上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 

   
ブログ村、ゆる~く参加していきます♪

にほんブログ村 海外生活ブログ アルゼンチン情報へ
にほんブログ村

★だからアルゼンチン、大好きです★
 ★ポチしてもらえたらとても嬉しいです★
いつから開通したのか忘れてしまったのですが
過去世界一(幅の広い)と言われた7月9日大通りに
メトロブスと呼ばれるバス専用レーンが誕生しました。






この通りができるまでは、それはそれは工事が大変で
朝夕のラッシュ時になると、車は大渋滞。
メトロブスというものがどういうものなのか?
言葉ではわかっていても体感しているわけではないので
工事中は文句を言う人も沢山いました。
しかし完成して日々利用している私にとっては
今までの在亜生活の中で1~2の感動で利用すればする程
あの大変だったセンター街への路線バスの道のりを思い出します。

パレルモ地区やベルグラーの地区の人には
さほど恩恵はないと思うのですが
ラヌースやバンフィルなどSurと呼ばれる地区の住民たちにとって
市内へのバスでの乗り入れは半端ではないほどの大変さでした。
その中でも私が頻繁に利用したラヌース⇄レティーロの
45番のバスなどは通る道、通る道がどこも大混雑
センター街から家に戻るまで大渋滞にはまると
快速バスでも2時間近く(又は以上)かかってしまったことも
それゆえ、Sur地区全体が通勤圏としては発展せず
避けられてきた理由の一つであったのも
事実のように感じられます。

しかしこのメトロブスのレーンが出来てから
状況は一変したような気がします。


・・・何せ早い!・・・


今まではセンター街の7月9日大通りに並行して走るバスは
停留所があちらこちらにあったのですが






写真のように今では全て7月9日大通りのメトロブスに集結
勿論そこまで歩かなければいけないという大変さはありますが
今までの地獄の通勤(それも日本以上の混み具合)から解放され
1番遠いレティーロ駅からラヌースまで快速バスを使えば
早い時は40分弱、そして混んでいる時でも
1時間程度で到着できるようになりました。

冗談のような話ですが、たとえこの僅かな時間の短縮であっても
どれだけ運転手と乗客にとって精神的ストレスを軽減させるか…
今まで普通で1時間半前後かかっていた通勤時間
そのストレスは半端なものではない気がします。

そしてメトロブスのお陰で通勤時間の短縮
更にはラヌースもベットタウン化してきました。

今までは治安が悪く汚い町ラヌースと言われ
多くの人から避けられてきた町ですが
最近では近所にラヌシーターと呼ばれる
お洒落なレストラン街もでき
駅周辺はラヌースの別世界とも言われるほど
警察官が沢山配置され場所さえあれば新築マンションが。
(勿論ラヌースのセンター街から離れれば
相変わらず治安はとても悪いのですが)
でも我が家周辺は26年前とは想像できないほど
快適になって住みやすくなり誰が来ても驚くほど
それゆえ新しい住人が増え続けているようです。

メトロブスの恩恵は、通勤時間の短縮
そしてそれに伴うストレスの軽減など
ありがたいことばかりですが
町まで変わってきたことにちょっと驚く毎日です。
 

   
ブログ村、ゆる~く参加していきます♪

にほんブログ村 海外生活ブログ アルゼンチン情報へ
にほんブログ村

★だからアルゼンチン、大好きです★
 ★ポチしてもらえたらとても嬉しいです★
スポンサーサイト
昨日今日とまたしても電車を使って移動しました。
金曜日はミトレ線。
パレルモからレティーロまでの旅です。

車窓は勿論汚い光景もあるものの
それでもほとんどが普通の光景。
そして高級住宅街のマンションも楽しめて
車内がとても綺麗なこともあり快適な電車です。

でも今日乗ったロカ線は全くの別物。
そう、コンスティトゥシオン駅から出ている
今のBsAsでは1〜2番を争う
汚いといわれる電車です。
(ですが間もなく新型車両も導入されます)

今現在はそのせいかもしれませんが
車内全体が危ない感たっぷり。
土曜日だったからかもしれませんが
お出かけをする家族連れは多かったですが
異様な雰囲気は隠せません。
というわけで今日は私の住む町から
ローマスデラサモーラまで乗ったのですが
電車に揺られながらふと思ったのですが
この電車には異常に物を売りに来る人が多い!
ミトレ線と比べたら比べものになら無いような…
その多さに本当に驚かされました。
ガムや飴類は勿論ヒット曲CDをはじめ
有名メーカーのイヤホーンやUSBメモリ。
それに文房具まで売りに来るのだから
混んだ車内は熱気で溢れかえります。

特にCDを売りに来た時には
CDプレイヤーごと抱えて
音楽を流しながら売りに来るので
車内はもうクラブ状態というのが正解。
頭がガンガンするほどのボリュームです。

でも毎回書いていますが、この電車は
なんて生活感があるんだろうと思います。
今日も乗っていたら知り合い同士が挨拶。
二言三言話した後「お前が先に売っていいよ!」
と相手に向かって言っているので
どうやら彼も車内の売り子のようです。
でも、相手の反応は。

