上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 

   
ブログ村、ゆる~く参加していきます♪

にほんブログ村 海外生活ブログ アルゼンチン情報へ
にほんブログ村

★だからアルゼンチン、大好きです★
 ★ポチしてもらえたらとても嬉しいです★
先週はブログを更新しなかったので
今日は昨日までの一週間の薀蓄を色々。
何を隠そう先週は揺れ動いたBsAs。
まずは先日は最初18ヶ所と言われたデモが
最終的には22ヶ所(実際はもっと)で行われたり
又我慢が切れた国民たちも反政府集会を起こした。



ちなみに、私は一般市民による集会は別とし
ピケテーロと呼ばれる人々が行う集会は
(偶然に通ってしまった場合は別として)
そばで起きている時には近寄らないようにし
なるべく離れた場所に移動するようにしている。
そしてそんな私を日本から来た友人知人たちは皆
「心配し過ぎだよ、大丈夫だよ~」と言うけれど
先日の一般庶民による政府への抗議集会は
普通の市民に寄るものだから危険性は少ないにしても
俗にいうピケテーロと呼ばれる人々の集まりは
太鼓を叩いたり、マテを飲んで楽しそうだけど
そこにいる本人たちは至って本気であり
何処か気に食わなければ一発触発もあり得る訳で
サッカーのフーリガン達も同様で
楽しそうに見えたサッカー場の中でも
被害に遭うこと、危険は暗黙の了解なのだから
『大丈夫』と言う言葉で片付けるべきではなく
注意するにこした事は無い。



かなり昔の話だけど、ボカが日本に行った際
相手チームを応援していた日本人の若者が
ボカの応援団に威嚇する行為をした際
インチャと呼ばれるファンはその日本人の若者を
「後でイタい目に遭わせてやるからな」
と超本気で怒りだしハラハラした事があった。
そう、何故なら彼らは自分の愛するチームのためなら
命を落とす事だって出来る人たちだからである。
それゆえ、知らない人は面白そうに見えるけど
抗議集会で、サッカー会場で、いや、色々な場所で
一体何人の人が怪我をしたり亡くなったりしたか...
その事実を知っているから私は近づかないし
デモや抗議集会の種類を見極めなければいけない。



さて、そんな話は別として、今週は更に驚いたのは
ドルの為替が一気に変動を見せた。



アルゼンチンには政府の公定レートとブルーとか
ブラックとか色々言われているけど、もう一つの
ドルレートが存在する。
そして公定レートが動きを見せない中
そのもう一つのレートは確実に、敏感に反応し
昨年までは大きな動きは少なかった物の
1月から動き始めたそのレートは
先週では対公定レートとの差は80%上昇した。
(つまり、公定レートが1ドル約5ペソなら
もう一つは約9ペソになったと言う意味合い)



多分、私が書いている事は理解に苦しむと思うが
公定レートともう一つのレートが存在し
公定レートがほぼ不動に対し、もう一つは
日々変動していて、その動きがここ最近
活発化し、多くのエコノミストが語っていた
年末1ドル9ペソ台が前倒しになり到達した。
それゆえ先週1週間のその雰囲気は
まるで1989年1月末に私が到着した時の
あの空気に似始めてきて、テレビやラジオでも
そして街のざわめきまでもが、遠い昔の
スーパーインフレと呼ばれた時代を感じさせるが
最終的にはスーパーインフレは起こらなくとも
インフレは更に上昇し家計を圧迫すると思うが
実際の所、私には読む事が出来ない。




ただ、私の長い経験では、何時も訪日する前
つまり、夏になる頃や、夏真っ最中に
実際私が困る事が多かった様な気もするが
経済の動きだけは予想はしても断定は出来ないので
今回もいつ何が起きても不思議ではなく
アルゼンチンで生きてきた感を使って
動向を見抜いて行くというのが本当のところだろう。



1989年の時もスーパーインフレが起こり
スーパーでお買い物をしているとアナウンスで
「今から価格が10%上がります。」と流され
レジで並んでいる間にその品物何%ずつか上昇し
持っているお金が足りなくなったり、、、
まぁ、今回はそこまで行かないにしても
ジワジワとドルのレートが上がり始めているので
ドル生活者は別として国民には心配である。


というわけで、先週一週間も色々あったBsAs。
と言うよりも、まだまだ落ち着きを見せないけど
アルゼンチンは激動の時代を通り越しては
穏やかな一時がやって来るので、私の友人たちは
この時を通り過ぎれば、又静かに暮らせると
今の苦しみを感じながらも静かな日が来るのを
待ち続けている訳でストレスが無いはずが無い。



