上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 

   
ブログ村、ゆる~く参加していきます♪

にほんブログ村 海外生活ブログ アルゼンチン情報へ
にほんブログ村

★だからアルゼンチン、大好きです★
 ★ポチしてもらえたらとても嬉しいです★
いよいよ夏休みも終わり
娘が新学期の手続きに行ってきた。

そして、そう、覚悟はしていたけど
学費が40%程値上がりをしていた。

例えば昨年まで1万円だったとしたら
今年は1万4千円…そんな感じで
日本から戻ってきたばかりの私には
信じられない値上がりと
これじゃぁ日本の大学に行っても
さほど変わらないんじゃないかな?
と、思えてくる始末である。

まぁ我が家は一人娘だから救われるけど
本当にびっくり仰天である。

そして健康保険料も同様で、こちらは
学費に比べれば少ないものの20%
それでも金額にすればやはり大変で
こんな値上がりが一年に何回かあるから
今年のことだけを考えても
ため息が出るし、娘の卒業までの
あと数年を思ったらもっと恐ろしい。

まぁ学費、健康保険だけではなくて
全てがすべて、そんな感じなので
しょうがないと言えばしょうがないけど
今年もインフレ然り、家計は大変だー!

何処かに逃げ出したくなる私です。
 

   
ブログ村、ゆる~く参加していきます♪

にほんブログ村 海外生活ブログ アルゼンチン情報へ
にほんブログ村

★だからアルゼンチン、大好きです★
 ★ポチしてもらえたらとても嬉しいです★
スポンサーサイト
今回はさほどひどい時差ぼけも無く
着々とBsAsの生活に戻りつつある日常
そして昨日まではノンビリとなんて
そんな言葉を使っていたけど
でもそんな日常の中でも
やっぱりTVを見ているとため息が。

戻って来る前から聞いていたけれど
やっぱり治安は悪いらしい。

テレビを見ていれば
私の大好きなパレルモ地区が
今は強盗、泥棒の無法地帯らしく
特集を組んでまで放送されていたし

ここ数ヶ月前から犬まで
転売目的に誘拐されるらしく
あちらこちらで『愛犬探し』のビラが貼られ
こんな庶民の町でも数枚見かけた。

一昔前は子供を一人で歩かせる事や
自転車に乗って友達宅に遊びにいかせるとか
日本ではごく普通に暮らしていける
子供の生活を四六時中心配していたけど
今ではその危険が子供たちだけではなく
愛犬にまで及ぶようで、今日も散歩に行っても
散歩しながら四方八方見ながら歩くので
わずか30分位の散歩でさえ疲れてしまった。

そして街を歩きながら思うのは
なんでこんなに美しい街なのに
ドバイやイギリスにも引けを取らない
そんな美の要素を沢山持っている街なのに
治安だけが追いつかないのが残念で
これがただ観光に来ただけとか
町を理解する必要なく住むだけなら
素晴らしい国、美しい国でBsASを
100%堪能できるのに、ニュースを見て
街の張り紙を見ては心を痛め
いらない所にまで神経をピリピリさせ
これから過ごしていかなければ行けない事に
辛いと思うと同時に残念に思えてしょうがない。

そして平和ボケに別れを告げ
又いつもの日常が始まる訳だけど
人間は何処にいても良い事もあれば
悪い事も沢山あるし
辛い事、苦しい事、喜怒哀楽は存在する。

だから、これから始まる毎日も
1日いちにち色々な事があるだろうけど
私はそんな毎日を受け入れながら
日々を大切に過ごしていきたいと思う。

という事で、全てを受け入れ
ブエノスアイレスにこんにちはです。



 

   
ブログ村、ゆる~く参加していきます♪

にほんブログ村 海外生活ブログ アルゼンチン情報へ
にほんブログ村

★だからアルゼンチン、大好きです★
 ★ポチしてもらえたらとても嬉しいです★
早い物で日本滞在も終わり
又ブエノスアイレスに戻ってきた。

高齢の父も滞在中は何事も無く
無事でいてくれたので安心だけど
私自身いつ又すぐ戻るか解らないので
今回のBsAsも落ち着かない気がするけど
それでもここにいる間はノンビリしたい。

さて、そんな日本滞在で感じたのは
やっぱり、毎回しつこく書いているけど
住みやすいという事。
昔若い頃は「日本は住みにくい
日本は暮らしにくい、、、」
なんて日本否定論みたいな事を
言っていたのだけど年を取ってみたら
段々最近はこれからの人生への不安
恐ろしさなども感じ始め
アルゼンチン大好きといいながらも
一生を終えるには、、、という
良い所と悪い所を又今回も冷静に感じてきた。

特に昨年~今年にかけて
ドバイを始めイギリスや韓国と
機会があれば足を伸ばしてきたのだけど
そんな旅で感じたのは、どこに行っても

『ブエノスより物価が安い事』

あのドバイの高級モールで
コーヒーを頂いた際も
大きなコーヒーカップで飲んだのに
お会計はブエノスより安くビックリしたし
イギリスでお食事をした際も
ブエノスに比べるとという金額で
どうしてアルゼンチンの物価は
想定できない状態になるんだろうと
不思議な気持ちなった。

そして、そんな中久しぶりに
訪日して2ヶ月滞在した娘と
色々話す機会があったのだけど
中学時代、子供の頃とは違って
二十歳の彼女から見た日本は

『日本にいれば夢が叶う』
という言葉であった。


多分それは2ヶ月の滞在の間
好き勝手、自由に動ける自分
そして治安の良さいう
守られた安全のおかげで
自分が束縛されない事を感じたのであろうけど
それと同様娘が見た物、感じた事は
同じ24時間を生きているのに
人生の濃さが違うのではないかということで
イギリスや韓国を旅行した際
あまりにも多くの学生や若者たちが
楽しそうに世界を旅する姿を見て
日本という国は普通に働いて
普通に貯金をして普通に生きていけば
自分が旅したい夢も叶うし
欲しい物にも手が届くという現実を
垣間みたせいかもしれない。

だからこそ同じ24時間の価値に疑問を感じ
『仕事が苦しい生活するのが大変』
だけどその言葉が意味するのは
日本だけではなく世界中何処も同じ
生きていくのは何処にいても大変な事
でも同じ24時間を生きているのに
こんなにも自分の人生とは違う人生を
他の人は歩んでいるのだと感じたようで
最後に娘の口から出た言葉は

「何故ママはこの国を選んだの?
どうして他の国を選ばなかったの?」

と、私自身は若い頃に感じる事が出来ない
感情を経験したようで驚いた。

でも今回の娘の訪日はある意味
人生には色々な生き方があり
知らないで満足する人生
知って後悔する人生
知ったから自分を変えていく人生等々
自分の選択は自分でしていかなければと
気持ちの持ちようを変えてきたようで
彼女にとっては良い勉強になったと思っている。

え?私ですか~
私は住み易さは別としても
又さっき書いた
心配や不安もあるけど
どっちの国も大好きで
難しいチョイス…
ただ今は
アルゼンチンを楽しみますー!
 

   
ブログ村、ゆる~く参加していきます♪

にほんブログ村 海外生活ブログ アルゼンチン情報へ
にほんブログ村

★だからアルゼンチン、大好きです★
 ★ポチしてもらえたらとても嬉しいです★
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。