我が家は時々無性にコミーダチャタラと呼ばれる
ジャンクフードが食べたくなることがある。

ちなみにその代表的な例がハンバーガーなんだけど
私と娘はマック、旦那はバーガーキングが好きである。

それゆえ先日も突然お夕飯にマックと言うことで
我が家から5分のところに買いに行ったのだけど
(いつものことだけど)価格を見て『これがマックの
価格と言えるのだろうか?』と思ってしまった。

日本からアルゼンチンに来てマックに入った人なら
わかると思うのだけど日本のマックの価格と比べると
何一つ取っても結構高く子供用のハッピーセットでも
日本より平均給与は少ないくせに600円程度している。

さて、そんなマックであるが、我が家は毎回ほとんど
ビックマックのセットを頂くことにしている。

『えっ? ビックマックのセットって
アルゼンチンではメニューにないはず…』

と読んでいて思う人もいると思うのだけど
実はこのセットはちゃんと存在するのである。
ただ入り口にある写真入りのメニューには無いだけ
レジの横にある小さく書かれたメニュー表に
その私の大好きなビックマックは書かれていて
裏メニューでは無いけれどオーダーすることができ
価格もセットの中では一番安いのでは?と思う。

何故?と思ってしまう人もいるかもしれないが
(と言うより私もその一人だったんだけど)
どうやらエコノミスト誌が発表するビックマック指数
この統計の恩恵を受けてお安いようである。

私もそれまでは知らなかったのだけど

詳しくはこちらから

この↑ページをみると世界数カ国のビックマックの
価格についての統計が出ていて知ることができる。

どうやらビックマックの価格は各国の通貨の
購買力を比較するものと書かれているのだけど
アルゼンチンの場合、このビックマック指数のために
破格(に安く)してあるのではないかというのが巷の噂。

実際マックに行けばビックマックの価格で
似たようなセットは何一つ食べられない様になっている。
だからある意味我が家にとっては嬉しい価格なんだけど
そうするとビックマック指数でアルゼンチンの
購買力を比較するためのエコノミスト誌の情報は
アルゼンチンでは意味をなさない気がする。





ちなみにマックでビックマック並のセットを買うと
40ペソ前後するのだけどビックマックなら22ペソ
その差18ペソは家族で食べる場合には大きいよね。
(ちなみに今現在1ペソは19~20円くらいかな)
だから大体ビックマック以外の価格自体は
日本と同じくらいかちょっとお高い程度だけど
平均給与はずっと下の国ゆえ、ここではマックも
ジャンクフードではなくてご馳走になる家もある。

と言うわけでありがたやエコノミスト誌さん~
我が家がマックに行く時には表のメニューにはない
ビックマックだけを毎回おもに注文し

『マックの裏メニュー』

と勝手に呼ばせていただいています(笑)
 

   
ブログ村、ゆる~く参加していきます♪

にほんブログ村 海外生活ブログ アルゼンチン情報へ
にほんブログ村

★だからアルゼンチン、大好きです★
 ★ポチしてもらえたらとても嬉しいです★
スポンサーサイト
今朝もMacでクロワッサンとコーヒーでモーニングをしながら
現地紙を読んでいたら、明日は動物の日という事で
犬を扱った記事が写真入りで2ページにわたって載っていた。


先日も同様で朝のラジオ番組でやはり犬だけを扱う
ホテル&スパがコルドバ州の方にできたとのことで
もしかしたらまもなくこの国にもマスコット(犬)ブームが
日本じゃないけど、やってくるのではないかな?と思った。

ちなみに記事に載っていた女性は日本の犬オタクのように
犬のための出費なら惜しまないような事を話していて
その犬は綺麗なお洋服とリボンをつけていた。

確かに先日も車窓から一匹の犬がプレタポルテ?
と思えるような洋服を着て飼い主と一緒に散歩していたし
旦那も犬の可愛い洋服が日本で買わなくても
ネットで販売されているよと私に教えてくれたり。

それだけではなくて行きつけのカフェでも
私が犬好きであることを知っていて、店のお客さんの一人が
犬も入れるレストバーを開店したいので
一緒に共同経営しないかって誘われたっけ。

