最近めっきりブログの更新が滞っている。
インスタグラムや日常生活ブログは
なんとなく毎日の出来事をpostするので
ボケ予防と暇つぶしにしているのだけれど
アルゼンチンの薀蓄となると
どうも最近書くことがなくなって来ている気がする。

『え??なんで書くことがないの?』

と、そんな声が聞こえて来そうな気もするけれど
よく考えたらここに住み始めて来年で30年。
来年30歳になる人が生まれた年には
もう私はこの国に住んでいたわけで
そんな長い年月と歴史が何が起きようとも
私にブログを書くほどではないと
そう思わせてしまうのかもしれない。

特に『じゃぁ観光は?』と言ったって
イグアスの滝などは勿論
ペリトモレノ氷河まで車で行ったほど
自分で言うのもおかしいけれど
アルゼンチンの国内の道まで色々走って
特にBsAsなら観光地ではなくとも
どこでもガイドができると
自信を持って言えるけれど
ガイドをしているお友達にも言ったのだけど
私はガイドはするつもりはないので
私の持っている情報、知識は
その大切な友達たちに使って欲しいと思い
知識をどんどん彼らに渡していきたいとそう思っている。

かと言って、『アルゼンチンの経済は?』
とも言われるけれど今の為替変動だって
今日に始まったことではなく
私がこの国に来た当初の
ハイパーインフレから見れば
数字的には驚かないし、だから
『インフレはいつ終わるのでしょうか?
インフレが不安』という方は慣れるとしかなく
デモ、スト、暴動、治安それらについても
『この現状は永遠に変わりません。』
とそれだけは伝えたいと同時に
先月ツイッターでも呟いたけれど
アルゼンチンはドル族は別として
日々暮らして行くには物価の上昇
不況、不況による失業者の増大
治安の悪化、ゼネストなど
厳しく難しい時期を迎えて行くだろう。

また、最近よくここに住んでいる人でも
アルゼンチンを日本だったらと
そういう見解で比較をして
意見を述べる人もいるけれど
多分その人たちは20年後には気付くと思うが
日本の常識ではこの国は語ることは
できないのだと悟るだろう。

だからかもしれないけれど
巷でよく言われる日本のアルゼンチン化
それは私の考えでは絶対に起こらない。
何故ならここに長く住み、根こそぎ知り尽くせば
自然と出てくる答えだと思う。

そんなこんなでたとえ毎日デモ、スト
治安の悪化、為替の変動を見ても
私にはさほど驚きもしないし慌てない。

でもだからと言ってここにいることが
つまらないのではなくサバイバルゲーム
今この現状の中にいる自分は
どんなことがあってもアルゼンチンは面白いし
また、まだここに来て数年しかいない若者には
これから20年、30年後に私と同じように
なんてアルゼンチンは魅力的な国なんだろうと
良いことも悪いことも含めて
そう思える年月を経験して言って欲しい。

そして私もして来たけれど
ブログをどんどん更新して
滞在数年目のアルゼンチンを残し
20年、30年後に比較して読み返して見たら
勉強になると思うし面白いと思う。

というわけで今日はちょっと
偉そうなこと書いちゃったけれども
四半世紀以上ここに住む
アルゼンチンばばぁの薀蓄だと
そう思って笑って欲しい。

 

   
ブログ村、ゆる~く参加していきます♪

にほんブログ村 海外生活ブログ アルゼンチン情報へ
にほんブログ村

★だからアルゼンチン、大好きです★
 ★ポチしてもらえたらとても嬉しいです★
スポンサーサイト
久しぶりに冬をBsAsで過ごそうと決心した私に
今年もまたその境目の5月20日がやってくる。

この予報はプロがしたものではなく
完全なる素人予報
幼稚園時代からのママ友、親友のMが
私たちママ友仲間に
毎年私たちに自分の弟の誕生日
『20日前後になると冬が来る』と
しつこく、しつこく言っていたので
(流石に昔は全然信じていなかったけど)
ここ7~8年くらいだろうか?
いつの間にか私の冬も5月20日になっている。
そして多分ブログやらツイッターで
呟いたり話題にも良くするので
最近では友達たちにまで浸透している(笑)

なぜブログにまた書いたかというと
今過去のブログを振り返り読んでみたら
何回か同じように記事にして書いてあったので
今年も忘れないように記載しようと思った。

ちなみにある年の5月20日前には
雨の日が続いた時もあったようで
普段読み返すことはないけれど
ブログって過去を辿っていくには
ありがたいものだなと
変に感動してしまった私。
(勿論今年も心配したけれど
今起こらないかと心配になった
経済崩壊危機の繰り返しもね💦)