「いや、今日は仕事じゃ無いんだ。」

土曜日なので彼はきっと休みなのでしょう。
何度そう言っても相手はお構いなし。
物を売り始め無い友人に対し

「それじゃぁ先に売らせてもらうよ!」と
すると相手はちょっと残念そうな顔をして

「だから今日は仕事じゃ無いんだ!
「今日はただの乗客なんだ・・・
乗っているだけなんだ・・・」と。

その今日は(お休みの売り子の)乗客の
「乗っているだけなんだ・・・」と
最後に語ったそのスペイン語の語尾が
ちょっとだけ寂しそうで、そして
その光景があまりにも人間臭くて
でもその会話を聞いたかとおもえば
隣の席ではごく普通のこ綺麗な格好をして
家族でボックス席でお出かけをしている
そんな幸せそうな光景を見ていると
この電車には色々な人間模様が
絡み合って生きている人が沢山いるんだと
ふと感じてしまいました。

ロカ線は、落書きも芸術家と思うほど
それはそれは個性のある落書きがされていて
乗る時には汚いし、車内は売り子も多く
乗っている人はミトレ線などと比べると
かなり違うということを感じます。
それゆえ、怖さも増してくるわけですが
でも先日も書いたように普通の人も沢山いる
BsAsを走る一つの電車であるだけ。

そして私もそういう方面に住んでいる以上
その全ても受け入れなくてはいけない
綺麗な町も、汚い町も、普通の町も…
BsAsの生活全てを感じている私です。

ブログ村登録しました〜
これからもよろしくお願い致します。
 

   
ブログ村、ゆる~く参加していきます♪

にほんブログ村 海外生活ブログ アルゼンチン情報へ
にほんブログ村

★だからアルゼンチン、大好きです★
 ★ポチしてもらえたらとても嬉しいです★
今日は旦那に付き合い
2ヶ所ほど郊外の町に行きました。

まず最初は日系人が沢山住む町





フロレンシオ バレラです。





写真はセンター街の様子ですが
お店が閉まっている時間帯だったので残念。
普段はすごい人混みで歩行者専用です。

ちなみにフロレンシオバレラの商店街は
以前もブログで書いた事がありますが
日系が多いため親しみやすい
ネーミングのお店がとても多いのですが
いつも写真を撮るのを忘れてしまいます。
またこの写真だけを見ていると
とても綺麗な町なのですが
実際は失業保険の支給日などはもう大変。
銀行の周りを2周位失業保険をもらうために
並ぶ家族連れが沢山、、、
そうです、決して忘れてはいけないのは
勿論市内でも同じような光景がありますが
ここのそれは市内の町とは違い
失業手当や生活保護を受ける人もとても多いのです。





そしてその後私たちは車を走らせ移動。
この道は、Calleと呼ばれる道ではなく
mejoradoと呼ばれる道です。

普段私たちはCalleという呼び方
又は舗装された道はパビメント
という言い方が一般的ですが
mejoradoとは田舎の砂利や土の道。
一応道として機能していますが
スペイン語で言うmejorよい~
何もないところに舗装も何もされていない
歩道も何もないけれど道らしくなっている
と言う意味合いも含んで
mejoradoと言われています。

そしてあちらこちらの
mejoradoと呼ばれるこの道を走っていけば
花卉業を営む日系の方の住む
キンタと呼ばれる家が数軒あります。

旦那は仕事の関係でこのキンタに
35年ほど訪れていて
私も結婚後は時間があるときには
ドライブ気分で便乗して行くので
この地は25年以上訪問しています。

今回訪日後久しぶりについて行ったのですが
毎回綺麗に咲いている花卉業や農家の方の
畑を見るたびに、遠く日本から来て
こうして成功している日系の方々を見ると
爪の垢を煎じて飲まなくてはと思えます。

そしてこの地を私なしで訪問する旦那に
「奥さんどうしたの?」
「連れて来なさいよ。」
とアルゼンチンの大先輩に言われると
ありがたいばかりです。






次の写真は、こちらも広い道に家が数軒
この家のあるこの光景もBsAsです。
市内ではありませんが同じBsAs。
そして写真では道は綺麗に見えますが
本当はゴミが沢山捨てられていて
裏には低所得層の家も沢山ありますが
みんな一緒に生きている。。。
市内の雰囲気とは全く違います。





更に最後に訪問したのは
サン フランシスコ ソラノという
バレラの近くにある町。

大きなアベニーダの両脇には





チェーン店もあり商店街が続きます。
ただ治安上はカメラを出すことは
少々心配なので車内からの写真ゆえ
上手に撮れていなくてすみません

でもこの町もバレラもみなBsAsなんです。
市内にいれば想像できませんが
このすべての光景ももう一つのBsAsで
私はこんなBsAsの光景も
みんなが一生懸命生きている気がして
本当の人間らしさが感じられて好きです。
 