ちなみに参考資料として載っていたのは、犬を飼うと
12年生きたとして生涯かかるのは大体US15,000ドルだそうで
決してお安い金額とは言えないけれど、これがもし
子供一人を(18歳まで)育てるケースを考えた場合
何とUS103,000ドルからUS410,000ドルかかるそうなので
それを考えたら(と言うより人間と比較するのも凄いけど)
差ほど高くはないような意味合いの文章が書かれていた。

確かに子供一人を育てるのってすごいお金がかかるんだよね。
もしかしたら日本とさほど変わらないかもしれない?
マスコットにかかる出費より子供一人にかかる額を
こうして数字に表されると自分もしてきただけに
そちらの金額にビックリしてしまったけれど

でもね、犬って本当に家族なんだよね。

私は昔から犬が(と言うより動物が)大好きで
ドラマに出てくるような、旦那がいて子供がいて
海辺でワンコと散歩するシーンが夢だっただけに
海辺はバカンスの時しか散歩できないけど
でも犬のいる生活が叶っただけに幸せかもしれない。

後は娘は大きくなったので老後はノンビリと
旦那と愛犬と暮らして行きたいと思っただけに
(旦那は犬は所詮ペットなんだよと言うけれど)
私は犬にお金をかける人の気持ちもわかるような気もする。

というわけで最近はペットオタクが増えてきたBsAs

我が家もマンションの住人から犬を連れていないと

「今日はおたくの赤ちゃんはどうしたんですか?」

と聞かれるほどの犬オタクゆえ
少しはこれで目立たなくなるかな(笑)





ちなみに写真は野良犬でも近所の人たちが
大切に見守って世話してもらいながら暮らしている光景
どんな犬でも大切に世話してもらえるのが
一番幸せな犬の生き方なのかもしれず
この犬も一生穏やかに暮らせたらいいなと
又ペットブームで少しでも野良犬たちにも目がいくと
ありがたいなと思うばかりの私です。
 

   
ブログ村、ゆる~く参加していきます♪

にほんブログ村 海外生活ブログ アルゼンチン情報へ
にほんブログ村

★だからアルゼンチン、大好きです★
 ★ポチしてもらえたらとても嬉しいです★
私は車で良く外出をし、沢山の町を見てきたけれど
その都度、この町は住人の愛着心がある町か?
それともあまり愛着心がない町かを垣間見る事ができる。

今日はサニシドロと言う町に行ったのだけど
この町は昔から何度足を運んでも感じるのは
住人たちが、とてもこの町を愛してるんだなと言う事である。

それは駅前商店街一つ見ても感じるのだけれど
わが町にも同じ様に商店街が続いているのに
ゴミ箱あれど歩道はいつもゴミで一杯である。

しかし、この町には同じ様に人は沢山歩いているのに
断然ゴミの数は少なく、かと言ってゴミ箱が多い訳でもない。

多分それは住んでいる人達が町を綺麗にしようという
そういう認識があるからではないかなと感じる。

それゆえ駅周辺には交通整理の係員もいるんだけど
他のどこよりも働いていているのでヤッパリなと思う。


勿論「住んでいる人たちの教養の違いでしょ?」
と言ってしまえばそれまでなんだけど
でも私が考えるのは一概に教養だけとは言えないと思う。

と言うのは、私は良く車でブエノスアイレス郊外の
スラム街に隣接した道を用事で通ることがあるんだけれど
そこにある公園は、設置されてから何年も経つのに
子供の遊ぶ遊戯具はいつ通っても綺麗で壊れていたり
落書きがされているのを見たことがない。
そして又公園にゴミ自体落ちているのも見たことがない。
それゆえここがスラム隣接じゃなければ
犬を連れてきてノンビリしたいような公園である。

これがたまに通る所なら『そういう日』かもしれないが
良く通る場所だけに、公共の物を大切にする心は
高級住宅街であろうと、スラム街であろうと
又教養があろうが、無かろうが住んでいる人の
町への愛着心にもよるんじゃないかと感じる。

というわけで今日は町の愛着についての薀蓄。

え?私の町の愛着心?