そしてあっという間に来年は30年。
又5月20日前後が楽しみな私
来年も読み返したいと思います。

 

   
ブログ村、ゆる~く参加していきます♪

にほんブログ村 海外生活ブログ アルゼンチン情報へ
にほんブログ村

★だからアルゼンチン、大好きです★
 ★ポチしてもらえたらとても嬉しいです★
先日書いた記事を暇だったので
読み返して見たら
1番大事なことを書き忘れていた。

それは公立私立どこであっても
1番大切なのはその子自身
それぞれの資質である。
そしてどこに行かせても
親御さんがその学校の特質を知ること。
それさえできれば良いということを
書き忘れた私
やっぱり久しぶりにブログを書くと
マヌケが出てしまうという
そう、やっぱり私はドジである💦

でも私でもできた子育て
きっと誰でも簡単にできるはずだとそう思う。

 

   
ブログ村、ゆる~く参加していきます♪

にほんブログ村 海外生活ブログ アルゼンチン情報へ
にほんブログ村

★だからアルゼンチン、大好きです★
 ★ポチしてもらえたらとても嬉しいです★
先日日本の雑誌を読んでいたら
面白い記事が載っていた。

日本における幼稚園から一貫教育
確かそんな内容だったのだけど
読んでいるうちにその内容が
全くアルゼンチンのそれと似過ぎていて
興味深く読み入ってしまった。

早速アルゼンチンと比べながら書いてみよう。

アルゼンチンでは幼稚園選びは
大げさと言われそうだけど
子どものこれからを左右する程大切と言われる。
というのは私立に子どもを通わせる場合
小学校からでは人気校は空きがなく
先を見て進学先を選び
幼稚園から入園させる家庭が多いから。
そして教育とは子どもだけではなく
親も一緒になりお付き合いをする
ファミリー感覚だからでもある。

不思議な話なのだけど
先日娘の友達のパパさんの
58歳のお誕生会に呼ばれた。
いや、それだけでなく
昨年はママ友の61歳のお誕生会にも
子どもが卒業してからも
こうして父母との繋がりは深く
子どもたちはそれぞれ独立をし
付き合いが薄れても(いや無くなっても)
親同士は誰それちゃんのママから
(ただし勿論お付き合いNGのひともいるが)
名前を呼び合う仲へと変化することが多い。

勿論それだけではなく長い学生生活
子どもたちのバイトや就職
更には親同士でも親交を重ねていくと
会社経営者が多い学校などは
「うちの会社で日本に行く用事があるんだけど
アドバイスしてくれないか」とか
中には日本ではなくても
バイリンガルやトリリンガル
(トライリンガル)ならその学友を通して
国外での仕事などが見つかることも多々あり
日本とは違い実力だけではなく
コネ重視社会のアルゼンチンで生きて行くのに
有利な手段が見つかりやすいとも言える。

ただ、その学校選択の中で
1番気にしなくてはいけないこと
それは階級社会の国である。
学費ひとつ取ってもほぼ無料の公立
私立ならその金額はさまざまで
月謝10万円前後の学校も普通に存在するが
公立はわからないが私立の場合教育自体は
その学校学校でカリキュラムを組んでいるので
ある程度の教育は受けられるだろうし
公立も私立も唯一言える共通点は
学費ではなく先生の質にもよる。

だからこそ違いは環境にあり
すでに子どもたちの世代から
おばちゃんの家にはメイドさんがいないの?
プールはないの?お部屋これだけ?
と平気で聞く子どももいれば
制服を見比べて「私たちの方が上」と
悲しいかな、中学生くらいになると
いがみ合いに発展することも稀にある。
(特に女子にその傾向が強い)

また考えなくてはいけないのは
教育には学費だけではなくて
そのほかの諸費用が
日本以上に存在するということである。
ちなみにアルゼンチンの学校は日本とは違い
教科書から教材一式全て各自が揃えるシステム。
その学校に応じて容赦なくリクエストは来る。
昔話だが娘の時は油絵用のイーゼルとか
グランドホッケーなども体育であり
一苦労した思い出がある。

また、イベントを大切にする国ゆえ
学校生活以外には
お誕生日などのサロンを借りたり
(サロン一つにしてもお値段色々)
来てくれた子どもたちへのお土産
そして15歳になれば
女の子なら海外旅行へ行ったり
パーティーをしたり
男の子なら18歳で車を買ってもらったり
日本の成人式のようなものがあり
我が家の場合も女の子の15歳のお誕生日は
当時はパーティーが流行っていたので
一人の同級生を除いては全員がパーティー。
(それも日本の披露宴と同じパーティー)
上を見たらきりがないような
信じられないイベントが存在する。


