上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 

   
ブログ村、ゆる~く参加していきます♪

にほんブログ村 海外生活ブログ アルゼンチン情報へ
にほんブログ村

★だからアルゼンチン、大好きです★
 ★ポチしてもらえたらとても嬉しいです★
今日はバスに乗ったんだけど
完全に集会Day

何時もならスイスイと行く
高速も途中から大渋滞で
前後左右動かないほど…
それゆえ遅刻覚悟で
バスに乗っていたのだけど
驚いたのはバスの運ちゃん
突然ドアを開けて
降りて後ろの車に
一言二言話して
戻って来たと思ったら
バスをバックし始めた、、、

『チョット待ってよ!
大渋滞の、それも高速』

中には立ち上がって
『マニオブラ』
(テクニックの事)と呼ばれる
その切り返しをする
ハンドルさばきの凄さに
感心する物もあれば
珍しく当たった冷房車ゆえ
ノンビリ昼寝と決め込む人も!

勿論私は後部座席だったので
バスが衝突しないかを祈るのみ

だけど流石!!

大渋滞の中の小さな空間を
有効的に使い、何とバスは
バックをする事に成功
そして丁度すぐそばにあった
高速出口から降りる事が出来
私達はどうにもならない
その渋滞に引っかからず
高速を離れた。

しかし、はっきり言って
凄い、凄すぎ!

過去にも高速をUターンは
経験した事があったけど
大渋滞の中で切り替えして
バックをする技は初めて!

さすが路線バスの運転手さん
超脱帽物である。
 

   
ブログ村、ゆる~く参加していきます♪

にほんブログ村 海外生活ブログ アルゼンチン情報へ
にほんブログ村

★だからアルゼンチン、大好きです★
 ★ポチしてもらえたらとても嬉しいです★
スポンサーサイト


今日は市のカーニバルが
行われると言うので
出かけて見たのだけど
時間が早かったのか?
カーニバルではなくて
ショーが行われていた。

私自身は楽しみにしていたので
半分ガッカリしていたのだけど
やっぱりアルゼンチン人は
踊るのが好きだね!
若い人だけではなくて年寄りも
音楽が始まると体を揺らし始め
中には良い年した老夫婦が
音楽に合わせて踊っていた。

もしこれが日本なら?と
考えるなら60~70歳前後の
おばさんがSMAPの曲に
体を揺らしながら
踊り始める様なもので
絶対に顰蹙を浴びるのは
間違えないと思ってしまった。

そう、日本では『いい年して』
と言う言葉が存在するからだ。

踊りについて考える時
日本とアルゼンチンの違いを
言うならば、断言できるのは
『子供の頃からの習慣の違い』
である。

娘を育てたからわかったけど
この国は小さい頃から
何かといえば 『踊る』

それは幼稚園時代からの
お誕生日会であったり
何かのパーティであったり
人が集まってお祝いをする時
『踊る事』は必ずといえる程
行われる。

そんな環境、習慣が幼稚園
いや生まれた時から
育まれて行くのだから
『踊り』が日常に存在して
当たり前なのである。

それゆえ件の老夫婦も
日本なら『はぁ??』
となってしまいそうだけど
ここなら『楽しそうだから
私たちも…』と
連鎖反応になるのである。

世代も何もかも関係なく
『楽しいから自然と体が
リズムに乗って踊れる』

そんな自由が素敵だね。
私も旦那が社交的ならば
一緒に踊ってしまうのに
ここ生まれの旦那なのに
お硬い旦那にちょっとだけ
イラっとした私であった…
 

   
ブログ村、ゆる~く参加していきます♪

にほんブログ村 海外生活ブログ アルゼンチン情報へ
にほんブログ村

★だからアルゼンチン、大好きです★
 ★ポチしてもらえたらとても嬉しいです★
ブログを再開したので

『 リンクコーナー 』

早速設置してみました。

まずは最近知り合って仲良くなった

とんちゃんの
CHOCO★BLOGG

とても充実した内容のブログで
私のお気に入りです♪

とんちゃん、ありがとうございました。
これからもよろしくです。

♪アルゼンチンブログ リンク大歓迎です♪
 

   
ブログ村、ゆる~く参加していきます♪

にほんブログ村 海外生活ブログ アルゼンチン情報へ
にほんブログ村

★だからアルゼンチン、大好きです★
 ★ポチしてもらえたらとても嬉しいです★
今日は久しぶりに
2年に一度位しか利用しない
バスの路線を使ったのだけど
乗ってから感じたのは