   
ブログ村、ゆる~く参加していきます♪

にほんブログ村 海外生活ブログ アルゼンチン情報へ
にほんブログ村

★だからアルゼンチン、大好きです★
 ★ポチしてもらえたらとても嬉しいです★
ブログを再開するにあたって
過去のコメントを全て読み返していたのですが
コメをなど過去のコメントを拝読しているうちに
なんだかとても胸が熱くなってきました。

先日の電車の中での出来事もそうですが
すぐに感動し涙もろくなってきた私。
どうやら熱血漢おばさんのようです(笑)

ブログ村への登録もしてはあるので
ランキング参加も近いうちに・・・と
思っています。

これからどこまで続けるかわかりませんが
書けるところまで書いていきたいと思います。
何卒よろしくお願い申し上げます。


 

   
ブログ村、ゆる~く参加していきます♪

にほんブログ村 海外生活ブログ アルゼンチン情報へ
にほんブログ村

★だからアルゼンチン、大好きです★
 ★ポチしてもらえたらとても嬉しいです★
先日生まれて初めてコンスティトゥシオンという
ブエノスアイレスで一番危険と言われる駅から
我が家まで電車に乗って帰りました。

今まで旦那と二人で乗る事はあっても
一人で電車を使う事は不安を感じていたので
過去25年間一度も乗った事がなかったのですが
土地勘も危険度も熟知してきたこと
またサルミエント線なども乗れるようになったので
思い切って電車を利用してみる事にしてみました。
そう、26年目の初めての経験です。

勿論、日本の方には絶対に勧めません。
駅構内でカメラを出して写真を撮っている人を
時々見かけますが、絶対にしません。
そう、BsAsにはしても良い場所
してはいけない場所、そして熟知した感覚
その全てがなければ危険に遭わせてくださいと
自分から誘っているようなものなのです。
ですから、私も電車を利用するときには
もう一人の別人となり利用しています。

そんな中座って帰るためにまだ人が少ない
ホームに立って電車を待っていると
6歳位の女の子を連れた母娘がやってきました。
娘はお菓子を食べながらいつ来るか
あっても無い時刻表の電車を待っています。
多分母親は仕事帰りなのでしょう。
娘は仕事先のそばの学校に行って入るのかな?
リックとお弁当箱を持っています。

BsAsでは市内に働きに来るお母さんたちは
子供を越境入学させて働く人が沢山います。
そうやって自分の仕事を守るために
一生懸命働いているのです。
列に並んでいる母娘も同様なのでしょう。
二言三言話しをしましたが疲れているので
座って帰るためにいつ来るかわから無い電車でも
焦らず待っているとのことでした。

電車が出発するまでわからなかったのですが
コンスティトゥシオンから出る電車は
ラッシュ時には半端ではありません。
よく何処かの国で走っている列車の
屋根に乗っている人の光景を見ますが
この列車のラッシュは日本以上です。
勿論私は座って行きましたが毎日毎日
このラッシュの中みんな帰路につくんだと
疲れ切っている人たちを見ている私。
隣に座った家族連れの男性は
危険と承知でも熟睡状態。
私が降りる時に寝ているのにごめんなさいねと
声をかけたら良いんですよと答えてくれたけれど
疲れ切っている表情は隠せない。
これがBsAsの多くの人の現実なんだと
電車に揺られている人を見て思いました。
そして確かに彼らは一生懸命に生きているからこそ
怒りや憎しみも沢山抱えているような気がします。

最初私が乗っていたら憎悪の目で見る若者がいました。
どうしてこんなとっころに外人がいるんだよ!と
でも電車を降りる時に駅を訪ねて
あなたも降りるの?と聞いて初めて笑顔が。
そう、笑顔で話して普通のスペイン語を使って。
決して私は外国人だから違うのでは無い
だって私もあなたも同じ人間だもの。
それだけで少しだけど違うんです。

そしてこの電車に乗っている人はごく普通の人たち。
昔現地の(日本人では無い)上流の婦人たちが集まる
サークルに参加したときに経験したのですが
自分が住んでいる場所を語った途端
「すぐに引っ越しなさい!なんでそんな危なくて
危険なところに住んでいるの!」と
半分怒り口調で言われたことがあります。
勿論、他にも、私はそっちの方は知ら無いわと
その言葉の中にそっちがどんなところかと
何回も言われたことがあります。

でも、今日電車に乗ってわかったけれども
この電車には、引いてしまいそうなほどの
汚い格好をした人もいるけど、それとは反対に
とても綺麗な格好をしている人もいます。
普通の人が沢山。
でもなぜ、この電車を使うから
この駅を使うから、いつも事件が多いから
危ない人間のいる駅として危ない駅として
悪名ばかりが先に行ってしまうのだろう?
一生懸命に生きている普通に暮らしている人を見て
なんだか胸が熱くなる思いでした。
でもこれがアルゼンチンなんですよね。
私は大好きだよ。たとえどんな電車を使おうと
たとえどんなところに住んでいようと…
そう思ってしまった私です。

 

   
ブログ村、ゆる~く参加していきます♪

にほんブログ村 海外生活ブログ アルゼンチン情報へ
にほんブログ村

★だからアルゼンチン、大好きです★
 ★ポチしてもらえたらとても嬉しいです★
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。