたのに後悔をし始めていた私。
日の丸が風でなびく光景を見て胸がいっぱいになり
できるなら一緒に乗せて連れて帰ってほしいと
大きな艦艇を目の前に一人涙した記憶もあります。

そしてそんな辛さも思い出に変わる頃
ブログを通して一通のメールが届きました。

あれから何年くらい経ったでしょうか?
また練習艦隊がやってくるらしく
それは海上自衛隊の男性の方からでした。

『自分の後輩が二人航海に出ているのですが
BsAsで休暇が少しあります。
その時に何かびっくりするような思い出を
作らせてあげたい。』ということでした。

もちろん私にとっては見ず知らずのブログを通して
メールをいただいただけの男性です。
そして(協力してもらえたらという事で)
お金をもらうなどのお仕事ではありません。
でも手紙を拝見しているととても後輩思いの方らしく
(かつユニークさもあった方なのだと思いました。)

たまたま当時は今ほど経済事情も悪くなかったので
私はお手伝いをさせていただくことにしました。
それからメールのやり取りをしているうちに
BsAsに入港する日がやってきました。

早速私は言われた通り後輩の方が乗っているという
練習艦に行き先輩の名前そして私が来た理由を話した所
最初は意味がわから無いようで『??』
信じられ無いという感じでした。
でも少しづつ納得されたようでとても驚くと同時に
先輩の粋な計らいに大喜びされていました。

それはそうでしょう。
自分の知ら無い土地で知ら無いおばさんから
先輩から頼まれて何処かにお連れしますと言われたら
びっくり仰天ジョークだと思うことでしょう。
それもその時まで何も言われてい無いのですから。

でも時間は少ししかありません。
私からしたら弟くらいの男の子たち。
もう昔の思い出なのでどちらにお連れしたか
場所がどうしても思い出せ無いのですが
唯一はっきり記憶に残っているのは
チョリパンがすごく美味しかったので
もう一度食べたいと言われた思い出があります。

それからレテーロ周辺のお店で
チョリパンを三人で頬張り
練習艦艇まで無事に送り届けました。

素敵な先輩だと思いませんか?
自分の後輩が船に乗って一生懸命練習航海をしている。
その海の上の毎日はとても厳しいものだろう。
だからこそ、何かびっくりすることをしてあげたい。
思い出も作ってあげたい。

その思いがメールにひしひしと伝わってきたので
私もお手伝いをさせて頂いたわけですが
大喜びして艦艇に戻られた二人を見て
本当にお手伝いをしてよかったと思うと同時に
日本に戻られてからもメールで
『後輩の二人がとても喜んでくれた。
素晴らしい思い出を作ってくれてありがとう』と言われ
その瞬間の光景を想像してしまったのは
言うまでもありません。

あれから何年経ったか?その日のことが
遠い昔になってしまいましたが当時は二人は幹部候補生。
もしかしたら今度は彼らの後輩が艦艇に乗って
BsAsに来るのかもしれません。

あの日の練習艦隊の思い出。
遠い昔の話ですが、彼らの胸に
いつまでも残っていてくれたら嬉しいばかりの私です。

 

   
ブログ村、ゆる~く参加していきます♪

にほんブログ村 海外生活ブログ アルゼンチン情報へ
にほんブログ村

★だからアルゼンチン、大好きです★
 ★ポチしてもらえたらとても嬉しいです★
今日は久しぶりにお墓参りに行きました。
アルゼンチンでは日本のようにお彼岸でなくとも
思い立ったらお墓参りをする人がとても多く
父の日、母の日などは庭園墓地は大混雑
お墓参りは車で行く人が多いアルゼンチン
入り口から出口まで長蛇の列ができることも〜。
それゆえ私たちも人出が少ない平日を選びました。

さて、アルゼンチンの墓地ですが豪華絢爛で有名な
レコレータ墓地のように歩いて回れる小さな墓地もあれば
チャカリータ墓地のように墓地内を循環バス(不定期)が
運行しているような巨大な墓地もあります。
そして多くの墓地にも共通するのは
日本のように墓石が建てられたお墓の他に
畳2畳から4畳半〜さらには巨大なお墓
(というよりはまるで一軒家の様であったり
お城の様であったり四角いお部屋の様であったり)
色々なサイズのお墓があるということです。

特に有名なのは先ほども書いたレコレータ墓地
その一つ一つにはお墓がなぜ作られたか
とても興味深い物語があります。

さて、そんなアルゼンチンのお墓ですが
旦那のFamilyのお墓も4畳半程度の
四角いお家のようなお墓なので
時々親戚の誰かがお掃除をしたり
メンテナンスをしたりしなければいけません。

というわけで、今日は私達もお墓参りを兼ね
お墓の大掃除に行ったわけですが
驚いたのは年々霊園は廃墟化していっていること。
レコレータ墓地のような墓地の場合は
管理費もお高いことからメンテナンスや
管理もよくとても綺麗にされているのですが
旦那のFamilyの墓地は庶民の霊園
夜になると霊園の門番はいるにしても
広すぎるので管理しきれないのでしょう。

それゆえ最近墓荒らしが多い様で
お墓の建物に飾りとしてかけられている
エンブラムや花瓶などことごとく盗まれています。

勿論我が家も同様でエンブラムや花瓶が
入り口のドアに掲げてあったのですが
いつの間にか盗まれて、、、さらには
誰のお墓かわかる様に書かれた苗字の看板も
全て持っていかれました。。。

ですから、それ以降は盗まれないためにも
エンブラムや花瓶は掲げないのですが
他のお墓も同様で皆盗まれた後でいっぱい。
見るも無残なお墓ばかりです。

私からしたら日本の様に火葬にせず
棺桶が置かれた状態が多い墓地ですから
夜中に人の墓の物を盗むなんてと思いますが
旦那曰く「死んだ人ほど安心な物はない。
俺ならここで一晩眠れる。」
という珍しい人も世の中に入るので
泥棒も同じ様に怖いもの知らずなのでしょう。

でも私が初めてお墓参りに来た1989年頃は
本当に綺麗な霊園で日本の両親が来た時にも
その美しさと、棺桶を8つほど並べられる
旦那のFamilyのお墓を見て日本との違いに
びっくりしたのを覚えています。

また泥棒の中には(墓地の中に宝物でも
たくさん隠してしまってあると思うのか?)
墓の入り口のガラスが壊されていたり
見るも無残なお墓もいっぱいありました。

あぁ、アルゼンチンは綺麗なのに
死んでも安心して墓場で眠っていられない
そんな墓地事情、困った物です。




 

   
ブログ村、ゆる~く参加していきます♪

にほんブログ村 海外生活ブログ アルゼンチン情報へ
にほんブログ村

★だからアルゼンチン、大好きです★
 ★ポチしてもらえたらとても嬉しいです★