『何だか皆が手荷物に
細心の注意をはらっている事』

丁度、帰宅時間と
重なったんだけど
その路線はリックをもった
男性が多く、また何故か
彼らは10人が10人
リックを前に掛けて立っている。

その光景が余りにも異様で
まるで「このバスには
スリが多いんですよ」と
暗示しているみたい…

それゆえ、私は注意深く
観察していた。

そして途中、たまたま
隣に座った若い男性が
私が渋滞でイライラと
しているのを見抜いたのか?
「セニョーラはラヌースまで
行くのか?だとしたら
まだまだだよ、ここからは
30分位かかるから」と
親切に教えてくれた。

そこで私も暇なので
一言二言会話をしたついでに
「どうしてこのバスに
乗ってくるリックの男性達は
皆荷物を背負わずに
前にかけるのか?」と
聞いてみた。

すると彼は「リックに何が
入っているのか?」と
私が聞いたのかと勘違いし

「デオドラントスプレーに
食べる物に、、、」
と続け出した。

それゆえ(おにぃちゃん
わたしが聞いているのはね)
「何故皆がリックを前に
掛けているのかと言う事なの
この路線は泥棒でも多いの?」
と言うと「いや、だって皆
座っているからリックを
前にかけるんだよ!
座っていたらリックは
背負えないでしょう?」
と答え、スペイン語は
100%通じているはずなのに
まぁ、空いてきた車内だから
座っている人しか
目に見えないのかもしれないが
的外れな答え…

でも…でも…
この答えは一理ある。

確かにリックを持って座るなら
前掛けにするもんね、、、

そう、お兄ちゃんは私の質問に
素直に答えただけで
深く考えなかったのであった。

だから好きだな、アルゼンチン

的外れな答えだけど
そう言う答えもあるのだ!
 

   
ブログ村、ゆる~く参加していきます♪

にほんブログ村 海外生活ブログ アルゼンチン情報へ
にほんブログ村

★だからアルゼンチン、大好きです★
 ★ポチしてもらえたらとても嬉しいです★
今日は友人とお茶をして
近くのバス停まで歩いていたら
なんと物騒な予感。

そう、何かの集会の準備と
すでにデモ行進が。。。

これはブエノスの見慣れた光景の
ひとつだけど、それでもそばで
行われていたのなら
在亜20年以上の私でも
(たとえ朗らかに見えそうな)
デモ光景でも引いてしまう。
なぜなら参加している人たちは
真剣に参加している人が多いからだ。

しかし太鼓を叩いたり踊ったり
まるで楽しそうに見えるので
時には危ない集会も勘違いを
してしまう人もいる。

それゆえ、1ブロック先まで歩いて
そこからバスに乗ったんだけど
案の定、バスは迂回路を通って
私が何時も乗るバス停は通らなかった。

おかげで私は無事に帰宅できたけど
デモ行進と迂回路を知らずに
いつものバス停で待つ人たちは
バスが来ないことに戸惑っているかも。
これがこの国で生きていく1つの
『感』と『機転』
知らないと大変な思いをする。

そして家に戻ってテレビを見ていたら
どうやらこのような集会は他の場所でも
行われていたらしくテレビで映される。

そう、夏休みは終わり、何時もの季節が
私たちに戻ってきたのである。

今までは夏休みと言うこともあり
デモやストに参加する人たちもバカンス
それゆえ、日常と比べると道が封鎖されたり
ストが起きたりは少なめだったけれども
夏休みが終わり、人々が動き出すとき
町も同じで何時もの日常が戻ってくる。
実際、ここ最近は毎日どこかで1~2ヶ所
ストだデモだが行われ始めている。

しかし、この国に住む以上、この現実と
向き合って住まなければいけないわけで
自分なりに今日のように対処しなければ
ストレスは増加する。

そこで私はこんな時にはバスに乗っても
迂回路を楽しむようにしている。
おかげで今日はシェラトンホテル脇の
別の大通りを通過。
時計台も何時もと違った姿を見れたし
迂回路のおかげでバスは途中までは
殆ど止まらず、何時もよりも
早めに帰宅できたし、、、
悪いことばかり考えるよりも
ありがたいこともある。
 

   
ブログ村、ゆる~く参加していきます♪

にほんブログ村 海外生活ブログ アルゼンチン情報へ
にほんブログ村

★だからアルゼンチン、大好きです★
 ★ポチしてもらえたらとても嬉しいです★
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。