そしてお茶をするたびに、アルゼンチン人の
友人たちが口を揃えて言う「アルゼンチンは
大自然の宝庫だし、何でもある国なのに」と言う一言。
残念だと言う意味合いを含めて語るその一言だけど
私にはその一言の中に、いつの日かアルゼンチンが
素晴らしい国に変わってくれる事を信じていると
そう語っているように聞こえてならない日々である。
 

   
ブログ村、ゆる~く参加していきます♪

にほんブログ村 海外生活ブログ アルゼンチン情報へ
にほんブログ村

★だからアルゼンチン、大好きです★
 ★ポチしてもらえたらとても嬉しいです★
スポンサーサイト
今日も相変わらずバスのことや私の薀蓄話。


何時もの37番、私はこれまたいつものように
一番後ろの席に(指定席のように)座るんだけど
行も帰りもほぼ始発、おまけに通勤時ではないので
毎回乗るたびに『この時間だし、混んでこないだろう』
と思うんだけど、それは帰りも同様で
昨日など早めの帰宅ゆえ
バスが混んでいる『ハズがない』時間帯
なのに、昨日も期待は裏切られ
行も帰りもバスは超満員御礼であった。



特にひどかったのは帰りのバスで
始発から僅か10分足らずで超満員。
まだまだ終点には程遠いのに乗車口まで埋まっていて
バスが止まろうものなら、これ良しと一斉に皆が乗り始め
ドアを手で抑えて絶対に閉めさせない。
それが(先日も降車口から乗る女性の話を書いたど)
どうしても自宅に帰るための、一つの手段なのである。



その度に運転手は「次を待ってください」と言うけど
次も、次も、その次も今日もまた全てのバスは満員で
バス停にいるお客さんは皆そのことを承知しているので
乗車口のドアが開いたものなら絶対に乗ろうとする。



だが、そうは言っても、ヤッパリ無理は無理。
いつものごとく積み残しの乗客の列は
ドンドン長くなり
走行20分時点サンタフェ通りに到着した際には
列が10m以上になり乗せられないバスに文句を言っていた。



そんな光景を見ていたら、なんだか運転手が
一緒に目的地を目指す同志に思えてきた。
私は超満員のバスにノンビリ座っているだけだけど
それでも渋滞と彼らの怒る顔を見て過ごす。
運転手はひたすら目的地にたどり着くために走る…。
会社員でも、子連れでも、学校帰りの学生でも
そう、ある時はどんな状況の乗客を無視してでも…。



そして車内で120%以上の混みを耐え抜きながら乗る乗客。
日本のように、帰宅ラッシュではなくて
四六時中ラッシュ時のように混み続けるバス。
いや、今日乗った地下鉄も同様で驚いてしまった。
彼らこそが、本当に怒りたい人なんだろうなと思う。



いつも思うけれど、市内ではなくて郊外に住むと
一生見なくてもいいものや、知らないで済むことを
沢山、見たり聞いたり勉強させてもらっている。
それは今日のように大変な思いをして帰る人がいたり
市内から30分も行けば、目を覆いたくなるような
嗚咽の世界が沢山そこには存在することを…。
そして、それが殆どのアルゼンチン人の現実であることを
だからこそ、アルゼンチンを『素晴らしい!良い国だ』みたいに
簡単にその一言で終わらせてはいけないのだと認識する。
確かに私は大好きだし、楽しいし、私には良い国だけど
今はそれだけの言葉を簡単に吐いてはいけないのだと思う。



先日も私の仲良しのアルゼンチン人の
(何一つ不自由していない幸せな彼女が)
『何を与えられるの?彼に、彼女に。
私の子供、いえ私たちの子供の事を考えていたら
泣きたくなってきてしまった…。』とつぶやいていたけど
そのコメントの中に『私たちの子供達の未来への夢や希望を
幸せをどうして切り裂いてしまうの』と答える人も多く
頭脳の流出ではないけれども、また昔みたいに
経済的理由ではなくて別のことで優秀な人たちが
外に出てしまうのではないだろうか?と不安にもなった。



というわけで、今日はバスの中で運ちゃんが
そして車内では大変な思いをする人が、、、
いや、つぶやく友人を見ていたら友人が
その思いや行動は別としても皆が皆同志に見えてきた日。