そして夏休みになればやれ海外旅行だ
やれ別荘だ。海外旅行が普通の学校もあれば
娘の学校のように海外もいるし国内も多い
そのような学校もあり、バカンス1つで
そんなこんながゴロゴロ存在するわけで
アルゼンチンの場合は身の丈に合った暮らし
それこそが溜息をつかずに暮らせる手段
教育は目に見えない唯一の財産
子どもに残してあげれるものだけれど
私の子どもを育てて来た長い経験から言うと
(そして私の周りにはそう言う人はいないが)
度を超えて無理をすればいつかは絶対に
そのストレスで自爆すると私は断言する。
そして全く違う自分が存在することに
子ども自身が成長していく過程で
苦しむことは目に見え小さなうちから
階級というものを思い知らされるのである。

それゆえだいたい皆入学時には
月謝を払っていけるか?
それ以外の出費が存在しても
皆と同じようにさせてあげれるか
学校の雰囲気はどんなものか
来ているご家族はどんな感じかなどを重視し
周りの評判なども聞き学校選びをするわけで
そんな学校選びを終えると先ほどのように
父母とのお付き合いが始まり
私のように娘が卒業してからも
仲良しの名前で呼び合うような
ママ友、パパ友ができるわけである。

書き始めたら長くなってしまった薀蓄話。
もっと聞きたい方がいたら
いつかゆっくりカフェでも飲みながら(笑)

最後に日本の雑誌にはそこまで行かなくとも
幼稚園から私立を選ぶことで
何が始まるのか書かれていたけれども
読んでいて日本のそれが
この国の教育事情と似通っているので
本当に面白いと思った私であった。





 

   
ブログ村、ゆる~く参加していきます♪

にほんブログ村 海外生活ブログ アルゼンチン情報へ
にほんブログ村

★だからアルゼンチン、大好きです★
 ★ポチしてもらえたらとても嬉しいです★
最近話題になる老後。
日本はテレビでも雑誌でも
高齢化社会を反映するように
連日ニュースに上がるので
ついつい私も見たり読んだり。
以前ブログでも書いたけれど
アルゼンチンも老後費用は大変。
友達たちの多くは日本以上の
介護費用を使っている人も沢山いて
(いや殆どかもしれず皆子供達が
協力しあって快護費用は払っている。)

我が家のように娘は日本だし
となると老後も心配で
もうその想定内の年齢に
私たちもなってきたかと思うと
人ごとではない。

ちなみに私はOL時代から
ずっと日本の年金を払い続けていて
こちらに来た時にも
やめようと思ったのだけど
もしも日本に戻る日がきたらと
苦しいながらも続け満期まで
あと一息というところまできた。
(勿論年金だけでは暮らせません~笑)

特に最近になると健康にも障害が出て
こちらでも私立病院の会員ではあるけれど
昨年日本で手術したようなこともあり
特にその辺りは慎重でどうするべきか?
悩みに悩む今日この頃
アラ還世代は健康にも左右される。

ただ先ほども書いたように
年金もそうだけど
私はここ数年日本滞在の方が長いので
住民票もそのまま日本
つまり年金以外にも国民健康保険やら
住民税、都民税、固定資産税など
全ての税金も支払い
確定申告も毎年行い
将来日本で暮らすことも
ブエノスで暮らすことも
どちらで暮らしてもと言うより
どちらに転んでも生活できる
そんな基盤を作るようにしている。

特に確定申告時は大変で
今回など(まぁ今回だけだけど)
日本で独り立ちしている
娘の年収の半分以上の金額を納税。
もうこうなったら血税だわよ、、、。

でも国民の義務だもの。
支払わなければならないものは
頑張って支払おうと私は決めている。

ちなみに親友が
「それだけ日本の税金を
一生懸命払ったんだから
亜国で行われる天皇誕生日くらい
およばれされるんじゃないの?
だって税金よ。」と言われたのだけど

勿論、友達に言いました。
「お呼ばれすることはありません。」って
だって私お行儀悪いんですもの(笑)

でももうちょっと税率が
下がってくれたらいいのだけど。
とは言いながらも
あと少しの現役時代
頑張ろうと思う私
そして老後は楽しむぞ!
いや、楽しめるかな?
年金だってもらえるかな?
これが1番の重要課題です…。







 

   
ブログ村、ゆる~く参加していきます♪

にほんブログ村 海外生活ブログ アルゼンチン情報へ
にほんブログ村

★だからアルゼンチン、大好きです★
 ★ポチしてもらえたらとても嬉しいです★