実は最近まで自分の住んでいる町が大嫌いだった私。
でも、お買い物をしている時に挨拶されたり
バスのチケット売り場に向かい歩いている時
(駅前だから小銭がなくとも、またSubeがなくとも
チケット売り場で普通に路線バスのチケットが帰るのです。)
それゆえ、そこのチケット売り場のおじさんが
私がセカセカしながら歩いているのが見えると
チケットを用意して微笑みながら待っていてくれたりすると
この町も悪くないかもと最近になって思えてきた。

そう、アルゼンチンを段々大好きになってきたように
私は町にも愛着が生まれてきたのかもしれない。
 

   
ブログ村、ゆる~く参加していきます♪

にほんブログ村 海外生活ブログ アルゼンチン情報へ
にほんブログ村

★だからアルゼンチン、大好きです★
 ★ポチしてもらえたらとても嬉しいです★
先日からすこぶる寒いBsAs
いよいよ風邪の季節かと思っていたら
風邪より先に口内炎ができてしまった。
それも1個ではなくて2個も~
1つだって痛い口内炎だけに口中が辛く
お友達とランチをしていても上手く話せず
また今日のランチでフライドポテトを食べたんだけど
揚げたてを持ってきてくれたこともありまるで火傷状態
大好きなミラネッサとフライドポテトを頼んだのに
レストランで楽しい食事ができない辛さを感じた。

そして夕方になっても痛みが収まらないので
ワンコの散歩がてら薬局に行き口内炎用の薬を買った。

ちなみに処方箋なしで買えるアルゼンチンの薬でも
意外と効果がすぐに出るものが多い気がする。

と言うのは熱が出た時の解熱剤は39度近くあっても
薬を飲めばすぐに37度位まで戻り元気が戻るし
鼻が詰まって死にそうな時でも、どこでも薬局なら手に入る
鼻詰まり用の薬を飲めば30分程度で収まる。

また最強なのは、私は超偏頭痛持ちなんだけど
どんなにガンガン痛くて辛くても半錠飲めば
すぐに頭痛から開放してくれるものもある。
ちなみに何故半錠かというと、一番最初に一錠飲んだら
すぐに良くなってくれたんだけど、効き過ぎて
目までなんだか急に良く見えてきてしまうほど。
多分脳への作用が強いんじゃないかな…
それゆえ、それ以降は半錠飲んでいるんだけど
半錠でも辛い頭痛にもバッチリ効くほど。
最強の薬が沢山ある(但し時間がくると効果が消える)

と言うわけで今回は日本から口内炎の薬も
用意してきたことはしてきたのだけどあまり効かず
それゆえ薬局で処方箋なしの口内炎の薬を買ったんだけど
つけた瞬間は『痛い!痛い!』泣けてきそうなほどの激痛!
でもこちらもやっぱりアルゼンチンの薬みたい。
その後痛みが半減してきた。

ちなみに説明書では1週間で治りますと書いてあるけど
この薬を1週間つけても治らないなら半端じゃないね。





と言うわけで今日の一枚はこちら
試しに買った薬、、、結果は後日です!
 

   
ブログ村、ゆる~く参加していきます♪

にほんブログ村 海外生活ブログ アルゼンチン情報へ
にほんブログ村

★だからアルゼンチン、大好きです★
 ★ポチしてもらえたらとても嬉しいです★
昨日、この連休はロサリオだ~と書き
早速情報を調べ、つい先日ロサリオに旅した知人に
旅行情報を伺ったら、すっかり忘れていたここの治安。
連休だし、ノンビリ旅行が良いかもなんて日本の話。
そうだった!日曜祭日は繁華街といえども
場所によってはお店はしまっている所が多いし
おまけに人気が少なくなり何時もならOKな場所でも

『お休みの日はねぇ…』という

そういう現象が起きることを、すっかり忘れていた。

おまけにロサリオの町もBsAs同様
グラン ロサリオと呼ばれる
巨大スラムが形成されていて
注意が必要だった事を思い出した。

知人からの情報で、うっかり眠っていた
BsAsでの常識を思い出した私、、、
日本の感覚が抜けていなかったのである。

最近では有名な観光地でも安全とは言えないし
一人旅はやっぱり平日、人気がある日が基本

と言うわけで連休は予定変更した私です…。
 

   
ブログ村、ゆる~く参加していきます♪

にほんブログ村 海外生活ブログ アルゼンチン情報へ
にほんブログ村

★だからアルゼンチン、大好きです★
 ★ポチしてもらえたらとても嬉しいです★