良い事もあるけど大変な事もある…
でもね、みんな笑顔になりたい。
幸せに向かって頑張っている同志なのかもしれない。
 

   
ブログ村、ゆる~く参加していきます♪

にほんブログ村 海外生活ブログ アルゼンチン情報へ
にほんブログ村

★だからアルゼンチン、大好きです★
 ★ポチしてもらえたらとても嬉しいです★
今日は超下らないお話

ここ最近、私は何故か旅に執着?していて
二年前の韓国に始まり昨年のドバイ
今年のイギリス〜韓国〜そして国内と
更には昨日、一昨日と友人と二人
モンテビデオに行っていたんだけれど
何故こんなに旅に出たいかと言うと
元気なうちに動き回れるのも後20年位。
いや、でもそれは確実とは言えない。


そしてその20年間、年に二回旅しても
せいぜい訪問できるのは40ヶ所
わずか40ヶ所なのである。


そんな事を考えていたら
なんだか人生勿体なくて
娘も大きくなった事だし
普段から私の口癖どおり人生は一度
やりたいことがあるならば
そしてそれが可能ならばしてみたいと言う事で
暇ができて都合が付けば旅をしている。
(勿論、生活のベースも日本とブエノス
好きな時に好きなだけ行ったり来たり
生活拠点を二つ持った事も
旅行しやすくなった理由の一つだけど。)



ちなみに我が家は普段から夫婦ベッタリでもないし
子どもベッタリでもないし、程よい距離感がある。
良く半年〜1年近くも日本とか
私だけ生活拠点を二つにした事に
周りから驚かれることもあるけど
私たち夫婦の結婚する前から
今までの時間もいれれば25年以上。
その年月を考えたら長い小説の何ページであり
そして子育てが終わりつつある今だから
また(浮気している訳じゃないし〜笑)
夫婦だからいつも一緒にという形にこだわらず
いつか旦那も生活拠点を二つにする予定なので
今はお互い尊重しあって、したい事をしている。



そしてそんな私たちが最近よく出る話題は
娘が大学を卒業したら旅行は私だけではなく
夫婦で一緒にあちらこちら回る事。



ちなみに友人たちはみんな知っているけど
旦那はあまり感動がない人なので
旅行に行きたいと私は思わなかったんだけど
先日のんびりと話していたら
娘の大学が今年をいれて3年、晴れて解放されたら
今度はのんびりと夫婦で旅でも含めて
色々楽しみたいと考えているという。
それゆえ今のうちに下見をさせてくれているのかな?
私を旅に出させてくれている。


それにせっかくの一生だもの
旅だけではなくて、もっと色々見聞きしなきゃ。


勿論娘も同様で友達とMACでお茶したり
友達の家に遊びに行ったり近場を旅したり
そんな人生もイイけれど、それ以上に
世界中あちらこちら楽しんで欲しい。
私が若い頃この国に憧れて来たように。


だけど娘には時間があるけど
人間の元気なうちはあっという間。
私がここに来た24年も
十年一昔あっという間だったもの。

と言うわけで、今年の冬はBsAsに残り
久しぶりにこちらの冬を楽しもうと思う私
冬は嫌いなんだけど、今年はここに居たい。
そして夏が終われば又日本。
来年は日本の桜が見てみたい。
勿論ままだまだ旅に出たいし今以上に
色んな事に興味を持ち続けたい私

突っ走り続けたい気分です。





 

   
ブログ村、ゆる~く参加していきます♪

にほんブログ村 海外生活ブログ アルゼンチン情報へ
にほんブログ村

★だからアルゼンチン、大好きです★
 ★ポチしてもらえたらとても嬉しいです★
実は今日センターに出かけ、その後旦那と合流した私
帰り道レティーロ駅まで出てみると駅前は大混乱!
どうやら町の環境整備をしているらしく駅前だけでなく
世界一広かった7月9日大通りも同様で車線が減少
行きのバスもそうだったけれど町中が大変で
大混乱になっていると言った方が良いようである。



そこで頭をよぎったのは『これでは家につくまで
(おおげさだけど)何十時間かかるかわからない』という事で
そこで過去に3~4回しか乗ったことのない地下鉄で
レティーロ駅からコンスティトゥシオン駅まで移動
そしてその後、こちらも24年のアルゼンチンライフで
2回目であろうコンスティトゥシオン駅からラヌース駅までを
汚くて危ないと言われるロカ線に乗って家に戻った。



確かに、ロカ線はとても汚く、信じられない車内
でも最近の地下鉄だって同様で座るにも気が引けるほど
それゆえどっちもどっちという気がするのだが
驚いたのはレティーロ駅からラヌースまで僅か30分!
待ち時間いれて30分で駅から家まで5分だから
最終的に移動時間が何と35分で済むということがわかった。



『ひぇ~ラヌースはセンターからこんなに近いのね』
コンスティトゥシオン駅からなら何と12分で着くなら
フロリダ通りからなら多分25分程度!
乗り継ぎがよければセンターは超近いのである。
だから最近はすごい勢いでマンションが建ち並び始め
レストラン街が近所にでき、バスも異常に混むんだ!



いやはや、今までセンターへ行くのに1時間以上も見て
早めに家を出ていた私は何だったんだろう
おまけに家に遊びにきてもらった時にも
わざわざバスで来てもらっていたし。。。



ちなみに超危ないと言われるコンスティトゥシオン
ただ駅の構内に関しては、意外と綺麗でビックリ。
聞いたところによると、駅の構内はお巡りさんが多いらしく
普通に使う分には(スリなどは勿論多いけれども)
十分気をつければ問題はないらしい。


ただ、危ないのは駅の外で構内はおまわりさんが多くいても
駅から一歩外へ出たら、それはやっぱり別世界。
それゆえ乗り換えなどは問題なくとも『お買い物』は×
と言うわけで、コンスティトゥシオン駅が
思ったより乗り換えも楽だし使い勝手が良くてビックリ~
ただ地下鉄&電車だと交通費がお高くなるのがネックで
それだけがクリアできればなぁと思う私~
あぁ、なんともケチな私です(笑)
 

   
ブログ村、ゆる~く参加していきます♪

にほんブログ村 海外生活ブログ アルゼンチン情報へ
にほんブログ村

★だからアルゼンチン、大好きです★
 ★ポチしてもらえたらとても嬉しいです★
今日もまた友人と楽しいランチをし
帰宅時地下鉄に乗ろうとしたら
改札口で地下鉄が突然止まったと
アナウンスが駅の構内に響いた。

それゆえ急いで地上に出るとラッキーなことに目の前に
乗り換え地まで行くバスが止まっているではないか。
混まないうちに飛び乗りホッとしていると
次から次に乗るわ、乗るわ、異常な混み方で
車内では多くの人々が携帯で『地下鉄のおかげで、、、』
そう、みんな誰かに文句を言っている。

そんな人々の話を聞いていたらクン クン クン

『わが町行きのバスもきっと混みそう…。』

と言うわけで我が家へ向かうバスへの乗り換えは
いつもは始発一つ手前の停留場で乗る私だけど
今日は始発まで戻った方が良いと判断!
一停留場分をトコトコと歩いて始発まで行った。

すると案の定、いつもなら空いているのに
そのガラすきである停留場は今日は珍しく人ごみが。
どうやら帰宅ラッシュ時なら1分間に2~3台?
立て続けにくるバスなのに道路が混んでいるのか?
珍しくバスが来ていないようで列ができてきた。

そして案の定、やってきたバスはすぐに満員御礼。
帰宅途中走行中の横のバスも、後ろのバスも
私が乗る37番のバスが偶然にも4台一緒に走っているのに
車窓から覗いてみると皆ギュウギュウであった。

話は変わるけど長くBsAsに住んでいると、何かにつけて
想像をしながら感覚で行動をしないと大変な目に遭う。
それは目で見て耳で聞いて空気を読み感じ
自分で何か行動を起こさなければならないわけで
今回も地下鉄が止まったと聞いたならば
バス停に人が集まる前にすぐに目の前のバスに乗り
人々の反応と道の込み具合を見て何をするか判断。
そうすることにより私は自分へのストレスを
自分自身で軽減することができ超満員のバスも
ラッキーなことに座って帰ることができた。

(ちなみに地下鉄に乗っていた人は途中下車
線路を歩き最寄り駅から外に出たそうである。)

と言うわけで、先日も書いたかもしれないけれど
BsAsで暮らすには動物的感覚も必要なのかもしれず
私もしばらく東京にいたせいか、その感覚を失い
今現在色々なことでストレスがかかっているけど
ここで生きていくにはこんな感覚も必要
改めてこの町の生き方を勉強した私である。
 

   
ブログ村、ゆる~く参加していきます♪

にほんブログ村 海外生活ブログ アルゼンチン情報へ
にほんブログ村

★だからアルゼンチン、大好きです★
 ★ポチしてもらえたらとても嬉しいです★
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。